【スプリンターズステークス 2020】最終追い切り後の追い切り考察

【最終追い切り後の追い切り考察[2020]】

2019年の6月より私のYouTubeチャンネルを設立させて頂きました!

YouTubeの方でもブログと並行して追い切りに関する情報を取り上げていこうと思っていますので、是非チャンネル登録よろしくお願いします!

おかげさまでチャンネル登録者数17,000人突破しました!

いつも本当にありがとうございます!

優太の追い切り考察会場[追い切り放送局]のYouTubeチャンネル登録はこちらから!

「YouTube バナー」の画像検索結果

 

スプリンターズステークス2020出走予定馬の全頭追い切り考察になります。

中間全体を過去と比較したりなんかして個人的に考察しています。

是非参考にしてみて下さい。

よろしくお願い致します。

 

※F評価は間隔が詰まっていて時計を出せていない馬、調整が軽くて評価出来ない馬に付けている評価ですので、決して低い評価というわけではないという事をご理解頂ければと思います。

 

最終追い切り後の追い切り考察

アウィルアウェイ

中間:中5週 A
最終:栗坂 良 単走 強め A
中間の内容からみていきますと、坂路主体でいつも通りの攻め内容をこなせていると思いますし、良い頃と比べても遜色ない仕上がりにあるとみています。1週前追い切りの動きも良かったですし、このひと追いで更に最終追い切りが上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、栗東坂路はいくらか時計が掛かっていましたが、この馬としては珍しいしっかりとした減速ラップ。出来は悪くなさそうですが、絶好調とは言えない状態にあると思います。ある程度の力は出し切れると思いますが、坂のあるコースだと案外なだけに、トリッキー且つ坂のある初の中山コースをどう対応するかも鍵になりそうです。

エイティーンガール

中間:中4週 A ◆中間自己ベスト(栗芝6F)
最終:栗CW 良 単走 強め B
中間の内容からみていきますと、芝コースで軽快な動きを披露しましたし、引き続き良い状態は保てている印象です。前走もかなり仕上がっていたと思うので、大幅な上積みはどうかも、あともうひと追いでどこまで上向いてくるかには注目したいです。その最終追い切りですが、動き自体は悪くはないものの、特に強調したい点も見当たらず。前走は展開やトラックバイアスから上手くハマった印象がありますし、今回が本当の実力を試されると思っています。

キングハート

中間:中2週 F
最終:美坂 良 単走 馬也 B
中間の内容からみていきますと、中2週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、特に目立つ内容ではなくという印象です。良い時はもっと動きますし、その点を考慮すると物足りませんから、ここで劇的に変わるイメージはありません。

グランアレグリア

中間:4ヶ月 B
最終:美南W 良 併せ先着 強め A
中間の内容からみていきますと、本数はやれていますが、軽い内容が並んでいます。調整が軽い厩舎とはいえ、良い時はもう少し負荷をかけてきますし、1週前追い切りの動きからは良化の余地が残されているように感じました。まだまだ良くなると思いますので、あともうひと追いでどれだけ上向いてくるのかに注目したいです。その最終追い切りですが、個人的には反応面にまだ良化の余地が残されているように映りました。1週前追い切りよりは良化しているものの、安田記念の中間追いの時のようなはち切れそうな手応えは見られず。このひと追いで変わってくれば良いと思いますので、当日の気配なんかはチェックして見ていきたいところです。加えて、速い馬場の方が合うと思いますから、先週のような時計の掛かっている馬場だとどうかというところもありますので、土曜日の馬場も要チェックが必要な1頭だと思います。

※追記項目
グランアレグリアの追加追いについての私の考えを述べさせて頂きます。まず、追加追いは昨年このレースを勝ったタワーオブロンドンも取り入れていましたし、追加で追ってきた点はあまり気にしなくても良いのかなと。ただ、やることになったプロセスは考えなくてはならないと思います。水曜追いが終わった時点でルメール騎手はこのようなコメントを残しています。「今日のトレーニング(最終追い切り)は普通のものでした。この追い切りを終えてから、トップコンデションになりそうです。」この点を深掘りしていきますと、最終追い切りに跨った時点で、ルメールはトップコンディション時の動きと受け取らなかったということがわかります。共に重賞を3勝したパートナーのことですから、良く分かっていると思いますし、その上での発言だと思います。ルメール騎手は、追い切りの動きが良ければ車のエンジンに例えたりしますし、良い時は素直に良いと表現してくれるジョッキーです。その上で金曜日に2本、土曜日に強めのを1本坂路で追ってきたということを考えますと、仕上げ不足だったから追加で追ったという可能性も出てくるのかなと思います。それに、土曜日が割としっかりとやっているという点も1つ気になります。通常直前追いは微調整程度の軽いものが多いのですが、今回のグランアレグリアはしっかりとやってきたなという印象です。思惑通りこの追加追いにより上向いてくる可能性もあるとみていますが、裏目に出る可能性もあると思っていますし、個人的にはこの追加追いは順調さを欠いているという意味でも、決して良いとは思っていません。現在1番人気。明日どのような結末が待ち受けているのか、非常に興味深い1頭です。追記、失礼致しました。



クリノガウディー

中間:中2週 F
最終:栗坂 良 単走 強め B
中間の内容からみていきますと、中2週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、間隔が詰まっているため軽くても良いのですが、高松宮記念の時は間隔が詰まってもしっかりやれていましたから、この点に疑問を感じます。動きは悪くないとはいえ、これだけ緩んだ最終追い切りは珍しいですし、この調整が本番でどう出るかだと思います。

ダイアトニック

中間:中4週 A
最終:栗坂 良 併せ同入 強め A
中間の内容からみていきますと、軽い内容ではありますが、1週前追い切りのフットワークは良かったですし、中4週でも引き続き好調を維持出来ている印象です。良い時と比べてもまだ良くなりそうな雰囲気がありますので、あともうひと追いには要注目してみていきたいと思っています。その最終追い切りですが、この馬としては珍しく、併走馬に煽られ気味の最終調整に。これまでこの馬が煽られるというシーンはあまり見てきませんでしたから、少し気になる点ではあります。1週前追い切りも想定より時計が遅くなったみたいですから、今回の調整過程は決して順調なものではなかったと思っていますので、この馬の持てるフルパワーを発揮出来るかは疑問です。高松宮記念時の方が明らかに出来は良く映りましたし、ジョッキーを中間に1度も乗せてこなかった時はあまり良い結果に結び付いてませんので、この点も含めてどうでしょうか。

ダイメイフジ

中間:中4週 B
最終:栗坂 良 併せ先着 一杯 B
中間の内容からみていきますと、坂路では動くタイプなのですが、この中間は特に目立つ内容は消化出来ておりません。併せ馬で先着を果たせているという点は良いですが、全体時計が物足りませんし、併走馬も調子が良いかは疑問です。あともうひと追いありますので、どこまで上向いてくるのかに注目したいです。その最終追い切りですが、今週の栗東坂路が時計を要していたとはいえ、終い2Fのラップは物足りませんし、まだ良くなる余地が残されていそうな印象です。これだけ緩んだラップを踏んだのは久々ですし、併走馬との追い切りを過去と比較しても、決して良い時の動きではないと思っています。

ダイメイプリンセス

中間:中5週 B
最終:栗坂 良 単走 強め B
中間の内容からみていきますと、併せ馬でも珍しく遅れが目立っているように、まだ本調子にはない印象を受けます。良い時はもっと動き切れますから、個人的には過去2年の方が良いイメージは持っていました。あともうひと追いありますので、どこまで上向いてくるのかに注目したいです。その最終追い切りですが、今週の栗東坂路が時計を要していたとはいえ、この馬として考えると少し物足りなさを感じてしまいます。年齢的にもそう大きく変わってきた感じもしませんし、展開の助けも必要でしょうから、難しい戦いが想定されます。近2年は出来も良かったとはいえ、この舞台でも崩れていませんから、本番でもう一押しが効くようならば。

ダノンスマッシュ

中間:中2週 F
最終:栗坂 良 単走 強め A
中間の内容からみていきますと、中2週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、今週の栗東坂路が時計を要していたとはいえ、坂路でバチバチ動いてくるタイプと馬ですから、それを考えると若干の物足りなさも感じます。もちろん中2週ですから、これくらいやれていれば良いのかもしれませんが、大幅な上積みはどうでしょうか。もちろん好調は維持出来ていると思います。

ビアンフェ

中間:中2週 F
最終:栗坂 良 単走 一杯 B
中間の内容からみていきますと、中2週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、このような馬場の中で好時計が出た点は評価出来ますが、重たい馬場に脚はとられていたと思います。今週末も先週から馬場が大して変わらずですと、これはあまり良い傾向とは言えないと思いますし、スピードを生かす馬だと思っていますので、不完全燃焼で終わる可能性も少なからずあるのかなと思っています。ただ、意欲的に最後まで攻め切ってきたという点は評価したいです。



ミスターメロディ

中間:中2週 F
最終:栗芝 良 単走 強め A
中間の内容からみていきますと、中2週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、時計的には前走時の方が良いのですが、躍動感や活気で言うと今回の方が良さそうな印象ですので、1度使った上積みはあるとみています。昨年も苦手な右回りと言われながら4着と走っているように、ノーチャンスではないと思いますので、枠の並び次第では面白い1頭かもしれません。

メイショウグロッケ

中間:中2週 F
最終:栗CW 良 単走 馬也 B
中間の内容からみていきますと、中2週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、動きは悪くないものの、前走で走ったように、大幅な変わり身はどうでしょうか。特に強調したい点はないですし、中2週なのでこれくらいで良いとは思いますが、G1を使うにあたって一押しが効くかどうかは疑問です。

モズスーパーフレア

中間:中5週 A+
最終:栗坂 良 単走 強め A+
中間の内容からみていきますと、昨年と全く同じローテーションで、調整過程からも順調さを感じます。濃い内容を複数本こなせているあたりにも好感を持っていますし、馬場の悪い中でも速いところはしっかりと消化済み。これなら昨年に引き続き勝負になって良いと思いますし、最終追い切りでもう一段階ギアを上げてこれるようなら更に楽しみが広がりそうです。その最終追い切りですが、時計の掛かる今の栗東坂路で、手綱を持ったままこのタイムですから、シンプルに評価出来ると思います。良い時と比べても遜色ありませんし、力は出せる状態にあるとみていますから、ベストな舞台でベストな競馬が出来れば。

ライトオンキュー

中間:中4週 A+
最終:栗坂 良 単走 馬也 A+
中間の内容からみていきますと、間隔が詰まっているため終い重点にはなっていますが、馬場の悪い中でも素晴らしい内容が並んでいると思いますし、引き続き好調を維持出来ていると思います。この馬はまだスプリントG1を使ったことがないので、意外性は1番あると思いますし、この出来なら楽しみを持って挑めると思っています。あともうひと追いありますから、更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、前走も具合は良かったと思いますが、今回もなかなかの好仕上がりにあるとみています。馬場の悪い中でも非常に力強い走りを披露してくれていますし、速い馬場よりも時計が掛かった方が良いタイプでもあると思いますから、先週の馬場のままなら面白い穴馬かもしれません。個人的には注目の1頭です。

ラブカンプー

中間:中2週 F
最終:栗坂 良 単走 強め A
中間の内容からみていきますと、中2週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、攻めは地味な馬ですので、これくらいでも問題ないと思いますし、引き続き状態維持に努めている感じがします。走り時は掴みにくいですが、2年前はこのレースで強い競馬をしていますから、上手い事前で流れに乗れれば。

レッドアンシェル

中間:中5週 A
最終:栗坂 良 単走 強め A
中間の内容からみていきますと、馬場の悪い中でも坂路で良い内容が目立っていますし、引き続き好調を維持出来ていると感じます。福永騎手からの乗り替わりは気になりますが、能力的には善戦出来るものを秘めていると思いますし、あともうひと追いで更に良くなってくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、時計が掛かっていたので、タイムは平凡ですが、動きそのものは良かったと思います。中間も順調に調整されていますし、引き続き出来は良いと思いますので、チャンスはある1頭だと思います。



 

追い切りBEST4

 

1位ライトオンキュー

2位モズスーパーフレア

3位ミスターメロディ

3位ラブカンプー

 

 

追い切りシート完成版

 

 

※無断転載禁止

 

✔︎追い切りの基礎を固めるにはこの1冊で十分

最近はTwitterやYouTubeなどのSNS上で独自の見解・考察を発信する人が増えて参りました。競馬界全体が活性化されて大変良いことですよね。こちらは追い切りを独学したいという方に是非おすすめしたい1冊です。私も初めはこの本を買って追い切りについて勉強しました。この1冊だけで大凡追い切りの基礎は固められると思いますし、書いているのは「競馬予想TV!」にもご出演しており、追い切りという分野で名を馳せている井内利明氏ですから、買って損をするということはほぼないと思います。この1冊から吸収して、オリジナリティを出していけば、独自の予想法を構築出来ると思いますので、是非興味のある方は手にとってみて下さい。追い切りに興味のある方は読んで損はないと思います。

▶︎『増補改訂版 競馬に強くなる調教欄の取扱説明書』の購入はこちらから

タイトルとURLをコピーしました