【スプリンターズS 2019/調教考察[最終追い切り]】

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

 

優太の調教考察会場の読者会員登録はこちらをクリック

 

 

 

 

 

 

 

皆様、JRAカードというものはご存知でしょうか?

←詳細は画像をクリック

 

 

 

 

 

上記の写真の通り、、、
クロフネ・グラスワンダー・サイレンススズカ・トウカイテイオー・シンボリクリスエス・ジャングルポケット・ディープインパクト・エアグルーヴ・ウオッカ・ダイワスカーレットと超豪華ラインナップとなっております!
今なら初年度年会費無料でお作りする事が出来ます!
また、ポイントサイトを経由する事で貯めたポイントを競馬グッズ等と交換出来たり、ネットによる指定席の先行予約も可能になり、よりお得です!
競馬好きなら1枚持っておいて損はないと思います!
財布にお好きな名馬のカードを忍ばせておく事でお守り感覚にもなりそうですね!
◇JRAカードの作成はこちらから◇

 

 

 

 

 

 

 

YouTubeのチャンネル登録もよろしくお願いします!

調教評価の依頼はこちらから!

 

 

 

 

 

 

 

◆合わせてご覧下さい。

スポンサードリンク

【スプリンターズS 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらからご覧頂けます!

【スプリンターズS 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらからご覧頂けます!

 

 

 

 

 

 

 

セイウンコウセイ 美南W 稍重 助手
単走 65.7-50.7-36.8-12.0 一杯 A
最終追い切りは良い動きでした。追い切りは良く動くタイプとはいえ、前走以上の好気配を感じますし、ここに向けて良い仕上がりにあるとみています。中山コースで結果は出ていませんが、今回ローテーションを変えたことで、新たな一面を引き出せたらという陣営の意図があるそうで、陣営の思惑通りになれば善戦する力は十分あると思います。追い切りの動きは良いですし、叩き3戦目の上積みにも期待したいです。

 

 

 

 

 

 

 

タワーオブロンドン 美南W 稍重 北村宏
単走 68.9-53.2-39.5-12.7 馬也 A
最終追い切りの動きは悪くないです。使い詰めですし、グンと上向いたイメージは当然ないのですが、この馬なりに動けていると思います。1つ気になる点は最終追い切りでルメール騎手が跨がっていない点です。ルメール騎手は関東馬でGlを沢山勝利していますが、その際、栗東から美浦へ駆けつけて自ら追い切りを跨りに来る騎手です。今回グランアレグリアに跨る予定でしたが回避という事で、万が一グランアレグリアが出走出来たとする場合、美浦にグランアレグリアの追い切りを跨りに来たかどうかはわかりませんが、少なくとも過去の美浦所属の馬でGlタイトルを手にした時は、1週前追い切りや最終追い切りでルメール騎手が跨っていたのが目立っていました。そう考えると、タワーオブロンドンとこのGlレースに対しての陣営の本気度という面でみた時にどうなのかなと疑問に感じてしまいます。この厩舎にしては珍しくローテーションも過密ですし、少なくともここを本気で獲りにきているローテーションではないと思っています。完全にこれは私の深読みですので、丸々鵜呑みにするのはどうかとは思いますが、1つの情報として頭に置いておいて頂けると嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

 

マルターズアポジー 美南W 稍重 丸山
単走 63.3-48.6-35.9-12.6 強め B
最終追い切りはまずまずです。追い切りで動くのは毎度のとこですので、そこまで驚くような時計でもありませんが、良い出来は維持している印象があります。とはいえ、テンから飛ばすと終いでバテそうなラップの踏み方をしていますし、ゴール前はやや脚が鈍っていたようにも映ります。時計だけで評価するのは禁物だと思いますし、今回は7歳にして初の1200mということで、強気には推せない1頭だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

キングハート 美坂 良 北村宏 (除外)
単走 52.4-38.5-24.9-12.4 単走 A
最終追い切りは良い動きでした。前走は追い切りの動きも良く、レースぶりも合格点を出せる内容だったと思います。追い切りの動きは今年の夏くらいから再度良くなってきましたし、復調の気配を感じますので、もし出走が叶うなら穴で抑えようと思っているくらいです。追い切り内容自体は2週続けて良いですし、この舞台は重賞勝ちもある舞台ですから、力を出し切れれば善戦も可能だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

アレスバローズ 栗坂 良 助手
単走 56.0-40.0-25.3-12.2 馬也 B
最終追い切りはまずまずの動きでした。最高に追い切りが良かったと感じた昨年のCBC賞の最終追い切りと比べると、時計動き共に見劣るイメージです。夏場にコンスタントに使われているということもあり、大きな上積みにも期待は出来ないでしょうし、追い切りの動きからは強気にはいけない印象があります。時計も本来はもう少し詰めれるタイプだと思いますし、絶好の出来にはないとみています。

 

 

 

 

 

 

 

イベリス 栗坂 良 浜中
2頭併先 53.5-39.5-25.7-12.3 馬也 A+
最終追い切りはとても良い動きに映りました。併せたタガノスカイハイ(古馬1勝)を壁に、ラスト1Fで外に持ち出し交わすという内容でした。この内容からもハナにはいかずに控える競馬をすることがわかりますし、前走のような競馬を再度ここでもしてくると思っています。前走は休み明けに加え+16kg馬体増という事を考えれば、今回は大きな上積みに期待出来そうですし、番手での競馬でも結果を出せたという点はここに向けて生きてきそうです。穴なら抑える価値は十分にあると感じる1頭です。

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

 

ダイメイプリンセス 栗坂 良 助手
2頭併先 55.0-38.6-24.5-12.1 強め A
最終追い切りは悪くないです。レース数は使われていますが、出来落ち感はないですし、良い状態を維持出来ている印象を受けます。併せ馬でもしっかり追走先着を果たせていますし、個人的には及第点は出せる内容です。騎手もこの馬の特徴やクセを知る秋山騎手に戻りますし、好材料だと思いますから、人気薄なら抑えたい1頭です。

 

 

 

 

 

 

 

ダノンスマッシュ 栗坂 良 川田
単走 52.3-37.3-24.0-12.0 強め A
最終追い切りはまずまず良いです。普段はA+評価やS評価を当たり前のように出してくるだけに、絶好時と比べるとやや見劣る動きにも映ってしまいますし、この馬にしてはセーブ気味の時計、動きに映ります。この馬は追い切りではしっかり動かしてくる方だと思いますし、川田騎手が跨ってそこまで見映えしなかった点は気掛かりではあります。この中間もこの馬らしくない時計の出し方ですし、ローテーションが狂った影響というのは少なからずあるのかなと思っています。おそらく1番人気でしょうし、抑えに回すのもアリかなと思わせる1頭です。

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

 

ディアンドル 栗坂 良 助手 ◆自己ベスト
単走 52.4-36.9-23.6-11.7 馬也 S↑
最終追い切りは素晴らしい動きです。自己ベストが出たように、この馬史上1番の動きに映ります。まだ3歳で成長盛りということで、前走を使ってまた一段と迫力が増した印象を受けます。持ったままで坂路を楽々駆け上がりましたし、終い2Fのラップも11.9-11.7と素晴らしい加速ラップを踏めています。動きも迫力満点で、脚の捌きから馬の前進姿勢まで完璧な動きだったと思います。1週前追い切りの動きも良かったですし、3歳馬の成長力と1度使われた上積みというのも加味すれば、十分Glでもやれて良い馬なのではないかと思っています。斤量も恵まれますし、ここは要注目していきたいです。

 

 

 

 

 

 

 

ノーワン 栗坂 良 内田
単走 53.4-38.2-25.0-12.6 馬也 B
最終追い切りはまずまずの動きでした。休み明けにしては軽目の内容が目立っていますし、最終追い切りまで馬也調整です。それにイマイチ活気が感じられないですし、馬が落ち着き過ぎている印象を最終追い切りの動きからは感じました。1200mも初めてですし、久々ということもあり、割り引く必要はあると思います。春のGlでは明らかに能力が足りていませんでしたし、ここでも善戦止まりなイメージです。

 

 

 

 

 

 

 

ハッピーアワー 栗坂 良 助手
2頭併先 54.6-39.6-25.2-12.3 強め A
最終追い切りはまずまず良い動きです。前走から大きく変わったイメージはないですが、前走は後手を踏んだ上に大外を回す競馬でしたから、巻き返す余地はあるとみています。全体時計はいくらか遅いと感じてしまいますが、しっかりと追走先着を果たせた点は好感が持てます。穴っぽいので抑えもアリかなと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

ファンタジスト 栗坂 良 助手
単走 52.2-37.6-24.2-11.9 強め A+
最終追い切りはとても良い動きです。時計はこの馬にしてはやや遅めですが、終いの切れは前走以上に増してきたイメージです。前走で距離にも慣れたみたいですし、1200m3戦目で力はフルに出せると思っています。使う毎に馬が良くなっている印象を受けますし、ここも出来は更に上向いていると思っています。3歳ということで斤量も恵まれますし、成長力も相まって、善戦にも期待が出来そうです。

 

 

 

 

 

 

 

モズスーパーフレア 栗坂 良 松若
単走 52.1-37.6-23.9-11.7 強め S↑
最終追い切りは素晴らしい動きです。前脚が高くまで上がって、松若騎手に追われると馬もそれに合わせてグイグイと加速しました。1度使われて馬の状態はかなり上向いていると思いますし、ここに向けてメイチの出来にあるとみています。高松宮記念の時は最後まで追い切りをやり過ぎたと中間追い切り総評でもお話ししましたが、今回はそのような点はなく、しっかりとセーブの効いた追い切りを消化してきました。1週前追い切りでキッチリ時計を出して、最終追い切り終い重点はベストな調教過程だと思いますし、今回は高松宮記念のような競馬にはならないと思います。舞台設定や今回の出来からも、今回は非常に楽しみにしている1頭です。

 

 

 

 

 

 

 

ラブカンプー 栗坂 良 助手
2頭併先 53.6-38.4-24.5-12.4 強め B
最終追い切りの動きはまずまずです。この馬の追い切りは正直アテにしづらいですし、前走動いてもレースでは走りませんでしたから、今回もそこまで期待はしていません。追い切りは以前よりは動くようにはなってきていますが、レース結果に直結しないのではどうしようもありません。大きく変わった印象もないですし、抑えまでのイメージです。

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

 

リナーテ 栗坂 良 三浦
単走 53.0-38.3-24.9-12.4 馬也 A
最終追い切りは悪くない動きです。2週前追い切りでビッシリやっているので、こんなもんで十分だと思います。ここに向けて良い調整過程を歩めましたし、良い仕上がりで臨めると思います。最終追い切りは三浦騎手が美浦から駆けつけて跨りにきましたし、ここに向けての気合も感じられます。上手く乗れれば善戦も可能だと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

レッツゴードンキ 栗坂 良 岩田康
単走 51.5-37.2-24.2-12.2 強め A+
最終追い切りはとても良く映ります。個人的には前走以上の出来はもちろん、昨年のスプリンターズSよりも仕上がりは良いとみています。昨年はキーンランドCを前哨戦に挟みましたが、2着と好走した2年前は今年と同様ヴィクトリアマイルからの直行でした。そう考えると直行パターンの方が良い気もしますし、今回は休み明けでもキッチリ仕上がっていると思いますので、力は出し切れると思います。正直陣営は、ここがGlを獲れるラストチャンスくらいの気持ちでいると思いますし、そういった面を考慮すると7歳でも十分買える1頭だと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

ミスターメロディ 栗芝 良 福永 ◆自己ベストタイ
単走 62.3-46.7-33.8-11.7 馬也 A
最終追い切りは悪くない動きです。実戦並みの追い切りを消化しましたし、時計も自己ベストタイの好時計をマークしました。芝追いはこの厩舎では良くある事ですので気にはしていませんが、終始手前を変えずに走っていましたし、追い切り後の福永騎手のトーンが低かったという点は気掛かりです。つまり、高松宮記念を勝利した頃と比較すると何か足りないと本人が感じているのでしょうし、右回りという点や春より出来が落ちているという点は不安材料だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

🏇最終追い切りBEST4🏇
🥇ディアンドル
🥈モズスーパーフレア
🥉レッツゴードンキ
🥉ファンタジスト

 

 

◆合わせてご覧下さい。

【スプリンターズS 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらからご覧頂けます!

【スプリンターズS 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらからご覧頂けます!

 

 

 

YouTubeも始めました!

チャンネル登録よろしくお願いします!

優太の調教考察会場のYouTubeチャンネルはこちらをクリック !

 

記事内で疑問点や質問したい事があればTwitterサブアカウント(@yuta87oikiri2)のDMまで宜しくお願いします!
些細な事でも結構です!
本アカウント(@yuta87oikiri)のフォローも宜しくお願いします!

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

 

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

 

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、血統予想をしていなかったら取れないような馬券も取れることがあります。

私個人としましても、調教の他に血統という知識を頭に入れておければ予想に活用できると思っていますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

この著書には血統の系譜から1頭1頭の種牡馬について丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも足を踏み入れてみようと思っている方は、是非この本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

商品の概要リンクを貼っておきますので、ご覧になって行って下さい。

 

 

スポンサードリンク

投稿者: 優太の調教考察会場

主に重賞と新馬の追い切り情報を記事にしてます。 よろしくお願いします。