【スワンステークス 2020】最終追い切り後の追い切り考察

【最終追い切り後の追い切り考察[2020]】

2019年の6月より私のYouTubeチャンネルを設立させて頂きました!

YouTubeの方でもブログと並行して追い切りに関する情報を取り上げていこうと思っていますので、是非チャンネル登録よろしくお願いします!

おかげさまでチャンネル登録者数17,000人突破しました!

いつも本当にありがとうございます!

優太の追い切り考察会場[追い切り放送局]のYouTubeチャンネル登録はこちらから!

「YouTube バナー」の画像検索結果

 

スワンステークス2020出走予定馬の全頭追い切り考察になります。

中間全体を過去と比較したりなんかして個人的に考察しています。

是非参考にしてみて下さい。

よろしくお願い致します。

 

記事を読んだ後で構いませんので、私の活動を応援して頂ける方は、是非1日1回クリックをお願い致します。

そうして頂ける事で、私のランキング順位が上がります。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

▶︎天皇賞(秋)2020全頭追い切り診断はこちら

 

※F評価は間隔が詰まっていて時計を出せていない馬、調整が軽くて評価出来ない馬に付けている評価ですので、決して低い評価というわけではないという事をご理解頂ければと思います。

 

最終追い切り後の追い切り考察

アドマイヤマーズ

中間:5ヶ月 A+ ◆中間自己ベスト(栗CW6F②/栗CW7F)
最終:栗坂 良 単走 馬也 A+ ◆自己ベスト
中間の内容からみていきますと、休み明けは走りにくいタイプとはいえ、いつもの休み明けとはワケが違うと言いますか、ここ狙いなのかと思うほどしっかりと乗り込まれている印象です。もちろん次走のG1が目標だとは思うのですが、これならいきなりある程度走ってくるのではないかと思っています。あともうひと追いありますから、最後まで注目したい存在です。その最終追い切りですが、これだけ中間に攻めて最後まで緩めずやってきたように、いつもの休み明けよりもだいぶ気合の入った仕上げだなという印象を受けました。確かに休み明けの成績は宜しくないのですが、これだけやれば力は出せるでしょうし、荒れてきた今の馬場も歓迎の口ではないでしょうか。

アルーシャ

中間:中6週 B
最終:美南W 良 併せ同入 馬也 B
中間の内容からみていきますと、特に目立つ内容は消化しておらずという印象です。厩舎柄、全体的に攻め内容も軽く映りますし、まだ良化の余地が残されている印象ですから、最終追い切りでどこまで上向いてくるかに注目したいです。その最終追い切りですが、最後まで軽い調整が続きました。良い時はもっと攻めれますし、それとは程遠い内容の今回は強気には出づらい印象です。

カツジ

中間:中2週 F
最終:栗CW 良 単走 一杯 B
中間の内容からみていきますと、中2週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、攻めは毎回動くタイプなので、過度に評価はしません。前走もかなり動いていましたので、引き続きこの状態でどういった競馬が出来るかだと思います。1400mに延びて変われれば。

カテドラル

中間:2ヶ月 A
最終:栗坂 良 単走 強め A+
中間の内容からみていきますと、攻め動くタイプらしくこなしている内容は悪くないです。ただ、攻めは常に動く馬ですから、過度に評価するのは禁物に感じます。最終追い切りで近走以上の動きを披露してくれれば楽しみです。その最終追い切りですが、時計的には地味なのですが、踏んだラップは悪くないですし、動きも上々だったと思います。ピッチ走法なので、京都の外回りコースがBESTとは思えませんが、昨年のマイルCSでは良い走りをしていますし、差し馬場の今年は展開がハマればワンチャンスある馬だと思います。

キングハート

中間:中3週 C
最終:美坂 良 併せ先着 強め B
中間の内容からみていきますと、レースで結果が出なくとも、攻めは毎回動きますから、これでは少し物足りません。あともうひと追いでどこまで上向いてくるかでしょう。その最終追い切りですが、攻めはこれくらい普通に動けてしまう馬ですから、過度に評価はしません。相手も強いですし、距離も長いと思いますから、ここは厳しい戦いになりそうです。

サウンドキアラ

中間:5ヶ月 A+
最終:栗坂 良 単走 馬也 A+
中間の内容からみていきますと、本数はやや少ないものの、仕上がり早な気の良い牝馬ということで、内容が伴っていれば問題ないと思います。その内容は上々だと思いますし、あともうひと追いである程度態勢は整うとみていますので、最後まで注目したい存在です。その最終追い切りですが、絶好調とまでは言えませんが、悪いところはないですし、いきなり力は出してきそうです。春にあれだけ結果を出しましたから、秋はもちろんG1獲りに燃えているでしょうし、抜くところは抜いてくると思いますから、次走あたりにピークという作りでしょうか。

シヴァージ

中間:中6週 A
最終:栗CW 良 単走 強め B
中間の内容からみていきますと、攻めは常に動くタイプですから、過剰に評価はしないようにという感じです。絶好時と比べるともうひと息という印象ですが、現状でもそれなりには動けそうです。あともうひと追いありますから、どこまで上向いてくるかに注目したいです。その最終追い切りですが、攻め動くタイプらしく悪くない動きを披露しました。ただ、まだ走りに芯が入っていないと言いますか、良い時はもっと動ける気もしますので、良化の余地はあると思います。ある程度の出来にはあるとみていますが、手脚だけで走っているようにも映るので、その点がどうでしょうか。

ステルヴィオ

中間:5ヶ月 B
最終:美南W 良 併せ先着 強め B
中間の内容からみていきますと、休み明け感は否めないかなと思っています。良い時はかなり追い切りで動いてくるタイプですので、そう考えると今回はその時ほどではないのかなという印象です。あともうひと追いでどこまで上向いてくるかでしょう。その最終追い切りですが、動き自体は悪くはないものの、今年で言えばS評価を付けた京王杯SC、更に過去を遡るとS評価を付けた2年前のマイルCSなんかが抜群の動きだったので、そこと比較するとまだ物足りないという印象です。

スマートオーディン

中間:4ヶ月 B
最終:栗坂 良 単走 馬也 B
中間の内容からみていきますと、坂路でまずまずの内容は消化出来ていますが、攻めの良さが実戦で生きないタイプですし、まだ良くなる余地は残されていると思います。あともうひと追いありますから、どこまで上向いてくるかでしょう。その最終追い切りですが、坂路では動くタイプなので、過度に評価はしません。近走はムラっ気もあり、攻めの良さが実戦に生きませんから、今回もその中でどういった競馬が出来るかだと思います。気難しさも出てきているみたいで、折り合いや当日のテンションなんかも鍵になりそうです。

タイムトリップ

中間:6ヶ月 B
最終:美南W 良 併せ先着 馬也 A
中間の内容からみていきますと、レースで結果が出なくとも、攻めは毎回動きますから、これでは少し物足りません。あともうひと追いでどこまで上向いてくるかでしょう。その最終追い切りですが、攻めは毎回動きますから、過度に評価はしません。ただ、昨年4着と走っているように、舞台設定としては良いと思いますし、今の馬場も無垢と思っていますから、抑えには必ずまわしたい存在です。

プロディガルサン

中間:2ヶ月半 A
最終:美坂 良 併せ同入 馬也 A
中間の内容からみていきますと、坂路で良い時計をマーク出来ていますし、出来は悪くないとみています。現状でも状態は良さそうですから、最終追い切りで更に良くなってくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、手応えは終いまで余力十分でしたし、坂路で最後まで攻め切ってきた点は評価したいです。2走前に踏んだラップから、更なる短縮も良いと思いますし、意外性はありそうな1頭だと思います。人気薄でしょうし、個人的には馬券に組み込みたいと感じています。

ベステンダンク

中間:3ヶ月 B
最終:栗坂 良 単走 強め A
中間の内容からみていきますと、ムラっ気のあるタイプなので、毎回判断が割と難しい馬なのですが、今回の攻め内容は地味な方かなという印象です。動く時はもっと動けますし、この中間に濃い内容が1本もないというのは1つ気掛かりです。あともうひと追いでどこまで上向いてくるかでしょう。その最終追い切りですが、時計は最後まで地味でしたが、攻めは元々地味ですし、これくらい動けていれば十分かなと思います。距離や馬場には融通がききますし、ここでも上手く立ち回れれば、見せ場は作れそうな1頭に感じます。

ボンセルヴィーソ

中間:中6週 A
最終:栗坂 良 単走 強め A
中間の内容からみていきますと、攻め動くタイプではあるのですが、引き続き状態は維持出来ていると思いますし、ここも力を出してくるとみています。あともうひと追いありますから、更に良い動きを披露してくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、時計的には前走の方が断然良いですが、動きは今回は引き続き良いですし、状態は保てている印象です。今回はそこそこ人気になりそうですし、ここで買うのは後追い感否めませんから、買うなら抑えまでというイメージです。

メイショウオーパス

中間:中2週 F
最終:栗坂 良 単走 強め A+
中間の内容からみていきますと、中2週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、中2週でこれだけ攻められるのは立派ですし、個人的には前走以上の気配を感じています。やれば動くタイプなので、過剰に評価は出来ませんが、出来は凄く良いと思っているので、ここでも楽しみです。

レインボーフラッグ

中間:中1週 F
最終:栗坂 良 単走 強め A
中間の内容からみていきますと、中1週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、時計的には地味ですが、動きそのものは良いですし、前走以上の仕上がりにありそうです。今年の阪急杯でもかなり惜しい競馬をしていますから、重賞でもやれる下地はあると思いますし、この舞台設定も合っていると思いますので、個人的には楽しみにしている1頭です。

ロケット

中間:中3週 B
最終:栗坂 良 併せ先着 強め B
中間の内容からみていきますと、良い頃と比べ攻め内容に覇気が足りないような気がしています。もっと動ける馬だと思いますし、良化の余地は残されていると思いますから、最終追い切りでどこまで上向いてくるのかに注目したいです。その最終追い切りですが、速い時計は出ましたが、ラップなんかは良い時と比べて物足りませんし、まだまだ良くなる余地は残されていると思います。現状でどういった走りが出来るのか注目です。

 

追い切りBEST4

 

【最終追い切り前】

1位アドマイヤマーズ

2位サウンドキアラ

3位ボンセルヴィーソ

3位プロディガルサン

【最終追い切り】

1位アドマイヤマーズ

2位サウンドキアラ

3位カテドラル

3位メイショウオーパス

【最終追い切り後】

1位アドマイヤマーズ 

2位サウンドキアラ

3位カテドラル

3位プロディガルサン

 

私の活動を応援して頂ける方は、是非1日1回クリックをお願い致します。

そうして頂ける事で、私のランキング順位が上がります。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

▶︎天皇賞(秋)2020全頭追い切り診断はこちら

 

※無断転載禁止

 

✔︎追い切りの基礎を固めるにはこの1冊で十分

最近はTwitterやYouTubeなどのSNS上で独自の見解・考察を発信する人が増えて参りました。競馬界全体が活性化されて大変良いことですよね。こちらは追い切りを独学したいという方に是非おすすめしたい1冊です。私も初めはこの本を買って追い切りについて勉強しました。この1冊だけで大凡追い切りの基礎は固められると思いますし、書いているのは「競馬予想TV!」にもご出演しており、追い切りという分野で名を馳せている井内利明氏ですから、買って損をするということはほぼないと思います。この1冊から吸収して、オリジナリティを出していけば、独自の予想法を構築出来ると思いますので、是非興味のある方は手にとってみて下さい。追い切りに興味のある方は読んで損はないと思います。

▶︎『増補改訂版 競馬に強くなる調教欄の取扱説明書』の購入はこちらから

タイトルとURLをコピーしました