【チューリップ賞 2020】 最終追い切り後の追い切り考察

【最終追い切り後の追い切り考察[2020]】
スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【チューリップ賞 2020】「阪神JF vs 他路線組」【優太の追い切り考察会場】[追い切り放送局][競馬][追い切り]

2019年の6月より私のYouTubeチャンネルを設立させて頂きました!

YouTubeの方でもブログと並行して調教に関する情報を取り上げていこうと思っていますので、是非チャンネル登録よろしくお願いします!

優太の調教考察会場[追い切り放送局]のYouTubeチャンネル登録はこちらから!

「YouTube バナー」の画像検索結果

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・中間から最終追い切りにかけて考察しています。

・追い切りに興味のある方にオススメの記事になっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イズジョーノキセキ
中間:3ヶ月半 A ◆中間自己ベスト(栗CW6F)
最終:栗CW 良 併せ同入 一杯 B
中間の内容からみていきますと、こなしている内容自体は強調するようなものはないのですが、1週前追い切りで自己ベストを更新しているように、状態の良さは窺えます。最終追い切りでどこまで上向いてくるのかが鍵を握りそうです。その最終追い切りですが、最後までキッチリと追ってきましたし、ここに向けて態勢は整っているように感じます。かなり良いとは言えませんが、水準並みだと思いますし、善戦は可能とみています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウーマンズハート
中間:3ヶ月 A+ ◆中間自己ベスト(栗坂)
最終:栗坂 良 併せ先着 強め A
中間の内容からみていきますと、トラックと坂路併用で素晴らしい内容を複数本消化出来ていますし、前走以上の気配を感じています。元々攻めは動くとはいえ、前走はこの馬にしては動けておらず、妙味の感じない馬に指名させて頂いた程です。それでも不向きな展開、不慣れな位置取りで4着と底力は見せてくれましたし、その点は高く評価出来ると思います。今回は打って変わって動きに切れが増してきましたし、速い上がりが求められるのであれば、この馬の出番があっても何ら不思議はないとみています。最終追い切りも更に良い動きを披露してくれると思いますので、要注目していきたい1頭です。その最終追い切りですが、攻め馬で動く併走馬と併せて先着出来たいた点は好感が持てます。終い重点でしたが、中間でしっかりやっているので問題ないとみています。前走より仕上がりは良いとみていますし、展開が変わってくれば阪神JFと同じようなメンバーでもやれるのではないかと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クラヴァシュドール
中間:3ヶ月 A+ ◆中間自己ベスト(栗CW5F)
最終:栗CW 良 単走 馬也 A+
中間の内容からみていきますと、攻め馬で動くタイプらしく、良い内容を消化出来ています。桜花賞へ向けた前哨戦とはいえ、阪神JF時と比較しても遜色ない仕上がりにあるとみていますし、十分現状の力は出し切れるとみています。2週続けてジョッキー騎乗で追い切りが行われていますし、攻め馬で動く併走馬を圧倒出来ていたところをみると、改めて素質の高さを感じます。最終追い切りもどのような内容を消化してくるか今から凄く楽しみです。その最終追い切りですが、時計は平凡ですが、終いのスピードの乗りは凄く良く、脚の運びも非常にスムーズですので、ここに向けて良い仕上がりにあるとみています。中間でもしっかりとやっていますし、最終追い切りはこれくらいでも十分だと思いますので、力は出せるのではないかと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シャンドフルール
中間:中2週 F
最終:栗坂 良 併せ先着 強め A
中間の内容からみていきますと、中2週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、坂路で軽快な動きを披露しましたし、好仕上がりにあるとみています。坂路では動くタイプですし、本追い切りのみということで評価は抑えめですが、あらかた態勢は整っている印象です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ショウリュウハル
中間:3ヶ月半 A+
最終:栗坂 良 単走 一杯 B
中間の内容からみていきますと、前走時は動き切れていなかったように映りましたが、今回は打って変わってしっかり動けているように映ります。それでいて前走は勝利しましたから、更に上積みが見込めて良いと思っています。ジョッキーが2週に渡り追い切りに跨っているという点も好感が持てますし、最終追い切りもどのような動きを披露してくれるか楽しみです。その最終追い切りですが、坂路でしっかりと追われた割には動き切れていないイメージです。もう少し坂路では動くタイプですし、中間の内容からももう少し動いて欲しかったというのが本音です。力は出せると思いますが、予想以上に上向いてこなかったという点がどう出るかでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スマイルカナ
中間:2ヶ月 A+
最終:美南W 良 単走 馬也 A
中間の内容からみていきますと、追い切りでは常に動くタイプらしく、この中間もしっかり動けています。ここに向けて順調に仕上がりは進んでいると思いますので、最終追い切りで更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、時計は平凡ですが、動き自体は軽快でした。前走時の方が仕上がりは良かったと思いますが、ここも引き続き良い状態では出走出来そうです。賞金的には前走の重賞勝ちで余裕がありますので、ここは叩き台という意図が強いイメージはあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スマートリアン
中間:中3週 B
最終:栗坂 良 単走 強め B
中間の内容からみていきますと、特に強調出来るような内容は消化しておらず、状態は平行線といった印象です。最終追い切りでどこまで上向いてくるのかに注目したいです。その最終追い切りですが、可もなく不可もない動きで、変わりなく順調というイメージです。動きに関しては軽快さはあるのですが、もうワンパンチ欲しい気もします。現状でどこまでやれるかみてみたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チェーンオブラブ
中間:2ヶ月 A+ ◆中間自己ベスト(美南W5F)
最終:栗CW 良 単走 強め A
中間の内容からみていきますと、攻め馬で動くタイプらしく、好内容を消化出来ている点に好感が持てます。前走時よりも終いの切れは増してきているようにも映りますし、前走時からの上積みも感じますので、最終追い切りでも更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、栗東に移動してきて1本目の追い切りが最終追い切りでしたが、問題なく消化出来ました。動きも良く、前走時の出来をキッチリとキープ出来ていると思います。近走は脚を余して負けているように、阪神外回りコースに替わるのはプラスに働くと思いますので、いくらか楽しみはありそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピーエムピンコ
中間:2ヶ月 C
最終:美南W 良 単走 強め B
中間の内容からみていきますと、間隔が空いた割に乗り込み量も少なく、こなしている内容も物足りません。ここで権利を獲得したいのであれば、もっと全体的に攻めて欲しいですし、これでは賞金に余裕のある馬達と比較しても見劣ってしまいます。中間緩め過ぎだと思いますので、最終追い切りで上向いてきても評価はグンと上げないと思いますが、どこまで上向いてくるかが鍵を握るでしょう。その最終追い切りですが、強めに追われて反応は良いものの、まだ良化の余地がありそうです。今回は本数的にも足りない気もしますし、現状でどこまでやれるかだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フルートフルデイズ
中間:2ヶ月 C ◆中間自己ベスト(栗坂)
最終:栗坂 良 単走 馬也 B
中間の内容からみていきますと、間隔が空いた割に乗り込み量も少なく、こなしている内容も物足りません。ここで権利を獲得したいのであれば、もっと全体的に攻めて欲しいですし、これでは賞金に余裕のある馬達と比較しても見劣ってしまいます。中間緩め過ぎだと思いますので、最終追い切りで上向いてきても評価はグンと上げないと思いますが、どこまで上向いてくるかが鍵を握るでしょう。その最終追い切りですが、良くもなく不可でもない動きで強調するところがありません。近走の出来とほとんど変わりないですし、ここでガラリと走ってくるイメージはありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マルターズディオサ
中間:3ヶ月 A+ ◆中間自己ベスト(美南W5F)
最終:美坂 稍重 併せ同入 強め A
中間の内容からみていきますと、乗り込み量も豊富ですし、こなしている内容も凄く良いです。トラックと坂路併用で好内容が目立ちますし、良い時と比較しても遜色ない出来にあるとみています。後は最終追い切りでどこまで上向いてくるかに注目していきたいです。その最終追い切りですが、格下の併走馬に煽られ気味だった点は気掛かりです。もっと動ける馬ですし、やはり桜花賞を見据えた余裕残しの仕上げという可能性も高そうです。中間の内容は良かったですが、最終追い切りでそこまで上昇してこなかったとみていますので、評価は抑えめです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メデタシメデタシ
中間:中2週 A
最終:栗坂 良 単走 馬也 A
中間の内容からみていきますと、中2週でも意欲的な調整内容が目立ちますし、引き続き状態はキープ出来ていると思います。追い切りでは動くタイプですので、過剰に評価するのは禁物だと思いますが、最終追い切りで更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、切れが増してきたように映りましたし、近走の出来をキープしているように映りました。元々坂路では動くのですが、中2週でこれだけやれれば十分ですし、力は出せる出来にあると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モズアーントモー
中間:中3週 B
最終:栗坂 良 併せ遅れ 一杯 B
中間の内容からみていきますと、中3週の割には攻めれずといった調整内容ですし、個人的には物足りなく感じてしまいます。状態は変わりなくといった印象ですので、最終追い切りでどこまで上向いてくるかでしょう。その最終追い切りですが、坂路で動くタイプらしく、まずまずの内容を消化してきました。短距離馬ですし、坂路では良く動くので、過度には評価しませんが、状態は維持出来ていると思いますので、この相手にどこまでやれるかだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レシステンシア
中間:3ヶ月 A+
最終:栗坂 良 単走 強め A+◆自己ベスト
中間の内容からみていきますと、こなしている内容自体は素晴らしいと感じています。ただ、他の阪神JF組と比較すると、本数が明らかに少なく、より桜花賞へ向けたステップレースという意図が強い気がしています。そこまでバチバチに仕上げていないのだとすれば、レースでも逃げずに控える競馬をしてくる可能性もあるとみていますので、阪神JFのような展開にはならない気もしています。坂路では相変わらず動くので、最終追い切りでは過剰に評価はし過ぎず考察していきたいです。その最終追い切りですが、前走から大きく変わってきたような印象はなく、良い意味で平行線というイメージです。休み明けで桜花賞を見据えた作りではあると思いますが、現状でも力は出せると思いますし、良い仕上がりにあるとみています。ただ、トライアルということで、前走のような競馬をするかは疑問ですし、その場合どんな競馬が出来るかはまだ未知だと思います。スピードを生かしてこその馬だと思いますので、ペースが緩んだ場合にどうなるのか楽しみです。

 

 

 

中間追い切りBEST4
1位ウーマンズハート
2位クラヴァシュドール
3位マルターズディオサ
3位チェーンオブラブ


最終追い切りBEST4
1位クラヴァシュドール
2位レシステンシア
3位ウーマンズハート
3位チェーンオブラブ

総合追い切りBEST4 
1位クラヴァシュドール
2位レシステンシア
3位ウーマンズハート
3位チェーンオブラブ

 

 

※無断転載禁止

スポンサードリンク

 

 

Twitter→@yuta87oikiriのフォローも宜しくお願いします!

note→note.mu/yuta87oikiriのフォローも宜しくお願いします!

 

 

【チューリップ賞 2020】「阪神JF vs 他路線組」【優太の追い切り考察会場】[追い切り放送局][競馬][追い切り]

2019年の6月より私のYouTubeチャンネルを設立させて頂きました!

YouTubeの方でもブログと並行して調教に関する情報を取り上げていこうと思っていますので、是非チャンネル登録よろしくお願いします!

優太の調教考察会場[追い切り放送局]のYouTubeチャンネル登録はこちらから!

「YouTube バナー」の画像検索結果

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました