【スプリンターズS 2018/本命馬】

スポンサードリンク

◎ワンスインナムーン
競馬は調教だけではないのは百も承知で本命に推奨したい。調教が全てでないとわかっていながらも今回のワンスインナムーンの調整過程は素晴らしいもので、2週前、1週前、最終追い切り全てにおいてトップレベルの動きを披露。スピード乗りはもちろんのこと、瞬発力も兼ね備えた走りには身震いするほど。陣営は「ここがこの馬の集大成」と意気込んでるし、1週前追い切りが終わった時点で「今までにない瞬発力」と斎藤誠調教師は歯切れの良いコメントを残した。今年に入ってからは闘争心が失われていた感じがあったが、それも前走で払拭した感じだし、昨年と同じローテーションも好印象。私個人としてはワンスインナムーンを追い切りの動きだけで本命に推奨しているのではなく、昨年3着とコース適性も実証済みだし、相手関係、展開、馬場も考慮して決めたもの。昨年の1.2着馬は当時と比べて若干見劣るし、もし去年のレースが、その2頭が全盛期だったとしたらワンスインナムーンは4歳で成長途上だったはず。年齢も5歳になり完成の域に達した今回なら、成長下降気味の2頭を負かす力は十分にあると感じる。枠も内目の枠に入ったので、スタートさえ決まれば、あとはスピードを生かした競馬をするだけ。中穴っぽいが、有力各馬を完封して欲しい。

スポンサードリンク

投稿者: yuta

主に週末の競馬の情報を記事にしてます。 追い切り考察や過去10年データなど決まった形をルーティーンにしてやっております。 よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です