【ダイヤモンドS 2019/本命馬】

スポンサードリンク

◎ユーキャンスマイル
前走は不向きな展開の中で力を示したこの馬を本命に。万葉Sではヴォージュが大逃げを打ちまんまと逃げきり。ヴォージュは前半5Fを61.6というスローペースに持ち込み楽逃げ。その2番手で競馬をしていたのがグローブシアターでこの馬は前半5Fを63.5とこちらも遅い流れ。ユーキャンスマイルはその遥か後方で脚を溜めていた状況だが、前半5Fを65.8秒で通過。先頭まで約4秒差ということで、これは前2頭があれだけ踏ん張れるのも頷ける。この2頭は大きく後続を離していたが、前は楽逃げ状態で、まさに2009年のエリザベス女王杯状態。それを追っかけてハナ差2着だし、負けて強しの内容だったとみている。今回も大逃げを打たれる可能性もなくはないが、直線の長い東京コースということで、逃げる馬よりも好位差しの馬を買うのがセオリー。過去を見ても上がりを使える馬が良く来ているし、中には33秒台の上がりを使った年もあるので、好位から差してくる馬には向いているレースに感じる。唯一血統的に距離の懸念があるが、菊花賞を上がり最速を使い3着に食い込んできている時点で400mくらいは持つと思うし、折り合いもスムーズな馬なので過度に心配する必要もなさそう。陣営も距離は平気と述べているし、ここへ向けて順調な仕上がり。鞍上が変わるのもネガティブに捉えなければそこまで気になる点ではないし、前任者に先約があったと言えばそれまで。メンバーを見渡してもここで勝負にならなければ今後が危ういというメンバー構成だし、強い4歳世代代表ということで、勝ち負けに期待したい。

 

【ダイヤモンドS 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

【ダイヤモンドS 2019/調教考察[最終追い切り]】はこちらをクリック

 

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

【今週末の穴馬候補は私のブログランキングから!】

スポンサードリンク
スポンサードリンク

【友達追加はこちらから!】友だち追加

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

 

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

スポンサードリンク

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、血統予想をしていなかったら取れないような馬券も取れることがあります。

私個人としましても、調教の他に血統という知識を頭に入れておければ予想に活用できると思っていますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

この著書には血統の系譜から1頭1頭の種牡馬について丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも足を踏み入れてみようと思っている方は、是非この本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

商品の概要リンクを貼っておきますので、ご覧になって行って下さい。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

投稿者: 優太の調教考察会場

主に重賞と新馬の追い切り情報を記事にしてます。 よろしくお願いします。