【フェブラリーステークス 2020】 最終追い切り後の追い切り考察

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年の6月より私のYouTubeチャンネルを設立させて頂きました!

YouTubeの方でもブログと並行して調教に関する情報を取り上げていこうと思っていますので、是非チャンネル登録よろしくお願いします!

優太の調教考察会場[追い切り放送局]のYouTubeチャンネル登録はこちらから!

「YouTube バナー」の画像検索結果

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アルクトス
中間:4ヶ月 B
最終: 美南P 良 併先着 馬也 A
中間の内容からみていきますと、乗り込み量は豊富で、意欲的に追われている点には好感が持てます。ただ、良い時と比較するとやや物足りない内容が目立っている印象は否めません。ウッドチップコースでもポリトラックコースでもまだ動き切れていない印象がありますし、まだ良くなる余地を残しているとみています。やや急仕上げ感もあるのですが、ここ数週間で強めの内容を複数本消化してきていますので、これで最終追い切りどこまで良くなってくるのか注目していきたいと思っています。その最終追い切りですが、中間の内容とは打って変って、非常良いフットワークで駆け抜けました。何とかここに向けて間に合ったという印象ですし、良い仕上がりで出走出来るのではないでしょうか。前走と同じくらいの仕上がりで出走してくると思いますし、この舞台は適性の高い舞台ですから、安定感も含め楽しみにしている1頭です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インティ
中間:中3週 A
最終:栗坂 良 単走 強め A ◆自己ベスト
中間の内容からみていきますと、昨年の同様のローテーションではありますが、昨年の方が追い切り本数も多かったですし、動きも若干素軽かったような気もしています。今回の1週前追い切りの動きも悪くはなかったのですし、東海ステークスより上向いていることは確かですが、昨年と比較すると物足りなく感じるのが現状です。昨年の方が動きも馬体もシャープだった気もしますし、連戦連勝できていたように、絶頂期だった感も否めないとみています。最終追い切りでは昨年と比較してどうなのかというところをしっかりみていきたいと思っています。その最終追い切りですが、前走時よりは良い仕上がりにあるとみていますが、ここ最近の最終追い切りが減速ラップになってしまっている点は気掛かりなところです。良い時は加速ラップで駆け抜けていましたから、そこと比較すると自己ベストが出たとはいえ割引かなと思っています。とはいえ、前走よりは仕上がりは良いでしょうし、同型も少ないと思われますから、マイペースでいければ力は出せるとみています。最後に補足として独自の深堀考察を聞き流して頂きたいのですが、インティが2週続けて坂路の真ん中を走っていた点は個人的に気になる点でした。過去、左回りのレースを控えた追い切りでは、必ず逃げを想定してラチ沿いを走っていたのですが、今回は馬場の真ん中を走ったということで、前走ハナを切ると宣言していながらもハナに行けなかったことを踏まえてこのような追い切りを行ったのかなと私は解釈しています。多くの逃げ馬の場合、栗東の坂路ではラチ沿いを追い切りでも走らせることが多く、それは左回りの直線に向いた時の実戦を想定していると考えられます。そう考えた場合、前走逃げれずに表向きには競馬の幅が広がったとコメントをしていますが、今回のフェブラリーステークスではよりテンがより速くなることを考慮した結果、現状のインティでは確実にハナを取り切れるという自信が陣営にはなく、ハナへ行けないことも想定したラチを頼らない追い切りをせざるを得なかったという可能性も否定出来ないと思っています。今回のメンバー的にはインティのマイペースに持ち込める可能性は高いとみていますが、万が一行けなかった時のことを考えてこういった追い切りを行ったという受け取り方も出来るのではないかと思っています。ハナを取り切れる自信があるのであれば、ラチ沿いを頼らせた普段通りの追い切りをしてくると思いましたし、陣営も半信半疑なのかなと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヴェンジェンス
中間:中3週 B
最終:栗坂 良 単走 強め B
中間の内容からみていきますと、間隔が詰まっていながらもしっかりと乗り込めている点は好感が持てます。ただ、1週前追い切りの動きはそこまで見映えするものではなく、平凡な動きに映りました。時計は出ましたが、もう少し動けるタイプだと思いますし、前走の中間の方が良い内容を消化していると感じています。最終追い切りでどこまで良化してくるのか注目してみていきたいです。その最終追い切りですが、1週前追い切りより動きは良化してきましたし、状態は引き続きキープ出来ているとみています。2週続けて幸騎手が跨り感触を確かめられている点も良いですし、力は出せる出来にあるとみています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キングズガード
中間:中3週 B
最終:栗CW 良 併先着 強め B
中間の内容からみていきますと、特に変わりはなしといった印象で、平凡な内容が目立っています。意欲的に乗り込まれている点は良いと追いますが、それ以上に動きが目立たない点が気になります。1週前追い切りでビッシリ負荷を掛けているので、その点でどこまで上向いてくるのか注目です。その最終追い切りですが、動き自体は悪くなく、追われてからの反応もしっかりとしています。1週前追い切りより良化していると思いますし、近走の良い出来もキープ出来ていると思います。近走は安定感もありますし、ここでも嵌れば穴を空けても不思議はないとみています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ケイティブレイブ
中間:中3週 B
最終:栗坂 良 単走 馬也 B
中間の内容からみていきますと、間隔の割には甘やかされている気もしていますし、こなしている内容も平凡です。もう少しやって欲しかったのが本音ですし、前々走と前走が仕上がりのピークだった感は否めません。最終追い切りでどこまで上向いてくるかだと思います。その最終追い切りですが、中間の内容よりかは上向いてきたと思いますし、現状の力は出せる仕上がりにあるとみています。近走の出来を何とかキープしていると思いますし、自分の力は出せると思いますが、近走はムラ傾向がありますし、この舞台の相性があまり良くない点がどうでるかでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サンライズノヴァ
中間:3ヶ月半 A+
最終:栗坂 良 単走 強め A
中間の内容からみていきますと、この馬なりに素晴らしい内容を何本も消化出来ていると思います。併せ馬のレベルも高いですし、常に同入以上という点も好感が持てますし、ここに向けて仕上がりはかなり良いとみています。元々時計は出るタイプですが、あまり見映えはしないというタイプなのですが、今回の1週前追い切りは迫力もありましたし、時計もしっかり自己ベストに迫る好時計を出してきましたので、このひと追いで仕上がりは一気に進むとみています。鉄砲駆けも効きますし、最終追い切りの動き次第ではかなり楽しみにしている1頭です。その最終追い切りですが、派手さはありませんでしたが、好時計が出ましたし、良い脚取りで登坂出来た点は良かったと思います。中間でしっかりやっていながら最終追い切りもビッシリやってきたという点はプラスだと思いますし、この馬自身鉄砲駆けが効きますから、いきなりでも得意舞台で弾ける可能性はあるとみています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイムフライヤー
中間:2ヶ月半 A+
最終:栗P 良 併先着 強め B
中間の内容からみていきますと、好内容を複数本消化出来ていますし、ここに向けて好仕上がりにあるとみています。ダートに転向してから追い切りの内容は以前の派手さがなくなった印象を受けていましたが、今回は芝で走っていた頃のような良い内容をこなせている点に好感が持てます。トラックと坂路併用で良い内容を消化出来ていますし、結果を出した武蔵野ステークスと同舞台というところで、キッチリ仕上げて挑んでくるとみています。最終追い切りで更に良くなってくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、この馬自身初のポリトラックコースでの追い切りということで、動きは良かったものの、そこはかなり気になる点ではあります。2週続けてフォーリー騎手が跨り感触を確かめられている点は好感が持てますし、武蔵野ステークスくらい走れれば、Glでもやれて良いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デルマルーヴル
中間:中3週 B
最終:美南P 良 併同入 馬也 B ◆自己ベスト
中間の内容からみていきますと、1週前追い切りにこなした内容も悪くないのですが、良い時と比較すると若干萎んだ内容に映ります。中3週にしては割と控えめな内容にも映りますし、使い詰めでここまで来ているので、そこまで大きな上積みにも期待は出来ないとみています。最終追い切りでどんな内容を消化してくるのか注目してみていきたいと思っています。その最終追い切りですが、ポリトラックコースとはいえ、速い時計をマークしてきましたし、最終追い切りまで抜かりない調整を課して点には好感が持てます。動きも1週前追い切りより良化していますし、引き続き力は出せる出来にあるとみています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノンコノユメ
中間:2ヶ月 A
最終:小林ダ 重 単走 強め A ◆自己ベスト
中間の内容からみていきますと、地方に転厩してから1番と言って良いほど濃い内容を消化出来ていると思いますし、やはりこの舞台に懸ける思いは強いのだと思います。地方に転厩してからマイルは忙しいとコメントが出たりしていますので、ここはおそらく後ろからの競馬になるとは思うのですが、この称号は既に手にしている馬ですし、嵌れば後方から飛んできても不思議はないと感じます。状態はすこぶる良さそうですし、東京大賞典でもオメガパフュームと差のない競馬をしているわけですから、当然ここでも注視しなければならない1頭だと思います。最終追い切りで更に良くなってくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、軽快なフットワークでしたし、いつも通り良い動きだったと思います。直線は楽な手応えで駆け抜け、かつ全体時計も締まっていますし、終いも11秒前半が出ていますから、ここに向けての状態の良さが窺えます。2年前の覇者ですし、近走も中央の強敵相手にしっかりと戦えていますから、ここも展開次第では出番があっても全く不思議ではないと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブルドッグボス
中間:2ヶ月 B
最終:栗坂 良 単走 強め B
中間の内容からみていきますと、栗東の坂路で好内容を消化出来ていると思います。とはいえ、栗東の坂路ではかなり動いてくる馬ですので、良い時と比較するとまだ平凡と言えるのかなと思います。2週続けてビッシリと追われていますので、最終追い切りで更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、坂路で動くタイプとはいえ良い動きでしたし、追ってからも力強い伸び脚でした。追うごとに良化してきた印象で、最終追い切りが1番良い動きだったと思います。追い切りの動きはいかにも短距離向きといった感じでマイルにどう対応するかが鍵になりそうですが、現状でも力は出せる出来にあるとみています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミッキーワイルド
中間:中2週 A
最終:栗坂 良 単走 馬也 A
中間の内容からみていきますと、1度使った上積みというのは確実にあるとみています。そのくらい坂路で良い内容を消化出来ていますし、ここに向けて順調な仕上がりをみせていると思います。前走以上というのは確実だと思いますので、後は最終追い切りでどれだけ良くなってくるのかというところを注目してみていきたいです。その最終追い切りですが、明らかに前走以上に動けていると思いますし、ひと叩きした効果は見込めるとみています。2週続けて好内容を消化していますし、マイルも対応可能だと思いますので、前走以上のパフォーマンスに期待が持てそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミューチャリー
中間:中3週 B
最終:船橋外 良 併先着 強め B ◆自己ベスト
中間の内容からみていきますと、長目から意欲的に追われていますし、ここに向けて仕上がりは順調に進んでいる印象を受けます。前走からそう大きく変わった印象はないですが、引き続き状態はキープしている印象です。最終追い切りで更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、久々をひと叩きした効果が窺える動きでした。中央のGl挑戦という事で、非常に熱のこもった追い切りに映りましたし、最後までビッシリ追われて良い追い切りだったと思います。攻め馬では動くタイプとはいえ、ここに向けて良い仕上がりにあると思いますし、能力は出し切れるとみています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モジアナフレイバー
中間:2ヶ月 A
最終:小林ダ 良 単走 一杯 A
中間の内容からみていきますと、終い重点で良い内容を複数本消化出来ている点に好感が持てます。前走から更に上向いてきそうな余地も残していると思いますし、2週続けてしっかりやった分、最終追い切りで更に上向いてくれば楽しみです。中央の馬とも互角に張り合えていますし、ここに入っても大きく引けを取ることはないのではと思っています。その最終追い切りですが、かなり良い時計が出たように、更に上向いてきた印象を受けますし、ここに向けて好仕上がりにあるとみています。仕上がりは前走以上の出来にありそうですし、中央Glということで、かなり熱のこもった調整が最後まで課されました。前走で中央の強敵相手にも健闘しましたし、南部杯でも上位馬とは差のない競馬が出来ていますので、仕上がりも良さそうな今回も展開ひとつで善戦可能に感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モズアスコット
中間:中2週 A+
最終:栗坂 良 併先着 強め A
中間の内容からみていきますと、使って良くなる叩き良化型らしく、追い切りでも1度使われて気配が上向いている印象を受けます。前走の最終追い切りでマークした時計を1週前追い切りで楽にマークしてきましたし、やはりここに向けて上積みは大きいとみています。根岸ステークスは不得意とする休み明けでしたから、今回の方が確実にコンディションは良いと思いますし、ダートも走れたのでここでも楽しみな1頭だと思います。最終追い切りの動きも更に良くなってくるようなら要注目です。その最終追い切りですが、C.ルメール騎手騎乗で良い動きだったと思いますし、ひと叩きした上積みは見込めると思います。前走以上の出来だと思っていますし、後は1F距離が延びた場合がどうかという問題だけだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワイドファラオ
中間:中2週 A
最終:栗CW 良 単走 強め B ◆自己ベスト
中間の内容からみていきますと、中2週とは思えないほどしっかりと乗り込まれていますし、前走以上の気配を感じています。坂路で良い内容を消化出来ていますし、このひと追いで更に最終追い切りが良くなってくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、トラックで悪くない動きではありましたが、攻め馬では常にこれくらい動くタイプですのでこの評価で留めました。距離はマイルの方がいいと思いますし、パフォーマンスは上げてくる可能性は高いとみていますが、仕上がりに関して言えば、前走も良かったとみています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワンダーリーデル
中間:中2週 A
最終:栗坂 良 併同入 強め A ◆自己ベスト
中間の内容からみていきますと、中2週でも意欲的な内容を消化出来ている点に好感が持てます。1週前追い切りでキッチリ追われたことにより、最終追い切りで更に動きが良化してくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、坂路で大幅に自己ベストを塗り替えてきましたし、ここに向けて予定通り状態は上向いてきたとみています。この馬自身叩き2戦目でパフォーマンスを上げてくるタイプですから、展開次第では武蔵野ステークスと同舞台ですし、あっと言わせる可能性もあるとみています。

 

 

中間追い切りBEST4
1位サンライズノヴァ
2位モズアスコット
3位タイムフライヤー
3位インティ

最終追い切りBEST4 
1位ワンダーリーデル
2位インティ
3位モズアスコット
3位アルクトス

総合追い切りBEST4 
1位モズアスコット
2位サンライズノヴァ
3位ワンダーリーデル
3位インティ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※無断転載禁止

スポンサーリンク

スポンサードリンク

 

Twitter→@yuta87oikiriのフォローも宜しくお願いします!

note→note.mu/yuta87oikiriのフォローも宜しくお願いします!

 

 

2019年の6月より私のYouTubeチャンネルを設立させて頂きました!

YouTubeの方でもブログと並行して調教に関する情報を取り上げていこうと思っていますので、是非チャンネル登録よろしくお願いします!

優太の調教考察会場[追い切り放送局]のYouTubeチャンネル登録はこちらから!

「YouTube バナー」の画像検索結果

スポンサーリンク

投稿者: 優太の追い切り考察会場

主に重賞と新馬の追い切り情報を記事にしてます。 よろしくお願いします。