【オールカマー 2020】最終追い切り後の追い切り考察

【最終追い切り後の追い切り考察[2020]】

2019年の6月より私のYouTubeチャンネルを設立させて頂きました!

YouTubeの方でもブログと並行して追い切りに関する情報を取り上げていこうと思っていますので、是非チャンネル登録よろしくお願いします!

おかげさまでチャンネル登録者数17,000人突破しました!

いつも本当にありがとうございます!

優太の追い切り考察会場[追い切り放送局]のYouTubeチャンネル登録はこちらから!

「YouTube バナー」の画像検索結果

 

オールカマー2020出走予定馬の全頭追い切り考察になります。

中間全体を過去と比較したりなんかして個人的に考察しています。

是非参考にしてみて下さい。

よろしくお願い致します。

 

※F評価は間隔が詰まっていて時計を出せていない馬、調整が軽くて評価出来ない馬に付けている評価ですので、決して低い評価というわけではないという事をご理解頂ければと思います。

 

最終追い切り後の追い切り考察

アウトライアーズ

中間:中5週 B
最終:美南W 重 併せ同入 強め B ◆自己ベスト
中間の内容からみていきますと、状態は維持出来ていると思いますが、前走以上の気配は感じません。あともうひと追いありますので、そこでどれだけ上向いてくるのかに注目したいです。その最終追い切りですが、速い時計は出たものの、追い切りでは良く動く馬ですから、過剰に評価するのは禁物に感じます。前走は色々と噛み合っての好走だと思いますし、今回は相手も強くなりますから、その点でどうでしょうか。

オウケンムーン

中間:24ヶ月 A ◆中間自己ベスト(美坂②)
最終:美坂 良 併せ遅れ 強め B ◆自己ベスト
中間の内容からみていきますと、約2年ぶりの実戦にはなりますが、追い切りの動きからは久々を感じさせませんし、むしろ良く映りました。ただ、トラック馬場で1度も追えていないので、息の持ちは流石に心配ですが、動き自体は問題ないと感じています。最終追い切りはトラックで良い内容を消化してくると、穴馬として面白くなってくると思いますので、あともうひと追いの内容には注目です。その最終追い切りですが、1週前追い切りで手応え勝った併走馬に遅れをとってしまいました。ここで先着してくるようなら高く評価する予定でしたが、やはり1度使った方が良さそうなイメージです。パートナーは型通り上向いてきましたが、この馬は良化がスローだったのかなと認識していますし、どれだけ走れるのか注目です。

カレンブーケドール

中間:7ヶ月 B
最終:美坂 稍重 併せ先着 強め B
中間の内容からみていきますと、本数はやれているものの、まだ動き自体は目立ってこないかなというイメージです。まだ動きは重苦しく映りますので、最終追い切りのひと追いで変わってくればと思います。その最終追い切りですが、1週前追い切りよりは坂路で動けたものの、紫苑ステークスや秋華賞時の坂路追いの方が動けていた気もしますし、1週前から坂路メインにシフトチェンジしてきたあたりも違和感を感じます。前走はウッドチップコースメインでやれていましたから、ここは休み明けを考慮しての調整なのかなと感じますし、先を見据えている仕上げにあるのかなとも感じます。日にちは経っていますが、一応ドバイ遠征一頓挫明けですから、取捨選択は慎重に行った方が良さそうな1頭です。個人的には休み明けの分、割引は必要な1頭だと思っています。

クレッシェンドラヴ

中間:2ヶ月半 A
最終:美南W 重 併せ先着 馬也 A+
中間の内容からみていきますと、いくらかセーブ気味の追い切りには映りましたが、動き自体は良いですし、ここに向けて順調に仕上がりは進んでいる印象です。とはいえ、まだ良化の余地はあると思いますので、最終追い切りには注目して見ていきたいです。その最終追い切りですが、抑えの効いた走りで道中は進み、終いで軽く促されると抜群の反応を披露しました。毎回これくらい動くので、過度な評価は禁物に感じますが、それでもある程度評価は出来るものだったと思います。動かし過ぎても良くないと、意図的に抑えめにやっているというのも良いですし、その効果もレースで窺えれば、パフォーマンスアップに繋がりそうです。

サンアップルトン

中間:6ヶ月 B
最終:美南W 重 併せ遅れ 強め B
中間の内容からみていきますと、久々にしてはやや攻め控えられている気もしていますし、動きにもまだ良化の余地が残されている印象です。前走内容から能力は感じていますし、あともうひと追いありますので、少しでも進展が見られればと思います。その最終追い切りですが、攻め動くタイプにしてはそこまで目立たずという印象でした。もっと動けて良いと思いますし、動きからは良化途上という感じもしますので、まずは使ってからだと私は思っています。

ジェネラーレウーノ

中間:20ヶ月 A ◆中間自己ベスト(美坂②)
最終:美坂 稍重 単走 強め A+
中間の内容からみていきますと、坂路主体の攻め内容が目立ってはいるものの、さすが重賞勝ち馬という印象で、こなす内容からは久々を感じさせませんし、この馬なりに動けていると思います。ただ、トラックでの追い切りが1本もないというのは、休み明けということを考えた時に、スタミナ面での心配に繋がると思います。あともうひと追いありますので、トラックで追い切ってくれば、久々でも面白くなってくるのかなと思っています。その最終追い切りですが、最後まで坂路追いでしたが、見た目的には抜群の動きと言えると思います。あくまで追い切りの動きはですが、休み明けとは思えないほどです。陣営はもちろん、競馬ファンとしてもまずは無事にというスタンスでしょうが、舞台設定は申し分ないですし、楽逃げが叶いそうな面々ですから、ひょっとしたらひょっとするかもしれません。人気薄なら買いたいですし、個人的には本命まで視野に入れている1頭です。スローに落として逃げるというよりは、気分良くマイペースでというタイプだと思いますので、テン乗りでそれを体現出来るかも見ものになりそうです。

ステイフーリッシュ

中間:4ヶ月 A
最終:栗坂 良 併せ遅れ 強め A
中間の内容からみていきますと、攻めは地味なタイプなので、これくらいやれていれば良いのかなという印象です。さすがにまだ重い感じもするのですが、近走はこれでも走り切れている印象ですし、大目に見てこの評価です。最終追い切りはいくらか素軽さを披露して欲しいというのが正直なところです。その最終追い切りですが、坂路でわずかに遅れたものの、併走馬は動く馬ですから、あまり気にしなくて良いと思います。近走はこれくらいでも力を発揮してきますし、舞台設定も悪くないと思いますので、立ち回り次第では。

センテリュオ

中間:3ヶ月 B
最終:栗坂 良 単走 強め A
中間の内容からみていきますと、坂路で目立ちませんし、この馬の良い時と比べると物足りなさを感じます。まだ良くなると思いますし、最終追い切りで変わってくればと思います。その最終追い切りですが、スピードの乗りは良く、しっかり上向いてきたと思います。テンに置かれる面があるので、展開の助けは必要でしょうが、終いが生きる展開になれば見せ場も。

フィエールマン(回避)

 

ミッキースワロー

中間:5ヶ月 A+
最終:美南W 良 併せ同入 強め A ◆自己ベストタイ
中間の内容からみていきますと、攻め動くタイプらしく、良い内容を複数本こなせていますし、久々でも問題なく仕上がりは進められている印象です。今年に入ってから1番良さそうな感じもしますし、得意舞台でもありますから、最終追い切りまで要注目の1頭だと思います。その最終追い切りですが、動きは悪くないものの、行きっぷりは1週前追い切りよりも劣る印象も。このひと追いでピリッとしてくれば良いですが、当日も落ち着き過ぎだとどうでしょうか。とはいえ、かなり相性の良い舞台ですし、馬券的には必ず入れたい1頭です。

 

追い切りBEST4

 

1位ジェネラーレウーノ

2位クレッシェンドラヴ

3位ミッキースワロー

3位ステイフーリッシュ

 

※無断転載禁止

 

✔︎追い切りの基礎を固めるにはこの1冊で十分

最近はTwitterやYouTubeなどのSNS上で独自の見解・考察を発信する人が増えて参りました。競馬界全体が活性化されて大変良いことですよね。こちらは追い切りを独学したいという方に是非おすすめしたい1冊です。私も初めはこの本を買って追い切りについて勉強しました。この1冊だけで大凡追い切りの基礎は固められると思いますし、書いているのは「競馬予想TV!」にもご出演しており、追い切りという分野で名を馳せている井内利明氏ですから、買って損をするということはほぼないと思います。この1冊から吸収して、オリジナリティを出していけば、独自の予想法を構築出来ると思いますので、是非興味のある方は手にとってみて下さい。追い切りに興味のある方は読んで損はないと思います。

▶︎『増補改訂版 競馬に強くなる調教欄の取扱説明書』の購入はこちらから

タイトルとURLをコピーしました