【エリザベス女王杯 2018/本命馬】

スポンサードリンク

◎モズカッチャン
昨年の覇者でこのレース連覇のかかるこの馬を本命に。最終追い切りの前までは正直仕上がりに不安があって、1週前追い切りの動きも重たく映ったのが本音。しかし、最終追い切りは調教駆けしないタイプのこの馬にしては、かなり良い動きを披露した。ほとんど馬也で併走馬を圧倒したし、追えばかなり伸びそうな雰囲気があったので、この追い切りで軸にする決心がついた感じ。熱発で府中牝馬Sを回避して、ローテーションに不安の声があがっているものの、陣営から不安の声は聞こえてこない。この中間も坂路でかなりの本数をこなしているし、1度使えなかったからといって悲観する必要はなさそう。3歳時は叩き良化型のイメージがあったが、今年の札幌記念は海外帰りの休み明けでもかなり良いパフォーマンスを披露した。4着以降は差が広がっていたし、2着にはダービー馬マカヒキ、1着のサングレーザーは後の天皇賞(秋)で2着とかなりハイレベルなレースだったと感じる。8枠15番でスタートもあまり良くなく、後方からの競馬を余儀なくされたが、いつもの先行から抜け出す形とは打って変わって、豪快な追い込みでも能力を出せたことは大きな収穫。年齢を重ね、ズブくなっているらしいが、京都の外回りなら下り坂を利用してスムーズにギアチェンジが可能。枠も4枠7番と良い枠に入ったし、好スタートを切れれば前目で昨年のような競馬をすれば良いし、遅れたなら焦らず後方で脚をためて、前走のような競馬をすれば良いだけ。鞍上のM.デムーロ騎手はGl勝利から遠ざかっていて、かなり勝利に飢えているはず。ゲートを出たら、あとは名手に託すのみ。ここでC.ルメール騎手のGl連勝記録を止めるとともに、モズカッチャンの同レース2連覇とM.デムーロ騎手自身久々のGl制覇を。

スポンサードリンク

 

 

友達追加はこちらから友だち追加

競馬ブログランキングの登録はこちら

中央競馬ランキング

スポンサードリンク

投稿者: yuta

主に週末の競馬の情報を記事にしてます。 追い切り考察や過去10年データなど決まった形をルーティーンにしてやっております。 よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です