【クイーンカップ 2020】 本命馬

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年の6月より私のYouTubeチャンネルを設立させて頂きました!

YouTubeの方でもブログと並行して調教に関する情報を取り上げていこうと思っていますので、是非チャンネル登録よろしくお願いします!

優太の調教考察会場[追い切り放送局]のYouTubeチャンネル登録はこちらから!

「YouTube バナー」の画像検索結果

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

◎3.ルナシオン
新馬戦で大器の片鱗を見せたと感じるこの馬を本命に推します。
強調したい点は全部で2つあります。
1つ目は、この厩舎にしてはしっかりと攻め馬を消化してきたということです。1週前追い切りでは6Fと長目を意欲的に追いましたし、併走馬には攻め駆けする相手を配置して高いレベルの追い切りを消化しました。普段は同入で止めるところを、しっかりと1馬身前に出てゴールした点も好感が持てます。最終追い切りはC.ルメール騎手とコンタクトが取れていますし、促されてからの反応も鋭かったと思いますから、ここに向けて陣営の気合も感じ取れます。
2つ目は、新馬戦で踏んだ上がり3Fのラップが驚異のラップであったということです。表記としては34.3という極普通の時計ですが、この馬自身はエンジンに火が付くまでにかなりの時間を要していましたし、内目から外目に出すロスもあったと考えると、評価に値するラップだったと思います。それに個別で計測してみると、ルナシオン自体12.1秒-11.4秒-10.8秒という上がりをマークしているように映りました。手による計測なので多少のズレはあると思いますが、それでもラスト1Fを約10.8秒程で走破していますから、まだまだ余裕がある事が伺えますし、エンジンがようやくかかってこのタイムですから、もう少しスムーズに加速できていたらと思うとまだまだ伸び代があるように感じます。
以上の2点を強調した上で本命とさせて頂きます。
藤沢厩舎×C.ルメール騎手というコンビもお馴染みですし、心強いタッグであります。
前走は稍重でしたが、血統的にも良なら更にやれるのではないかと思っていますし、新馬戦を1度使われた上積みも見込めるでしょうから、ここはキャリア2戦目でも期待しています。

スポンサーリンク

今回の追い切り過程から妙味の感じない馬は・・・
△12.ホウオウピースフル

スポンサーリンク

※無断転載禁止

スポンサードリンク

 

 

Twitter→@yuta87oikiriのフォローも宜しくお願いします!

note→note.mu/yuta87oikiriのフォローも宜しくお願いします!

 

 

2019年の6月より私のYouTubeチャンネルを設立させて頂きました!

スポンサーリンク

YouTubeの方でもブログと並行して調教に関する情報を取り上げていこうと思っていますので、是非チャンネル登録よろしくお願いします!

優太の調教考察会場[追い切り放送局]のYouTubeチャンネル登録はこちらから!

スポンサーリンク

「YouTube バナー」の画像検索結果

スポンサーリンク
スポンサーリンク

投稿者: 優太の追い切り考察会場

主に重賞と新馬の追い切り情報を記事にしてます。 よろしくお願いします。