【ジャパンC 2018/調教考察[中間追い切り]】

スポンサードリンク

アーモンドアイ 3本 S
中間の内容は今回も引き続き良い。欲を言うと秋華賞時の方が良かったが、今回もそれと比べても引きを取らないくらい。1週前追い切りでは、日曜日に1000万下を快勝したダノンキングダムやレッドローゼスを子供扱い。状態は良好だと思うし、最終追い切りも楽しみ。

ウインテンダネス 1本 B
中間の内容は平凡。東京2400mの持ち時計は良いので、最終追い切りに期待したい。

カプリ 2本 B
キャンター2本と軽めの調整。それでも陣営も状態は良好と言っているので輸送などの問題はなさそう。初めて見る馬なので、東京競馬場で行われる最終追い切りでしっかりと仕上がり具合を見ていきたい。

ガンコ 1本 B
中間の内容は平凡。中2週なので最終追い切りでしっかりやれば仕上がりは問題なさそう。最終追い切りでどこまで。

キセキ 7本 S
中間の内容は良いし、中3週でこれだけの内容、タイムを出せている点も疲労も取れ、状態が良い証。さらなる上積も見込めるし、最終追い切りで併せ馬が出来ていれば更に評価が上がる。最終追い切りも楽しみ。

サウンズオブアース 5本 B
中間の内容は平凡。良い時はもっと内容のある調教をこなしている印象があるし、2年前の2着時と比べると見劣る。最終追い切りでどこまで状態を上げてこれるか。

サトノクラウン 8本 B
久々にしては負荷がかけられていない印象。ここを叩いて次走で狙いたいと感じる。最終追い切りでどこまで。

サトノダイヤモンド 9本 S
京都大賞典を叩いて状態は更に上向いている印象。中間の内容も良いし、最終追い切り次第では重めの印も。

スポンサードリンク

サンダリングブルー 2本 B
キャンター2本と軽めの調整。Glは未勝利も、日本の芝、そして速いペースは合うのではないかと手応えを感じている印象。初めて見る馬なので、こちらも最終追い切りに注目したい。

シュヴァルグラン 9本 A
中間の内容は悪くない。本数もこなせているし、1週前追い切りも調教駆けしないタイプにしては動けてたし、昨年と同じような感じに見えた。昨年は最終追い切りを坂路で行い、かなり良い動きを見せたので本命に推奨できた。今年は昨年の内容と比較して取捨を決めたい。

スワーヴリチャード 4本 S
中間の内容は良い。ただ、1週前追い切りで、いつもより時計を出して来なかったのが気になる点。動きは決して悪くないし、むしろ良いのだが、この馬の追い切りらしくないと感じた。最終追い切りには要注目したい1頭。

ノーブルマーズ 1本 B
中間の内容は平凡。最終追い切りで上昇度を確認したい。

ハッピーグリン 0本 B
0本となっているも、掲示されていないだけで、この中間は、坂路、本馬場でしっかり作られている。ただ、血統や能力的にも距離は微妙なところだし、最終追い切りでどこまで。

ミッキースワロー 5本 A+
中間の内容は毎度のこと良い。左回りがマッチして、決め脚の生きる展開になれば穴で面白い存在になりそう。最終追い切りも楽しみ。

 

 

友達追加はこちらから友だち追加

競馬ブログランキングの登録はこちら

中央競馬ランキング

スポンサードリンク

投稿者: yuta

主に週末の競馬の情報を記事にしてます。 追い切り考察や過去10年データなど決まった形をルーティーンにしてやっております。 よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です