【ジャパンC 2018/本命馬】

スポンサードリンク

◎キセキ
現在著しい成長を遂げているこの馬を本命に。これからアーモンドアイという最強牝馬がいる中で、この馬を推す理由を述べていく。まず、秋3戦目にもかかわらず、この中間で坂路とCW併用でかなりの本数をこなせている点。ちなみに回避したマカヒキは出走登録時点でポリトラックで軽めの調整しか出来ていない。それに比べて毎日王冠、天皇賞(秋)とタフなレースが続いているこの馬は元気過ぎるくらい。調教後の馬体重も前走と比べ14kg増えているし、輸送で減りすぎなければプラス体重で臨めそう。すなわち、疲労がなく状態の良い証だと感じる。やはり菊花賞馬ということで距離が延びてパフォーマンスを上げてくる可能性が高そうだし、スタミナを生かす競馬をすれば十分勝機はあると感じている。これは個人的な見解だが、アーモンドアイは前走の方が1週前追い切り、最終追い切り共に良く見えた。変わってキセキは今回の最終追い切りを見ると前走より更に動きが軽快になっていて、もうワンランク上昇が見込めそう。とはいえ最大の敵はアーモンドアイで間違いない。ただ、冒頭でも言ったようにキセキの成長は現在右肩上がりで、状態もこの秋で1番良いと師は歯切れの良いコメントを残している。個人的にもキセキはルーラーシップ同様、成長が遅めの晩期完成型とみている。成長面、距離面でパフォーマンスの上昇が見込めるなら、抜け出して押し切るシーンも十分にあると思っている。もちろん、アーモンドアイが内でゴチャついたり、直線追い出しが遅れるなど「運」の要素も少しはカギを握りそうだが、競馬は何が起きるかわからない。外国馬がどんなレースをしてくるのかは未知だし、スワーヴが途中で動いてペースが乱れる可能性も否めない。また、サトノ2頭の動きも不気味。陣営はどの馬もアーモンドアイを負かそうと試行錯誤を練ってきていると思うし、古馬との初対戦でスムーズに競馬をさせてもらえるかと言われれば疑問。そんな中で浮上してくるのがキセキだと思うし、川田騎手が道中スムーズでスタミナの生きる競馬をすれば頭まであって良いのではないかと思っている。本格化したこの馬の真骨頂を見せつけてほしい。

スポンサードリンク

 

友達追加はこちらから友だち追加

参考になりましたらクリックお願いします

参考になりましたらクリックお願いします

スポンサードリンク

投稿者: yuta

主に週末の競馬の情報を記事にしてます。 追い切り考察や過去10年データなど決まった形をルーティーンにしてやっております。 よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です