【アーリントンカップ 2020】最終追い切り後の追い切り考察

【最終追い切り後の追い切り考察[2020]】
スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年の6月より私のYouTubeチャンネルを設立させて頂きました!

YouTubeの方でもブログと並行して調教に関する情報を取り上げていこうと思っていますので、是非チャンネル登録よろしくお願いします!

優太の調教考察会場[追い切り放送局]のYouTubeチャンネル登録はこちらから!

「YouTube バナー」の画像検索結果

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アーリントンカップ出走予定馬の全頭追い切り考察になります。

中間全体を過去と比較したりなんかして個人的に考察しています。

是非参考にしてみて下さい。

よろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ギルデッドミラー
中間:中5週 A
最終:栗坂 稍重 併せ同入 強め A
中間の内容からみていきますと、坂路中心でしっかりと乗り込まれています。こなしている内容も悪くないですし、ここに向けて良い仕上がりにあると見ています。とはいえ、坂路ではもっと動ける馬ですので、まだ良くなる余地は残されているとは思っていますから、あとはもうひと追いでどこまで上向いてくるのかというところに注目して見ていきたいと思っています。その最終追い切りですが、そこまで大きく上向いた印象はないにしろ、馬場の悪い中でもしっかり動けていましたし、この馬なりに良い仕上がりにあると感じます。欲を言えばもう少し時計を詰めて欲しかったですが、水準と言える出来だと思いますし、負荷としては十分です。坂路組の相性も良いレースですので、善戦には期待出来る1頭だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グランレイ
中間:中5週 A
最終:栗坂 稍重 単走 強め A
中間の内容からみていきますと、間隔の割には攻め量が少ない気もしますが、こなしている内容は悪くないですし、現状でもまずまずの出来にはあるとみています。まだ良くなる余地は残されていると思いますので、最終追い切りでどこまで良くなってくるのか注目して見ていきたいと思っています。その最終追い切りですが、時計自体は地味に映りますが、荒れた馬場も苦にせずしっかりとした脚取りで登坂出来ていましたし、具合の良さが窺えました。引き続き状態は良さそうですし、坂路組の相性も良いレースですので、朝日杯フィーチュリティステークスの再現も可能なのではないかと思ったりしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジュンライトボルト
中間:中5週 A
最終:栗P 良 単走 馬也 A
中間の内容からみていきますと、追うごとにどんどん良化している印象です。2週前追い切りはさっぱりでしたが、1週前追い切りはハイレベルな併せ馬で先着を果たしていましたし、徐々に良くなってきていると思います。2週続けてしっかりとやれていますし、最終追い切りは更に動きが良化してくるのではないかと期待もしていますので、注目して見ていきたいと思っています。その最終追い切りですが、スムーズな脚取りでしたし、ここに向けて好仕上がりにあると感じます。手前もスムーズに替わりましたし、余力十分の動きだったと思います。能力的にもここなら通用しそうですし、人気薄なら注目してみたい1頭です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイセイビジョン
中間:4ヶ月 B
最終:栗坂 稍重 単走 強め B
中間の内容からみていきますと、この馬にしては物足りない攻め内容が目立ちます。坂路ではそこそこ動ける馬ですから、そこを考えるとまだ休み明け感が抜け切れていないのかなとも思ってしまいます。朝日杯フューチュリティステークス時と比べると明らかにこなしている内容が物足りませんし、ここを使ってからの方が良さそうではありますが、一応最終追い切りまでしっかりと見ていきたいと思います。どこまで上昇してくるのか注目です。その最終追い切りですが、時計が出にくかった馬場とはいえ、この馬としてはやや物足りない動き、時計に感じました。ハロー掛けした直後の追い切りですから、荒れた馬場もある程度整地されているはずですので、そう考えるとまだ良化途上なのかなと思ってしまいます。休み明けですし、次走の大一番へ向けた前哨戦という意図が強いのであれば、ここは勇気を持ってやや評価を落としてみることも出来ると思いますし、個人的には次走で買いの馬だと認識しています。もちろん能力で持ってくる可能性もなくはないですが、狙いはここではないと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チュウワノキセキ
中間:中5週 A ◆中間自己ベスト(栗CW6F)
最終:栗坂 稍重 単走 馬也 A
中間の内容からみていきますと、自己ベストも更新出来ていますし、この馬なりに順調な調整過程を歩めていると思います。追うごとに良化してきている印象ですし、2週続けてしっかり追われたことにより、最終追い切りで更に良くなりそうなイメージもありますから、個人的には注目して見ていきたいです。その最終追い切りですが、坂路で地味なタイプにしては動けている方だと思いますし、前走以上の気配を感じます。調子も良さそうですし、血統柄距離短縮も良い方へ出ると思いますので、個人的には人気薄の中でも注目している1頭です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デュードヴァン
中間:5ヶ月 A ◆中間自己ベスト(美南W5F)
最終:美南W 良 単走 馬也 A
中間の内容からみていきますと、しっかりと乗り込まれていますし、ここに向けて出来は悪くないと思います。攻めではこれくらい動く馬ですので、過度には評価しませんが、現状でも力は出せると思いますし、あとは最終追い切りでどこまで上向いてくるのか注目です。その最終追い切りですが、動きはとても良いですし、芝もこなせる雰囲気はあります。軽い走りをしますし、楽な手応えで終始走っていたように映りました。2連勝中とまだ底を見せていませんし、初芝という事で人気を落とすようであれば、抑えてみても良いかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トリプルエース
中間:中4週 A
最終:栗坂 稍重 単走 強め B
中間の内容からみていきますと、攻め馬で動くタイプらしく、良い内容を消化出来ています。絶好時と比較するとまだ物足りませんが、水準級の出来にはあるとみていますし、もうひと追いでどれだけ上向いてくるのか楽しみです。その最終追い切りですが、時計が出にくかった今の坂路の馬場を考えると動けているとは思いますが、終いでやや伸びを欠いた点は多少割り引きました。そもそも坂路では凄く動くタイプですので、それを考えてもやや物足りない印象はありますし、ジョッキー騎乗という事もありましたので、正直もっと動いてきても良かったのではないかとも思っています。馬場が渋れば面白そうですが、距離延長になりますし、良馬場という条件だったらより厳しい戦いになりそうなイメージはあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノルカソルカ
中間:中4週 B
最終:栗CW 稍重 併せ先着 強め A
中間の内容からみていきますと、坂路中心のメニューではありますが、こなしている内容には物足りなさを感じます。特に強調したい点はないですし、まだ良くなりそうなイメージですので、最終追い切りでどこまで上向いてくるかだと思います。その最終追い切りですが、格上の併走馬を圧倒していましたし、攻め馬で動くタイプらしく、良い内容だったと思います。飛びが大きく、重厚感もあるので、前走のような先行する形がベストだと思いますから、今回も同じような競馬に徹してどこまでやれるかだと思います。馬場が渋ればなお良いと思いますし、楽にハナを取り切って自分のリズムで走れれば、ワンチャンスあると感じています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プリンスリターン
中間:3ヶ月 B ◆中間自己ベスト(栗CW6F)
最終:栗CW 稍重 単走 強め A
中間の内容からみていきますと、良い時計はマーク出来ているものの、余力はないように感じますし、これが馬なりで出せているなら評価したかったです。中間にも一頓挫あったようですし、急仕上げ感も否めない状況ですので、その点は割引材料になると思っています。あともうひと追いありますので、どこまで持ち直してこれるかだと思っています。その最終追い切りですが、最終追い切りでようやくこの馬らしい動きに戻ってきたように感じます。我慢の効いた走りで最後はしっかりと脚を伸ばしましたし、このにと追いで良くなるのではないでしょうか。全体的には乗り込み不足だとは思いますが、何とか力は出せる出来には持っていけたと思いますので、この出来でどこまで走れるのか見てみたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボンオムトゥック
中間:中2週 F
最終:栗坂 稍重 併せ同入 馬也 A
中間の内容からみていきますと、中2週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、坂路で動くタイプらしく、良い動きだったと思います。馬場が悪い中でもしっかりとした脚取りで坂を駆け上がりましたし、引き続き状態は保てていると思います。距離短縮も良さそうですし、戦ってきている相手のレベルも決して低くないので、個人的には注目してみたい1頭です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リインフォース
中間:2ヶ月 A
最終:栗坂 稍重 併せ先着 強め B
中間の内容からみていきますと、乗り込み量は豊富ですし、こなしている内容も悪くないです。好内容と言えるのが1週前追い切りの1本のみなのですが、元々攻めは地味なタイプですし、これくらいでも良いと思っています。あともうひと追いありますから、そこでどれだけ上向いてくるかだと思います。その最終追い切りですが、時計自体は地味なものの、水曜日の栗東坂路はいくらかタフな馬場でしたので、そう考えると動けいてる方だと思います。併走馬にも先着を果たしていますし、ここに向けて仕上がりは悪くないと思っています。短距離色の強いタイプという点がどうかですが、馬場が渋ったりなんかすれば善戦のチャンスはあると感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロードベイリーフ
中間:中1週 F
最終:栗坂 稍重 併せ先着 一杯 B
中間の内容からみていきますと、中1週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、引き続き状態は保てているとは思いますが、大きく変わってきた印象はありません。併せ馬で先着しているとはいえ、全体時計や終いは物足りない印象ですし、まだ良くなる余地が残されているようにも感じます。クラス慣れも必要だと思いますし、その中でどれだけやれるのか注目です。

 

 

 

F評価は間隔が詰まっているため追い切りが出来ておらず評価を付けれない馬に仮に付けている評価です。

詳しくは最終追い切り後の追い切り考察記事で最終的な考察はご確認下さいませ。

 

 

 

中間追い切りBEST4
1位ジュンライトボルト
2位チュウワノキセキ
3位ギルデッドミラー
3位グランレイ


最終追い切りBEST4
1位ボンオムトゥック
2位ノルカソルカ
3位グランレイ
3位チュウウワノキセキ

総合追い切りBEST4
1位チュウワノキセキ
2位ジュンライトボルト
3位ギルデッドミラー
3位グランレイ

  

※無断転載禁止

スポンサーリンク

 

 

Twitter→@yuta87oikiriのフォローも宜しくお願いします!

note→note.mu/yuta87oikiriのフォローも宜しくお願いします!

 

 

2019年の6月より私のYouTubeチャンネルを設立させて頂きました!

YouTubeの方でもブログと並行して調教に関する情報を取り上げていこうと思っていますので、是非チャンネル登録よろしくお願いします!

優太の調教考察会場[追い切り放送局]のYouTubeチャンネル登録はこちらから!

「YouTube バナー」の画像検索結果

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました