【ダービー卿チャレンジトロフィー 2021】最終追い切り後の追い切り考察

【最終追い切り後の追い切り考察[2021]】

現在ブログ運営に勤しむために休止中ですが、いつかは再開したいと考えていますので、良ければチャンネル登録の方お願い致します。

▶︎YouTubeのチャンネル登録はこちらから 

 

noteでも週数本程度限定記事を公開していますので、良ければフォローお願い致します。

▶︎noteフォローはこちらから

 

ダービー卿チャレンジトロフィー2021出走予定馬の全頭追い切り考察になります。

中間全体を過去と比較したりなんかして個人的に考察しています。

是非参考にしてみて下さい。

よろしくお願い致します。

 

※F評価は間隔が詰まっていて時計を出せていない馬、調整が軽くて評価出来ない馬に付けている評価ですので、決して低い評価というわけではないという事をご理解頂ければと思います。

 

最終追い切り後の追い切り考察

アトミックフォース

最終前:中2週 F
最終:美南W 良 単走 強め A
最終追い切り前の内容からみていきますと、中2週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、抑えの利いた走りで動きは良いのですが、そこまで大きく変わってきた様子はありません。それに良い時はもっと動けるタイプという認識ですので、その中で今回どれだけ走ってくるのか注目です。

ウインカーネリアン

最終前:中4週 A
最終:美南W 良 併せ同入 馬也 A
最終追い切り前の内容からみていきますと、攻めは毎度のこと良く動く馬ではありますが、今回も良い内容を消化出来ていますし、具合は引き続き良いと思います。ただ、個人的にはまだ良くなってきても良いと思っていますから、あともうひと追いで更に上昇気配を感じられるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、内容自体は地味も、動きは攻め動くタイプらしく良かったと思います。大幅に変わってきた様子はありませんが、良い状態は維持していると思いますので、その中でどれだけ走れるのか注目です。




エメラルファイト

最終前:中2週 F
最終:美南W 良 併せ先着 強め A+
最終追い切り前の内容からみていきますと、中2週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、中2週でもキッチリ攻め切れていますし、動きも良い頃と比べ遜色ありません。前走あたりからグンと良くなってきましたし、前走を使ってもう1段階良くなってきたという印象です。前走は本命を打たせて頂きましたが、展開に恵まれず5着という結果に。復調気配と力は示しましたし、中山コースも走りますから、今回も楽しみを持って挑める1頭だと思います。本命候補の1頭です。

カテドラル

最終前:2ヶ月 A
最終:栗坂 良 単走 馬也 A
最終追い切り前の内容からみていきますと、攻めはかなり良く動くタイプですので、もっと動いてきて良いとは思いますが、現状でもまずまず良い仕上がりにあるとみています。ただ、絶好時と比較するとまだ奥があると思いますので、あともうひと追いで更に良くなってくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、まだ奥はありそうですが、坂路で動くタイプらしく良い動きだったと思います。走法からも中山は合うとみていますし、ある程度荒れた馬場もこなすとみていますので、ハマれば面白い存在になって良いと思います。

ショウナンライズ

最終前:中4週 B
最終:美南W 良 単走 強め B
最終追い切り前の内容からみていきますと、攻めは毎度良く動きますので、過剰に評価はしません。まだ良くなってきて良いと思いますので、あともうひと追いでどれだけ上向いてくるのか注目です。その最終追い切りですが、内容は悪くないのですが、攻めの良さは全く生きないタイプですので、抑えめの評価です。変わってきた様子もありませんし、現状でどれだけ走れるのか注目です。




スマイルカナ

最終前:3ヶ月 A+ ◆中間自己ベスト(美坂②)
最終:美南W 良 単走 馬也 A
最終追い切り前の内容からみていきますと、攻め動くタイプらしく、併用で質の高い内容が並んでいます。これなら久々でも力は出してくるでしょうし、あともうひと追いにも要注目したい存在です。その最終追い切りですが、攻め動くタイプらしく良い動きに映りました。久々でも問題なく仕上がっていると思いますし、自分の形に持ち込めれば大崩れは想像しにくい1頭です。Bコース替わりで内前有利なトラックバイアスになっていれば、当然今回も頭まで視野に入ってくる馬だと思います。

ソーグリッタリング

最終前:4ヶ月 A
最終:栗CW 良 単走 強め A
最終追い切り前の内容からみていきますと、この馬としては珍しく坂路中心での調整です。こなしている内容としては悪くないのですが、攻めは良く動ける馬という認識ですし、2歳時から坂路ではバリバリ時計を出せていた過去がありますので、過剰に評価はしません。あともうひと追いありますので、更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、大きく変わってきた様子はありませんが、動きは悪くないです。休み明けでもある程度力は出せそうですので、地力でどこまで走ってくるのか注目したいです。

テルツェット

最終前:2ヶ月 A
最終:美南P 良 併せ同入 馬也 A
最終追い切り前の内容からみていきますと、この馬としては良く動けていると思います。本数は少ないですが、仕上がり早なタイプだと思いますし、3連勝の勢いもありますので、あともうひと追いで更に良くなってくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、動きは良いのですが、内容としては軽いですし、最終追い切りをポリトラックコースで行うのはデビュー以来初めてのこと。全体的に眺めて見ても、案外攻め切れていない印象も受けますし、この出来でどれだけ走れるのか注目です。

トーラスジェミニ

最終前:中2週 F
最終:美坂 良 単走 馬也 A
最終追い切り前の内容からみていきますと、中2週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、大きく上向いてきた印象はありませんが、出来はキープしていると思います。本当に良い時と比べるといくらか物足りませんが、重賞でも足りる馬だと思いますし、自分の形に持ち込めれば見せ場はあって良い馬だと思います。

ブラックムーン

最終前:中4週 B
最終:栗P 良 単走 一杯 A
最終追い切り前の内容からみていきますと、併用でしっかり乗れていますが、内容は目立ちません。年齢的にもそう大きく変わってはこないと思いますが、あともうひと追いでどれだけ上向いてくるのか注目です。その最終追い切りですが、ポリトラックコースで意欲的に追われまして、終いまで緩めず良い内容を消化してきたと思います。そもそも毎回ウッドチップコースと坂路を併用してしっかり仕上げてくる馬ですから、負荷としては軽めのメニューとなってしまった点は1つ気になりますが、展開がガチッとハマれば善戦しても良い馬だと思います。

ベステンダンク

最終前:中5週 B
最終:栗坂 良 単走 馬也 B
最終追い切り前の内容からみていきますと、坂路で本数は乗れていますが、良い時と比べると内容はまだ物足りない印象です。もう少し良くなってきて良い馬だと思いますので、あともうひと追いによる上昇度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、動く時はもっと動ける馬ですから、この内容だと少し物足りなく感じます。もっと良くなってきて良い馬だと思いますので、現状でどれだけ走れるのか注目したいです。




ボンセルヴィーソ

最終前:中2週 F
最終:栗坂 良 単走 強め A+
最終追い切り前の内容からみていきますと、中2週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、坂路で動くタイプらしく良く動けていますし、出来は引き続き良いように感じます。この舞台との相性も良いですし、前有利の馬場なら買いたい1頭です。

マイスタイル

最終前:12ヶ月 B
最終:栗CW 良 単走 一杯 A
最終追い切り前の内容からみていきますと、久々ですからしっかり攻めれていると思います。ただ、良化の余地はまだあるといった印象ですので、あともうひと追いで良い頃の雰囲気に戻ってくるのかどうか注目したいです。その最終追い切りですが、しっかり乗り込まれて、動きは休み明けとしては悪くないとみています。ひと追い毎に上向いてきているとは思いますが、やはり約1年のブランク明けですから、いきなりはどうなのかなと思っています。攻めの動きからもまずは使ってからの方は良いかなというイメージでいますし、なかなか強気にはなれない1頭です。




メイショウチタン

最終前:中4週 A+ ◆中間自己ベスト(栗CW6F)
最終:栗坂 良 単走 強め A+ ◆自己ベスト
最終追い切り前の内容からみていきますと、かなり意欲的に攻め込まれていますし、2週続けて好時計をマーク出来ている点に好感を持っています。個人的には過去1番の出来で出てこれると思っていますので、あともうひと追いにも当然要注目して見ていきたい存在です。その最終追い切りですが、坂路でも自己ベストを塗り替えてきたように、具合は良いと思います。動きも良かったですし、ここに向けてしっかり上向いてきたと思いますので、狙い目に感じる1頭です。




ルフトシュトローム

最終前:6ヶ月 A+ ◆中間自己ベスト(美南W5F)
最終:美南W 良 併せ先着 馬也 A+
最終追い切り前の内容からみていきますと、約半年ぶりではありますが、しっかり攻め切れていますし、気配は上々です。むしろ休む前よりも雰囲気は良いくらいですから、あともうひと追いで更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、約半年ぶりの休み明けではあるものの、成績を落とした過去2戦とは異なる出来にあるとみています。明らかに今回の方が動けていると思いますし、中間の調整自体も良いので、パフォーマンス向上に期待出来るのではないでしょうか。仕上がりの良い今回は改めて見直せると思いますし、本命候補の1頭です。

レイエンダ

最終前:中6週 B
最終:美南W 良 単走 馬也 B
最終追い切り前の内容からみていきますと、本数は乗れているものの、特に強調材料はありません。良い時と比べてもまだ物足りませんから、あともうひと追いでどれだけ上向いてくるのか注目です。その最終追い切りですが、最後まで軽めの調整となりました。個人的には昨年のダービー卿チャレンジトロフィー前の方が意欲的に追われていたイメージもありますし、今回の調整で昨年以上のパフォーマンスに期待が持てるかは疑問です。




追い切りBEST4

【最終追い切り前】

1位メイショウチタン

2位ルフトシュトローム

3位スマイルカナ 

3位ウインカーネリアン

【最終追い切り】

1位エメラルファイト

2位ルフトシュトローム

3位メイショウチタン

3位ボンセルヴィーソ

【最終追い切り後】

1位エメラルファイト

2位ルフトシュトローム

3位メイショウチタン

3位スマイルカナ




調子指数

 

※無断転載禁止

 

▶︎YouTubeのチャンネル登録はこちらから 

 

▶︎noteフォローはこちらから

タイトルとURLをコピーしました