【ジャパンカップ 2020】最終追い切り後の追い切り考察

【最終追い切り後の追い切り考察[2020]】

2019年の6月より私のYouTubeチャンネルを設立させて頂きました。

YouTubeの方でもブログと並行して追い切りに関する情報を取り上げていこうと思っていますので、是非チャンネル登録よろしくお願いします。

おかげさまでチャンネル登録者数17,000人突破致しました。

いつも本当にありがとうございます。

▶︎チャンネル登録はこちらから

「YouTube バナー」の画像検索結果

 

ジャパンカップ2020出走予定馬の全頭追い切り考察になります。

中間全体を過去と比較したりなんかして個人的に考察しています。

是非参考にしてみて下さい。

よろしくお願い致します。

 

※F評価は間隔が詰まっていて時計を出せていない馬、調整が軽くて評価出来ない馬に付けている評価ですので、決して低い評価というわけではないという事をご理解頂ければと思います。

 

最終追い切り後の追い切り考察

アーモンドアイ

最終前:中3週 A
最終:美南W 稍重 併せ先着 馬也 A+
最終追い切り前の内容からみていきますと、中3週ということもあって、大幅に変わってきた様子はありませんが、1週前追い切りの動きはさすがという感じ。引き続き良い出来を保てていると思いますし、落ち着きもあるのは何よりです。間隔が詰まることや、これがラストランで下降線にいることは事実ですが、現役最強馬ですし、最終追い切りの内容次第では頭まで視野に入る馬だと思っています。その最終追い切りですが、素晴らしい状態を維持出来ていると思います。この間隔ですから、ビッシリやっても良い方へ働かないでしょうし、軽くやる程度で十分だと思います。2週続けてルメール騎手が跨っているという点も好材料ですし、引退レースを有終の美で飾る態勢は整ったとみています。

ウェイトゥパリス

最終前:2ヶ月 F
最終:白井 良 単走 強め A
最終追い切り前の内容からみていきますと、自国である程度追い切りを積んできていると思いますが、こちらではキャンター程度の軽い運動しかまだ行われていません。どれくらいの仕上がり度にあるのか現状では把握出来ないため、最終追い切りに重点を置いて評価していきたいと思っています。その最終追い切りですが、過去との比較が出来ないので、そこを比較しての良し悪しは残念ながら伝えられませんが、動きそのものは良いですし、未知なところに怖さはあるので、抑えてみても良いと思います。

カレンブーケドール

最終前:2ヶ月 B ◆中間自己ベスト(美坂②)
最終:美坂 稍重 併せ同入 強め B
最終追い切り前の内容からみていきますと、坂路で2度自己ベストを塗り替えてきているように、状態は良いと思いますが、坂路主体の調整というのが気になります。この馬自身も併用で作っていった方が良いタイプですし、昨年のジャパンカップは併用での好走でしたから、個人的にはその点に少し引っかかっています。肝心の動きにもまだ良化の余地があるように感じましたので、先週先々週としっかり追われた効果が最終追い切りで見られればと思っています。その最終追い切りですが、2週続けて併走馬に劣勢。今週に関しては新馬相手に劣勢でしたから、個人的にはこの点に物足りなさを感じてしまいます。状態は前走以上とみていますが、昨年より相手は数段上ですし、現状でどれだけ走れるのか注目です。

キセキ

最終前:中3週 A
最終:栗坂 良 単走 強め B
最終追い切り前の内容からみていきますと、併用でしっかりと乗り込まれ、中3週とは思えないくらい念入りに乗られています。動き自体は前走時と大差ないですが、まだ奥がありそうなイメージですし、あともうひと追いで更に良くなってくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、動き自体は前走と変わりなくといった感じです。上手く立ち回れれば善戦するチャンスはあると思いますが、ゲートに不安のある馬ですし、今の外優勢な馬場も合わなさそうだと思っていますから、軸には不向きという印象です。走法から瞬発力勝負は向いていないと思いますので、いかに自分の形に持ち込めるかだと思います。

クレッシェンドラヴ

最終前:2ヶ月 C
最終:美南W 稍重 併せ同入 馬也 B
最終追い切り前の内容からみていきますと、時計はある程度のものが出ているものの、こなしている内容自体平凡に感じますし、良い頃と比べると物足りなく感じます。まだまだ良くなると思っていますので、最終追い切りでどれだけ上向いてくるのか注目です。その最終追い切りですが、2週続けてしっかり追われたことによる上昇は感じるものの、まだ活気に乏しい感じです。動く時はもっと動く馬ですから、そこと比較するとやや物足りません。ここに向けて追い込んで、何とか間に合ったという印象ですし、適性やメンバー的にもどれだけやれるのか楽しみではありますが。

グローリーヴェイズ

最終前:中6週 A ◆中間自己ベスト(美南W5F)
最終:美南W 稍重 併せ同入 一杯 B
最終追い切り前の内容からみていきますと、併用でしっかりと負荷をかけられており、状態としては悪くないとみています。1週前追い切りもビッシリと追われて、動きも良かったですし、このひと追いで更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、最後まで目一杯追われたものの、反応は案外に映りました。昨年の香港遠征前はアーモンドアイに先着したほど、ウッドチップコースでは動ける馬ですので、それを考慮すると若干の物足りなさは感じてしまいます。それに、1週前追い切りでは先着を果たした相手に手応えで劣勢でしたので、この点も含めてどう出るかでしょう。

コントレイル

最終前:中4週 B
最終:栗坂 良 単走 馬也 A+
最終追い切り前の内容からみていきますと、元々攻めは地味な方なので、こんなもんでも良いと思うのですが、この秋走った2走の1週前追い切りの動きと比較すると、いくらか物足りない動きだったと思います。時計は良いものが出たのですが、反応面にまだ良化の余地を残しているように映りましたし、もう一段階上の出来が待っていると思っています。あともうひと追いありますので、そこで態勢が整っとくれば良いと思いますが、菊花賞激走からの目に見えない疲労はあっても不思議ないと思っていますので、その点を最終追い切りでしっかり見極めていければと思います。その最終追い切りですが、1週前追い切りの動きとは打って変わって、かなり良く動けていたと思います。個人的には出来落ちで挑む1戦だと思っていたので、かなり驚きの最終追い切りとなりました。もちろん大幅に上向いたなんてことはないのですが、G1戦線で勝ち抜いてきた高いレベルの状態を維持出来ていると思いますし、ここでも力は出してくれるとみています。最終追い切りの動きからは、菊花賞の疲労は感じさせませんし、個人的には持っている力を出し切ってくれると思っています。

デアリングタクト

最終前:中5週 A+
最終:栗坂 良 単走 馬也 A+
最終追い切り前の内容からみていきますと、前走時から時計出方にそう大きな変化はないのですが、秋華賞を1度使ったことによって、動きの硬さが取れて、柔らかみが出たと感じましたし、フットワークもリズミカルになった印象を受けました。素軽さも増した印象で、中身の良化を感じるので、今回も引き続き楽しみを持って挑める馬だと思います。あともうひと追いありますので、更に良くなってくるのかどうかに注目していきたいです。その最終追い切りですが、坂路で軽快な脚取りを披露しました。そう大きく変わってきた感じはしないものの、高水準で安定しているイメージを持っています。動きからはグンと大きく変わった印象を受けませんでしたので、維持評価とさせて頂きましたが、秋華賞を1度使って中身が違う可能性もありますし、硬さが取れたという点が良い方へ出る可能性もあるとみています。とにかく出来は上々ですので、好パフォーマンスに期待出来る1頭だと思います。

トーラスジェミニ

最終前:中1週 F
最終:美坂 稍重 単走 強め C
最終追い切り前の内容からみていきますと、中1週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、使い詰めですし、良いところが見当たりません。やはり良かったのは夏頃で、そこと比較すると明らかに見劣りますので、今回は厳しい競馬になるとみています。

パフォーマプロミス

最終前:中6週 A+ ◆中間自己ベスト(栗坂)
最終:栗坂 良 単走 強め A+
最終追い切り前の内容からみていきますと、坂路メインの調整ではあるのですが、1度使った効果が窺えますし、動きは凄く良かったと思います。能力的には足りないかもしれませんが、出来は凄く良いと思っていますので、あともうひと追いで更に良化を感じさせてくれるようなら、相手に入れても良い穴馬だと思いますので、最後のひと追いまで注目して見ていきたいです。その最終追い切りですが、坂路で素晴らしい動きを披露したと思います。ハロー明けとはいえ、動きの迫力は凄かったですから、個人的に穴馬ならこれかなというイメージではいます。今回の舞台に近い東京芝2500mでは重賞勝ちもありますし、持ち味を生かせるようなら見せ場も。

マカヒキ

最終前:8ヶ月 A+
最終:栗坂 良 単走 馬也 A
最終追い切り前の内容からみていきますと、年齢はもう7歳ですが、動きにはまだ若さがありますし、古馬になってからもずっと高いレベルを維持している馬だと思います。今回の乗り込み量も十分ですし、ここに向けて仕上がりは順調と言えると思いますので、あともうひと追いで更に良くなってくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、坂路でよく動けていますし、休み明けも問題ないと思います。何と言っても馬が若々しいですし、まだ走れると思いますから、馬場も合いそうな今年は面白い穴馬となるかもしれません。目一杯溜めてどこまで伸びるのか注目したいです。

ミッキースワロー

最終前:2ヶ月 A
最終:美南W 稍重 単走 馬也 A
最終追い切り前の内容からみていきますと、本当に良かった頃と比べるとまだ物足りませんが、悪くもありません。もう一段階上の出来に持っていけるようなら面白いと思いますし、あともうひと追いにも注目したい存在です。その最終追い切りですが、前走時と特に変わりない感じですが、この馬なりに動けているとは思います。休み明けだったとはいえ、得意舞台とされた前走の走りが案外でしたので、1度使ってどれだけ良くなってくるのかに注目したいです。

ユーキャンスマイル

最終前:中2週 F
最終:栗坂 良 単走 馬也 B
最終追い切り前の内容からみていきますと、中2週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、先週の日曜日に1本追っているとはいえ、シンプルに軽いなとは思いました。中2週なので仕方ないのかもしれませんが、大きく上向いてくるイメージは湧きません。現状でどういった走りが出来るのかに注目したいです。

ヨシオ

最終前:4ヶ月 C
最終:栗坂 良 併せ遅れ 強め C
最終追い切り前の内容からみていきますと、坂路で時計は出せているものの、持ち時計を考えると平凡です。加えて、近走攻めでいくら動いても結果に結び付かないということが続いていますので、アテにしづらいイメージです。あともうひと追いありますので、どこまで良くなるでしょうか。その最終追い切りですが、坂路で動く時はもっと動きますから、今回の内容は物足りなく感じます。上向いてきた感じもしませんし、難しい競馬になると思っています。

ワールドプレミア

最終前:11ヶ月 A ◆中間自己ベスト(栗坂)
最終:栗坂 良 単走 馬也 A
最終追い切り前の内容からみていきますと、長期休養明けではありますが、乗り込み量は豊富ですし、いきなり力は出せて良いと思っています。長い距離も合いますし、直線の長いコースも良いでしょうから、あともうひと追いで更に良化を感じさせてくれるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、坂路で地味なタイプにしては動けた方だと思いますし、先週あたりからどんどん良くなってきた印象です。休みは長いですが、力を出せる出来にはあると思っていますし、楽しみを持って挑める馬だと思います。

 

追い切りBEST4

【最終追い切り前】

1位デアリングタクト

2位パフォーマプロミス

3位マカヒキ

3位アーモンドアイ

【最終追い切り】

1位パフォーマプロミス

2位アーモンドアイ

3位コントレイル

3位デアリングタクト

【最終追い切り後】

1位パフォーマプロミス

2位デアリングタクト

3位アーモンドアイ

3位マカヒキ

 

追い切りシート完成版

 

買‥攻め内容から個人的に買いと感じる馬

危‥上位人気の攻め内容から個人的に頭までは?と感じている馬(今回は不在)

 

※無断転載禁止

 

✔︎追い切りの基礎を固めるにはこの1冊で十分

最近はTwitterやYouTubeなどのSNS上で独自の見解・考察を発信する人が増えて参りました。競馬界全体が活性化されて大変良いことだと思います。こちらは追い切りを“独学”したいという方に是非おすすめしたい1冊です。この1冊だけで大凡追い切りの基礎は固められると思いますし、書いているのは「競馬予想TV!」にもご出演しており、追い切りという分野で名を馳せている井内利明氏ですから、買って損をするということはほぼないと思います。この1冊から吸収して、オリジナリティを出していけば、独自の予想法を構築出来ると思いますので、是非興味のある方は手にとってみて下さい。追い切りに興味のある方は読んで損はないと思います。

▶︎『増補改訂版 競馬に強くなる調教欄の取扱説明書』の購入はこちらから

タイトルとURLをコピーしました