【スプリンターズS 2018/調教考察[最終追い切り]】

スポンサードリンク

キングハート 美浦 南W 稍重
2頭併入 69.3-54.0-39.9-13.1 馬也 C
鞍上が手綱を緩めても前進する姿勢は見られなかったし、迫力に欠ける動き。オーシャンS以降、成績も良くないし、本来、追い切りはもっと動く馬。ここは素直に見送りか。

セイウンコウセイ 美浦 南W 稍重
単走 52.6-38.2-12.3 強め A
時計の掛かるWコースでとても良い動き。少し首を横に振る素振りを見せたのも癖と捉えて良いと思う。高松宮記念を勝った時と比べると中間の内容から最終追い切り、どれを取っても見劣るが、今回手綱を取る池添騎手は前走より良いと手応えを感じているし、一発はあるかもしれない1頭。

ナックビーナス 美浦 南W 稍重
2頭併入 66.8-50.7-36.5-12.3 馬也 A+
時計も素晴らしいし、動きも軽快。ここに向けて仕上がった感はあるし、力は存分に発揮出来そう。陣営も言うように、今がこの馬の完成期だし、鞍上は日本競馬で連対率50%オーバーのJ.モレイラ騎手。馬券には必ず入れたい1頭。

ムーンクエイク 美浦 南W 稍重
2頭併入 67.9-53.3-40.0-13.6 馬也 B
最終追い切りの動きは軽快で悪くない。1200mの速い流れも前走で経験したので、今回はレースの流れに乗れれば面白い存在になりそうだが、ルメール騎手は「直線の短いコースはだめ」と言っていたのが気掛かり。

レッドファルクス 美浦 南W 稍重
2頭併先 53.5-39.2-12.8 G前追 A
1週前のモタモタする感じは抜けて、軽快な動き。今年は結果が出ていないし、全盛期と比べると年齢的な老いも感じる。レッドファルクスを知り尽くしてるM.デムーロ騎手が乗れないのも痛手だが、3連覇へ向けまずまず仕上がりと見ている。同一Gl3連覇を是非見てみたい。

キャンベルジュニア 美浦 南W 重
単走 53.2-38.3-12.8 G前追 A+
大きな馬体を目一杯使った迫力ある走りを披露。1度1200mを使われた今回なら、レースの流れにも乗りやすいと思うし、中山の成績は優秀なので期待したい。時計以上の動きで迫力満点なので、馬券には是非組み込みたい1頭。

ワンスインナムーン 美浦 坂路 稍重
2頭併先 51.5-37.6-24.4-12.2 G前追 S+
今回のメンバーの中で、中間内容から最終追い切りまで文句なしで1番良い。最終追い切りは坂路で行い、仕掛けるとグーンと加速し、併走馬を子供扱い。斎藤誠調教師も「1週前追い切りでは初めてあんな瞬発力をみた。今回がこの馬の集大成。」と言っていたし、それは間違いなさそう。昨年も同レースで良い競馬をしたし、昨年以上の出来なら勝ちを意識しても良い。石橋騎手はここ最近調子の良いジョッキーだし、この馬のスピードを存分に生かした競馬をしてもらいたい。

アレスバローズ 栗東 坂路 良
単走 56.2-40.5-25.7-12.4 馬也 B
過去2走も1週前追い切りもS評価を付けるほどの抜群動きを毎回披露してくれるが、今回は終始引っかかる素振りを見せていたし、いつもの迫力ある脚の捌きが見受けられなかった。映像を1回見ただけでいつもと違う感じがあった。夏の2連勝は素晴らしかったが、お釣りがあるのかは疑問だし、疲労が溜まっていてもおかしくない。今回は馬場も渋ると思うので、ディープ産駒は買いにくいし、乗り替わりも魅力ではない。1週前は良かったので、現状ヒモまで。

スポンサードリンク

ダイメイプリンセス 栗東 坂路 良
2頭併先 54.2-39.2-25.3-12.7 G前追 A+
併走馬ラブカンプーを子供扱いにして悠々先着。とは言ってもラブカンプーは追い切りであまり動かないタイプでレースに行くと走るタイプなのであまり参考にはしたくないが、時計以上に迫力のある追い切りに見えた。牝馬は相性の良いレースだし、スピードはメンバー屈指のものを持っていると思う。今回は前目で粘り込む競馬をするとの事で、枠次第では好レースに期待出来そう。

ティーハーフ 栗東 坂路 良
単走 54.6-40.4-26.7-13.9 G前追 C
良い時は調教でも良く動くのに対し、今回は鞭を打たれても前進姿勢は見えないし、右にモタれるるばかり。中山は合わないし、見送れる。

ヒルノデイバロー 栗東 坂路 良
2頭併入 56.7-40.6-25.5-12.6 G前追 B
最終追い切りは悪くない。中間も悪くはないし、走る時は相手なりに走ってしまう馬。馬場が渋るのは歓迎だし、それに重ねて展開、枠などの恩恵を受ければ好走も考えられる。

ファインニードル 栗東 坂路 良
単走 52.5-38.2-25.1-12.7 馬也 A
最終追い切りはそんなに良くなかった。川田騎手は「追い切りは良くはなかったが気にしてない」と述べているし、気にしなくて良いのか。高松宮記念の時はもっと良かった気がするし、むしろ前走の方が今回よりも良く見えた気もした。しかしながら、陣営は前走ほとんど仕上げていないと言っているし、今回がメイチで間違いはない。春秋スプリントGl制覇へ、期待は大きい。

ラインスピリット 栗東 坂路 良
単走 54.1-39.1-25.3-12.7 G前追 B
中間、最終追い切り共に平凡な内容。舌も出して走っていたし、集中して走っていない可能性もあるので、鞍上強化の理由だけで買うのは避けた方が良さそう。能力的にも足りるか微妙。

ラブカンプー 栗東 坂路 良
2頭併遅 54.8-39.9-26.0-13.6 強め B
最終追い切りは併走馬のダイメイプリンセスにちぎられる。調教の動きは毎回良くないのだが、レースでは好走をする馬ではある。とは言え、直前まで疲労が抜けなければ回避の意向もあった馬なので、少なからず、夏の連戦で疲労があったことは確か。なので、上積にもあまり期待できないし、まして坂路で良い動きが出来ないのに中山の急坂で良いパフォーマンスが出来るのかも疑問。坂路と芝では馬場が違うので比較するには難しいが個人的にはそのような見解。

レッツゴードンキ 栗東 坂路 良
単走 53.3-38.7-25.5-12.9 G前追 A
昨年の軸馬。今回の最終追い切りはまずまず。昨年のスプリンターズSと比較すると昨年の方が良かったかなと思うし、1週前追い切りでは脚が上がってしまっていた。良い時のレッツゴードンキは中間から良い内容を消化して最終追い切りも良い動きを披露してくれるのだが、今回は今ひとつ。叩き台のキーンランドCも離されての5着だし、今年は軸までとはいかなさそう。

外 ラッキーバブルズ 中山 芝 稍重
単走 54.1-37.6-11.9 G前追 A+
最終追い切りは軽めでやってくるのかと思ったら想像以上にビシッとやってきたのでビックリ。走りも軽快だし、疲れなどは微塵も感じさせない走り。むしろ脚の捌きも速く、調子は良さそう。香港のレースでは日本の馬に先着しているし、馬場や枠、展開などの恩恵を受けれれば十分馬券圏内。

スポンサードリンク

投稿者: yuta

主に週末の競馬の情報を記事にしてます。 追い切り考察や過去10年データなど決まった形をルーティーンにしてやっております。 よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です