【ダービー卿CT 2019/調教総評[中間追い切り]】

スポンサードリンク

ウインファビラス 1本(南W1本) C
中間の内容はイマイチ。中山も不向きな印象があるし、マイルもどうか。最終追い切り次第で。

エイシンティンクル 5本(坂路5本) A+
中間の内容はとても良い。前走の最終追い切りが、かなり動きが悪くて軽視したが、休み明けに加え、寒い時期が苦手だった可能性もありそう。この中間は明らかに前走より状態は良さそうだし、この馬の競馬が出来れば重賞でも十分通用。最終追い切りも楽しみ。

カツジ 1本(坂路1本) C
中間の内容はイマイチ。近走は勝ちきれないシーンが目立っているし、展開に左右される面が目立ってきた印象。早熟だったという可能性もあるし、ここも頭からは入りづらい印象。最終追い切り次第では見直しも。

ギベオン 2本(CW1本/坂路1本) B
中間の内容は平凡。前走は休み明けで超ハイレベルのメンバーの中、直線は見せ場を作ったし、悪い内容ではなかったと思う。この相手なら決め手は上位だし、マイルの実績からも十分好走可能に感じる。最終追い切り次第では重たい印も。

キャプテンペリー 5本(南W5本) A
中間の内容は良さげ。毎回調教は動いてくるタイプだし、順調に調整が進められている印象。中山も適性があるし、重賞でも見せ場は作れそう。スムーズな競馬が出来れば善戦も。最終追い切りも楽しみ。

キョウヘイ 1本(坂路1本) C
中間の内容はイマイチ。近走は不振が続いているし、今回は重賞で相手も強くなる。この馬自身、馬場や展開の恩恵を受けれないと好走するのは難しいタイプではあるが、ハマった時の脚は光るものがある。最終追い切りや当日の馬場や展開、枠の並び次第では抑えも。

ゴールドサーベラス 2本(南P2本) A
中間の内容は悪くない。ポリトラックでもしっかりと負荷のかけられた調整が出来ているし、中山も適性はありそう。ハマれば善戦も可能だと思うし、最終追い切り次第で。

ショウナンライズ 0本 C
中間は中1週ということで時計を出せていない。前走は展開に恵まれた印象が強いし、重賞で再び同じ形で競馬をするのは困難な気がする。相手も強くなるし、最終追い切りでどこまで。

スポンサードリンク

ジョーストリクトリ 1本(CW1本) A+
中間の内容はかなり良さげな雰囲気。中2週だが、叩き3戦目の上積は絶大だと思う。中山はピッタリの舞台だし、再度穴をあける可能性も十分考えられる。最終追い切りも楽しみ。

ストーミーシー 0本 C
連闘で中間は時計を出せていない。凡走続きも終いはしっかり脚を伸ばせている。ここも展開ひとつだと思うし、最終追い切りでどこまで。

ダイアトニック 4本(坂路4本) A
調教は動くタイプだが、中間の内容は良さげ。マイルより1400mの方が好成績を収めているが、決してマイルが悪いというわけではなさそう。初重賞も相手なりに走れるところはありそうだし、最終追い切り次第では。

ダイワキャグニー 2本(南W1本/坂路1本) A
中間の内容は良さげ。中山適性はイマイチっぽいが、能力的にはやれて良さそう。最終追い切り次第で。

ドーヴァー 2本(坂路2本) A
中間の内容は良さげ。前走は中山で強い勝ち方をしたし、時計も優秀。近走の充実ぶりをみても、ここで好走しても不思議ない。初重賞で相手は強くなるが、流れも重賞の速い流れの方が競馬はしやすい可能性もありそう。最終追い切りも楽しみ。

ハクサンルドルフ 5本(CW1本/坂路4本) B
中間の内容は平凡。休み明けの割には負荷が足りない気がする。中山は初めてだしやってみないとわからないが、馬場が渋れば一発あっても。最終追い切りでどこまで。

ヒーズインラブ 5本(坂路5本) B
中間の内容は平凡。昨年の勝ち馬で中山適性も感じるだけに、人気薄なら狙いたい1頭。近走も悪い内容ではないし、最終追い切り次第では。

スポンサードリンク

フィアーノロマーノ 5本(坂路5本) S
中間の内容はかなり濃い内容を消化出来ている印象。休み明けでもしっかりと仕上がっていると思うし、この相手なら十分に好走出来るチャンスはあると思う。坂路で抜群の動きをしているし、状態はかなり良さそう。中山でも勝ち星があるし、最終追い切りも非常に楽しみ。

スポンサードリンク

プリモシーン 5本(南W3本/坂路2本) A+
中間の内容は良さげ。調教は動くタイプとはいえ、休み明けでも動けている点で仕上がりは良さそう。目標は先かも知れないが、このメンバーなら好勝負可能。前走はチグハグな競馬だったので、最終追い切り次第では再度見直したい。

マイスタイル 5本(CW1本/坂路4本) B
中間の内容はまずまず。使い詰めな感じがするし、調整過程もパッとしない。良い時と比べても内容は薄いし、上積はあまりなさそう。前走は自分の競馬が出来ていないし、前目で競馬が可能なら再度見直しも必要か。最終追い切りでどこまで。

マルターズアポジー 1本(南W1本) C
中間の内容はイマイチ。前走はあのハイラップの中、良く逃げ粘った印象。メンバーレベルは落ちるし、前走よりも良いペースで逃げられれば、善戦は可能か。最終追い切りでどこまで。

ミュゼエイリアン 2本(坂路2本) C
中間の内容はイマイチ。近走は崩れていないが、レベルが上がる今回はそうもいかなさそう。最終追い切りでどこまで。

ヤングマンパワー 3本(南W2本/坂路1本) C
中間の内容はイマイチ。良い頃と比べても調整過程にボリュームがないし、近走は走りも安定していない。実績は上位なので、最終追い切り次第では。

ロードクエスト 4本(南W4本) B
中間の内容は平凡。近走は重賞でも安定して走れているし、中山も悪くないと感じる。展開もハマりそうな印象はあるし、最終追い切り次第では。絶好調だった、スワンSくらいの動きなら見直したい。

 

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

【ダービー卿CTの本命馬候補はこちらをクリック】

スポンサードリンク

【友達追加はこちらから!】友だち追加

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

 

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、血統予想をしていなかったら取れないような馬券も取れることがあります。

私個人としましても、調教の他に血統という知識を頭に入れておければ予想に活用できると思っていますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

この著書には血統の系譜から1頭1頭の種牡馬について丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも足を踏み入れてみようと思っている方は、是非この本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

商品の概要リンクを貼っておきますので、ご覧になって行って下さい。

 

スポンサードリンク

投稿者: 優太の調教考察会場

主に重賞と新馬の追い切り情報を記事にしてます。 よろしくお願いします。