【アメリカJCC 2019/調教考察[最終追い切り]】

スポンサードリンク

ジェネラーレウーノ 美浦 南W 良 田辺
2頭併入 51.5-37.4-12.8 G前追 A
軽く仕掛けられただけでまずまず良い加速を見せたし、休み明け初戦から力を出せる出来にはありそう。ただ、セントライト記念の最終追い切りの方がもう少し素軽さが見受けられたのが正直なところ。とはいえ、展開も恵まれそうだし今回は前走のようなレースにはならなさそうなので、この舞台なら力を出せると思っている。帰厩した時は538kgの+32kg増で、1週前時点では少し太めに映ると述べていたので、当日の馬体重は要チェックか。動きからは重苦しさは感じないし、枠の並びや当日の気配次第で。

マイネルミラノ 美浦 南W 良 助手
2頭併入 83.9-68.1-53.5-39.6-13.6 G前追 B
最終追い切りは平凡な内容。追われても反応は鈍かったし、併走馬にも手応えで劣勢。昨年は展開が向いたし、今年の方がレースレベルは上がるので、見送りたいと感じる。自分の競馬をしてどこまで。

アクションスター 美浦 南W 良 助手
単走 68.5-52.8-39.6-13.1 G前追 B
最終追い切りは平凡。もうこの歳では上積みも見込めないと思うし、追い切りの動きも目立つものではない。レースに出ても年齢的な老いと能力的な面で勝負どころでは見せ場を作れないでいる。今回も自分の競馬に徹してどこまで。

サクラアンプルール 美浦 南W 良 蛯名
2頭併先 83.9-67.4-52.1-37.8-12.9 G前追 A
最終追い切りはまずまずで有馬記念の絶好の状態とは言えないが、その出来をなんとか維持出来ている印象。しかし、前走は大外枠でこの馬にとっては不利な条件。それと比べると今回は少頭数だし、条件は転校しそう。内枠でスムーズなら買いたいが、田辺騎手は別の馬を選んだし、そこの乗り替わりはマイナス材料に感じる。

ショウナンバッハ 美浦 南W 良 助手
単走 55.4-40.0-13.4 馬也 A+
最終追い切りは馬也で余力十分。1週前追い切りでしっかりやっているので、最終追い切りはこんなもんで十分。先週は時計が掛かっていた南Wでラスト1F12.0秒フラットは素晴らしいし、調子の良い現れ。3年前の3着馬だし、中山適性はイマイチとはいえハマれば怖い存在になりそう。

フィエールマン 美浦 南W 良 C.ルメール
3頭併先 84.6-67.9-53.2-38.6-12.3 G前追 S
最終追い切りは時計も反応もバッチリで、休み明けでもしっかり走れる仕上がりっぷりとみている。3頭併せの最内で、追われるまで届くのかなという感じだったが、追われると楽に最先着。追われると言っても軽くC.ルメール騎手が促した程度で軌道に乗ったかのような反応。操縦性も高そうだし、ある程度好位で競馬が出来れば馬券に絡んできそう。

メートルダール 美浦 南W 良 助手
2頭併先 70.8-55.4-40.8-13.3 G前追 A+
最終追い切りは良い動きを披露。先週、先々週とかなり良い内容を消化しているし、最終追い切りはこの内容で十分。状態は前走以上に感じるし、中山は久々でも重賞3着の経験があるのでそこまで気にはしていない。人気落ちするなら抑えたい1頭。

スポンサードリンク

ミライヘノツバサ 美浦 坂路 良 助手
単走 53.8-39.5-25.6-12.3 G前追 A
1週前追い切りまでの動きでは物足りなさがあったが、最終追い切りではしっかりと動いていた。脚取りもスムーズで力強さもあったし、良い内容を消化したと思う。中山は適性があるし、人気しないのなら抑えたいと感じる1頭。

ステイインシアトル 栗東 CW 良 水口
3頭併先 85.2-67.7-51.8-38.1-11.6 G前追 A+
最終追い切りの動きは休み明けにしてはかなり動けている。調教は動けるタイプだが、この中間も好時計を連発しているし、仕上がりは良好とみている。前走も休み明けで重賞2着と鉄砲駆けするタイプだし、ここも狙い目のように感じる。人気落ちするようなら抑えたい1頭。

シャケトラ 栗東 CW 良 助手
3頭併入 83.4-67.2-52.2-37.6-11.8 馬也 A+ 
馬也で余力十分な良い動き。1週前追い切りよりかは動きが良化している印象を受けた。しかし、約1年のブランクがあるので、調教の質は多少の物足りなさを感じる。良い頃はもっとキレのある動きだったし、休み明け初戦の今回は様子をみたいと感じる。頭では買いづらい。

ダンビュライト 栗東 坂路 良 北村友
2頭併先 52.4-38.0-24.8-12.4 G前追 A+
最終追い切りはこの馬にしては動けているし、出来は良さそう。毎回時計は良い時計は出るが、併せ馬に遅れたり、逆に併せ馬で先着しても時計が平凡だったりするケースが多いが、今回は時計も良いし、併せ馬でもしっかりと先着。サンライズノヴァと併せてしっかりと先着したし、手応えも終始優勢だった。昨年のアメリカJCCよりも良い仕上がりに映るし、前走は出遅れが全て。そこを度外視すれば今回は舞台変わりもプラスに働くだろうし、見直したい1頭。

 

【アメリカJCC 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

【アメリカJCC 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

 

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

【友達追加はこちらから!】友だち追加

【本命候補はこちらから!】

【こちらから友達登録よろしくお願いします!】

【穴馬候補はこちらから!】

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ【危険な人気馬候補はこちらから!】

スポンサードリンク

投稿者: yuta

主に週末の競馬の情報を記事にしてます。 追い切り考察や過去10年データなど決まった形をルーティーンにしてやっております。 よろしくお願いします。