【スプリンターズS 2018/調教総評[中間追い切り]】

スポンサードリンク

アドマイヤゴッド 2本
出走不可

アレスバローズ 3本
中間の内容は悪くないし、ここ最近はこの馬に対してSしか付けていないイメージ。最終追い切りは毎回良いので、期待したい。

カイザーメランジェ 0本
出走不可

キャンベルジュニア 3本
前走で1200mを経験し、流れに乗れたのも大きな収穫。中間の内容も悪くないし、いよいよ完成の域に入ってきたと助手も手応えを感じている。最終追い切り次第。

キングハート 3本
出走不可

グレイトチャーター 1本
出走不可

スノードラゴン 3本
もう10歳だし、年齢的な上積は見込めない。左トモの不安でトライアルレースに使えなかったのは誤算だが、その分、中間で負荷をかけている。最終追い切り次第でヒモまでか。

セイウンコウセイ 3本
函館SS以来の割には本数をこなせていない印象を受ける。昨年の高松宮記念の時は中間からとても良い内容を消化出来ていたのに対し、今回は平凡な内容。最終追い切りでどこまで。

ダイメイプリンセス 3本
中間の内容は悪くないが、夏場に使われてきたので大きな上積は見込めなさそう。夏場の2レースは最終追い切りが良かったので、今回も最終追い切りは注目したい。

タマモブリリアン 3本
出走不可

ティーハーフ 3本
良い時は中間から良い内容を消化するイメージだが、今回は平凡な内容。中山の相性も悪いし、今回はパス出来そう。最終追い切りでどこまで。

ナックビーナス 3本
中間の内容は悪くない。今年はこの馬史上1番脂の乗ってる年だし、最終追い切りに期待。

ヒルノデイバロー 4本
中間の内容は悪くない。相手なりに走れるし、最終追い切り次第。

ファインニードル 2本
前走は6割くらいの出来であの快勝っぷり。今回は明らかにメイチで来ると思うし、春秋スプリントGlを連覇できる資格があるのはこの馬のみ。最終追い切りが凄く楽しみ。

ブラヴィッシモ 3本
出走不可

ムーンクエイク 2本
前走は初の1200mで戸惑ったが、速い流れを経験できたのは収穫。中間の内容は平凡だが、京王杯SCをレコード勝ちした馬だけに、一変が怖い。鞍上もルメール騎手だし、最終追い切りでどこまで。

スポンサードリンク

ラインスピリット 1本
前走は苦手な道悪で5着と底力を見せた。今ならGlでもやれると師は口にしてるし、鞍上も武豊騎手と心強い。中間は平凡な内容だが、最終追い切りに期待したい。

外 ラッキーバブルズ 4本
日本に着いてからは食欲も旺盛でリラックス出来てる様子。当然向こうである程度乗り込んで来てると思うし、こちらに来てからはキャンター、ゲート試験をこなしたので、最終追い切りでしか走りは確認できないので非常に楽しみ。香港馬と言ったら、宝塚記念でワーザーを切って本命ミッキーロケットが頭で来たのにスカるという事件を起こしたので、注意したい1頭。

ラブカンプー 3本
セントウルステークス後、多少の疲れがあったものの、小柄な馬体なので回復は早かった様子。しかし、夏場に好走を続けただけに今回も好走出来るかと聞かれると首を傾げたくなる。メイチでここへ臨む馬もいるわけだし、その辺りは最終追い切りで判断したい。と言っても追い切りは動かない馬なので判断が難しいところではある。

レッツゴードンキ 4本
スプリントGl、3戦連続での2着が続くこの馬。中間は内容は悪くないが、終いの脚がモタついているのが気になる。20日のWでの追い切りは終いの脚はモタついたものの、6ハロン77.3は傑出した数字。この一追で変わると思うし、キーンランドカップを叩いた意図はこの大一番のためである。最終追い切りでは終いのキレる、ドンキらしい走りに期待している。

レッドファルクス 4本
中間の内容は去年もそんなに良くなかったので気にする必要はないが、ミルコが騎乗停止は痛いところ。最終追い切りでどこまで上昇して来るか見もの。

ワンスインナムーン 4本
中間の内容、1週前追い切り共に素晴らしいのがこの馬。師もこれまでにない瞬発力を見せてくれたと言っているし、ここがこの馬の集大成と自信のある強気なコメントも飛び出した。個人的にテンから流れてスピードの生きるレースになれば十分勝機はあると感じる。最終追い切りは1番楽しみにしている馬。

スポンサードリンク

投稿者: yuta

主に週末の競馬の情報を記事にしてます。 追い切り考察や過去10年データなど決まった形をルーティーンにしてやっております。 よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です