【フラワーC 2019/本命馬】

スポンサードリンク

◎コントラチェック
中山のトリッキーなコースも上手に走れるこの馬を本命に。前走の菜の花賞は圧巻のパフォーマンスで、逃げて後続をちぎる余裕。レース後にC.ルメール騎手は、フェアリーSを使えなかったことが残念と述べているように、能力は既に重賞クラス。時計面でも走りでもそれは実証出来ているし、陣営もかなりの自信を覗かせているのが伝わる。1800mでもかなり強い勝ち方をしているように、距離延長は問題ない。レースがとても上手い馬なので折り合いの心配もなく、ハナでも番手でも競馬は可能。恐らく今回はハナを主張する馬がいるので番手での競馬になるが、ハナでフワフワ走るよりは、馬を前に置いて走る方が調教の動きを見ても良さそうなイメージはある。ペースがどうなろうと自在に立ち回る事が可能なので、その辺りはかなり強みになってくると感じる。重賞にはなるが、前目をスムーズに走れそうなメンバーだし、レベルもそこまで高くはなさそうなので、この馬の競馬が出来れば好走可能に感じる。師はスピードだけでなく、スタミナも兼ね備えていると述べているように、完成度が他馬とは異なる気もする。乗り替わりは若干不安も、乗り難しいタイプではないと思うし、スムーズに回ってこれれば好走可能。

 

【フラワーC 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

【フラワーC 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

【フラワーC 2019/調教考察[最終追い切り]】はこちらをクリック

【フラワーCの穴馬はこちらをクリック】

スポンサードリンク

 

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

スポンサードリンク

【友達追加はこちらから!】友だち追加

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

スポンサードリンク

 

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、血統予想をしていなかったら取れないような馬券も取れることがあります。

私個人としましても、調教の他に血統という知識を頭に入れておければ予想に活用できると思っていますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

この著書には血統の系譜から1頭1頭の種牡馬について丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも足を踏み入れてみようと思っている方は、是非この本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

商品の概要リンクを貼っておきますので、ご覧になって行って下さい。

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

投稿者: 優太の調教考察会場

主に重賞と新馬の追い切り情報を記事にしてます。 よろしくお願いします。