【アルゼンチン共和国杯 2018/調教考察[最終追い切り]】

スポンサードリンク

エンジニア 美浦 南W 良
2頭併先 79.3-65.3-51.4-38.0-12.7 G前追 A
追い切りは毎回良く動くので、そこまで過大評価はしたくない。この距離は初めてで未知だし、距離延長が吉に出るかと言われれば疑問。

アルバート 美浦 南W 良
2頭併入 53.0-38.6-12.3 強め A+
前走をひと叩きされて、体調はかなり上向いている印象。終いで末脚をしっかりと伸ばしているアルバートは久々に見るし、ここは是非馬券に組み込みたい1頭。

トレジャーマップ 美浦 坂路 良
単走 53.1-38.5-25.3-12.9 G前追 B
良くも悪くもない動き。馬が寄れてしっかり走れていない印象。能力的にもここは厳しそう。

ウインテンダネス 栗東 CW 良
単走 81.7-66.6-52.5-38.5-12.0 馬也 A+
元々追い切りは動く馬だが、前走をひと叩きされて状態は上向いた感じで動きには素軽さも伺える。手前を替えてからの伸びがとても良く見えたし、東京2500mという相性の良い舞台に仕上げも合わせてきた感じもする。斤量が増えても買いたい1頭。

パフォーマプロミス 栗東 CW 良
単走 78.9-63.9-49.9-37.1-11.9 G前追 S
軽く仕掛けただけで鋭い伸び。前脚が高くまで上がり迫力満点の良い動き。前走回避で、その分しっかり乗り込めたと思うし、ここは好勝負に期待したい。状態は良さそう。

マコトガラハッド 栗東 CW 良
2頭併先 87.6-70.5-54.2-40.0-12.2 G前追 B
追われてからの反応がやや鈍く映った。だが、中間の内容は悪くないし、穴なら面白そうな1頭。

スポンサードリンク

ムイトオブリガード 栗東 CW 良
3頭併先 81.2-65.2-51.6-37.8-11.9 馬也 S
馬也で余力たっぷりの良い動き。この舞台はかなり合っていると思うし、斤量の恩恵を受けれるなら勝機は十分にありそう。楽しみな1頭。

ガンコ 栗東 坂路 良
単走 52.1-38.0-24.8-12.5 馬也 S
休み明けをひと叩きされて調子はすこぶる良さそう。中間の内容も素晴らしいし、最終追い切りとても良く見えた。東京コースに対応出来れば、かなり良い競馬をしてくれると思っている。小頭数なので先団でスムーズな競馬なら。

ノーブルマーズ 栗東 坂路 良
単走 55.4-40.7-26.8-13.6 G前追 B
宝塚記念の時と比べるとさすがに見劣るし、休み明けを叩かれてからという感じ。ここは良くて抑えまでか。

ルックトゥワイス 栗東 坂路 良
単走 55.9-40.8-26.3-12.9 G前追 A
悪くないが、他馬と比べると見劣る。この舞台は合っていると思うので、穴なら面白い存在になりそう。抑えまで。

 

友達追加はこちらから友だち追加

競馬ブログランキングの登録はこちら

クリックお願いします!

スポンサードリンク

投稿者: yuta

主に週末の競馬の情報を記事にしてます。 追い切り考察や過去10年データなど決まった形をルーティーンにしてやっております。 よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です