【きさらぎ賞 2021】最終追い切り後の追い切り考察

【最終追い切り後の追い切り考察[2021]】

現在ブログ運営に勤しむために休止中ですが、いつかは再開したいと考えていますので、良ければチャンネル登録の方お願い致します。

▶︎チャンネル登録はこちらから

「YouTube バナー」の画像検索結果

 

きさらぎ賞2021出走予定馬の全頭追い切り考察になります。

中間全体を過去と比較したりなんかして個人的に考察しています。

是非参考にしてみて下さい。

よろしくお願い致します。

 

※F評価は間隔が詰まっていて時計を出せていない馬、調整が軽くて評価出来ない馬に付けている評価ですので、決して低い評価というわけではないという事をご理解頂ければと思います。

 

最終追い切り後の追い切り考察

アクセル

最終前:中2週 F
最終:栗P 良 単走 馬也 B ◆自己ベスト
最終追い切り前の内容からみていきますと、中2週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、攻めは動くタイプですので、過剰に評価はしません。動きも決して悪くないですが、前走からグンと変わった様子もありませんので、現状でどれくらい走ってくるのか注目です。

アランデル

最終前:4ヶ月 B
最終:美南W 稍重 併せ同入 強め B
最終追い切り前の内容からみていきますと、速い時計はマークしているものの、肝心の動きはまずまずという感じです。まだ良くなる余地は残されていると感じますので、あともうひと追いでどこまで上向いてくるかに注目です。その最終追い切りですが、いくらか軽い印象を受けます。間隔は空いていますので、もう少ししっかりやってきて欲しかったのが本音です。まだ良くなる余地は残されていると思いますので、その中でどれだけ走れるでしょうか。




ヴェローチェオロ(回避)

最終前:中2週 F ◆中間自己ベスト(栗芝5F)
最終:栗CW 重 併せ同入 強め A+
最終追い切り前の内容からみていきますと、中2週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、攻め動くタイプらしく良い内容を消化してきたと思います。重賞ウィナー相手にも引けを取らない動きで最後まで駆け抜けましたし、具合はここに向けて良いように感じます。中2週ですが上積みを感じさせますし、個人的には期待している1頭です。本命まで視野に入れています。

ジャンカルド

最終前:2ヶ月 B ◆中間自己ベスト(美南W5F)
最終:美南W 稍重 単走 強め B
最終追い切り前の内容からみていきますと、速い時計はマークしているものの、肝心の動きはまずまずという感じです。まだ良くなる余地は残されていると感じますので、あともうひと追いでどこまで上向いてくるかに注目です。その最終追い切りですが、いくらか軽い印象を受けます。もう少しやって欲しかったですが、輸送を考慮してかこのような形に。力は出せると思いますが、個人的には目一杯の仕上げではないように思えます。

ショウナンアレス

最終前:中6週 B
最終:栗CW 重 単走 馬也 A
最終追い切り前の内容からみていきますと、攻めは動くタイプですから、それを考慮するとまだトーンは上がり切っていない印象です。もっと良くなると思いますので、あともうひと追いでどれだけ上向いてくるのか注目です。その最終追い切りですが、前走以上ではあると思うのですが、私の中では攻めは動くタイプという認識でして、動く時はもっと動きますので、その点で評価は抑えています。相手も一気に強くなりますし、その中でどれだけ走れるのか注目です。

タガノカイ

最終前:中4週 A
最終:栗坂 重 併せ先着 強め A ◆自己ベスト
最終追い切り前の内容からみていきますと、坂路で乗れてはいますが、終い重点の内容が目立ちます。決して悪くはないのですが、あともうひと追いありますので、最終追い切りでは更に良くなってきて欲しいとは思っています。その最終追い切りですが、自己ベストをマークしてきたように、具合は良いと感じます。走破時計やレース内容はともかく、前走同舞台での勝ち鞍はありますし、楽に逃げれるようなら見せ場くらいは作れるかもしれません。

ダノンジェネラル

最終前:2ヶ月半 B
最終:栗CW 重 併せ同入 強め A
最終追い切り前の内容からみていきますと、意欲的に追われてはいるものの、動きはまだ良化の余地がありそうです。あともうひと追いありますので、しっかり追われている効果が見られればと思います。その最終追い切りですが、攻めは地味なタイプなだけに、こんなもんで良いのかなとは思います。ただ、まだ全体的に緩さが残っているようにも感じますし、跳びが大きくて綺麗なので、ベストな舞台設定ではないのかもしれません。




ドゥラモンド

最終前:中6週 B
最終:美南W 稍重 併せ同入 強め A
最終追い切り前の内容からみていきますと、攻め動くタイプということを考慮すると、いくらか物足りない攻め内容が並んでいる印象です。もっと動いてきて良いと思いますので、最終追い切りではどれだけ上向いてくるのかに注目したいです。その最終追い切りですが、この馬なりに動けてはいると思いますが、もっと良くなってきそうな雰囲気はあります。出来的にも力は出せると思いますが、現状でどれだけ走れるでしょうか。

トーセンクライマー

最終前:2ヶ月 A
最終:美南W 稍重 併せ遅れ 強め A
最終追い切り前の内容からみていきますと、本数はしっかり乗れていますし、追うごとに良化してきているという印象です。1週前追い切りの動きも悪くありませんでしたから、このひと追いで更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、しっかり追われた割には伸びは案外でしたが、動きは悪くなかったと思います。ただ、もっと動いてきても良い馬だと思いますし、強気には入りづらい1頭かなと思います。

ヨーホーレイク

最終前:中5週 A+
最終:栗坂 重 併せ同入 A
最終追い切り前の内容からみていきますと、併用でじっくり乗り込まれ、ここに向けて仕上がりは良好に感じます。1週前追い切りの動きも軽快で良く映りましたから、このひと追いで更に良くなってくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、軽めの内容に。この厩舎らしい調整パターンではあるのですが、いくらか軽い気もしていますので、その点がレースにどう影響するでしょうか。ただ、出来としては前走以上とみていますので、見せ場のある競馬は可能だと思っています。




ランドオブリバティ

最終前:中5週 A+
最終:美南W 稍重 併せ先着 馬也 A+
最終追い切り前の内容からみていきますと、併用でしっかり乗り込まれ、こなしている内容も上々です。三浦騎手も追い切りには念入りに跨っていますし、再三コンタクトを取れているという点は好感が持てます。あともうひと追い残っていますので、更に良くなってくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、伸びは抜群に良く映りましたし、左回りの方がかえって良いのではと思うくらいの内容でした。前走は競走中止と残念な結果ではありましたが、出来は引き続き良いと思っていますし、見直せる1頭ではないでしょうか。

ラーゴム

最終前:2ヶ月半 A
最終:栗CW 重 併せ遅れ 馬也 A ◆自己ベスト
最終追い切り前の内容からみていきますと、こなしている内容は悪くないですし、出来も良いとは思いますが、終い重点の内容が目立っていますので、その点で1つ評価は落としています。ただ、あともうひと追いありますので、そこで更に上昇気配を感じれるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、自己ベストも塗り替えましたし、攻め動くタイプらしく良い動きだったと思います。動きとしては前走時の方が良かったと思っていますが、状態は維持出来ていると思いますので、善戦は可能に感じます。




追い切りBEST4

【最終追い切り前】

1位ランドオブリバティ

2位ヨーホーレイク

3位ラーゴム

3位ドゥラモンド

【最終追い切り】

1位ランドオブリバティ

2位ショウナンアレス

3位ドゥラモンド

3位タガノカイ

【最終追い切り後】

1位ランドオブリバティ

2位ヨーホーレイク

3位タガノカイ

3位ショウナンアレス




調子指数

 

※無断転載禁止

タイトルとURLをコピーしました