【ホープフルS 2018/本命馬】

スポンサードリンク

◎サートゥルナーリア
過去2戦M.デムーロ騎手が50%の力も出していないという怪物候補を本命に。他のメンバーを見渡す限り、この馬含めて骨っぽいのが2~3頭しか見当たらず、Glにしては相手にも恵まれた印象を受ける。過去2戦のレース内容やレベルが懸念材料として指摘されているが、私は問答無用と考えている。緩い流れから終いの脚を重視した単調なレースが続いているが、むしろこの馬自体も過去2戦のレース内容は窮屈に感じていたと思っている。元々持つスピードが高いレベルにあるので、緩い流れで行きっぷりが良すぎて、引っ掛かって体力を消耗した可能性があるからだ。過去のレースをみても、Sペースで馬のスピードを殺すシーンが何度かあったし、スピードを持て余している感じがした。中間でもWコースで楽な手応えでラスト1F11.2という驚異的な時計を出したし、坂路でも馬也でかなりスピード感ある走りを披露しているように、元々持つスピードが他馬とは違う気がする。そのためペースは流れた方が良いし、スピードのギアが何段階かあるこの馬からしたら、ペースアップが激しい中山コースはむしろ歓迎だと感じる。コーナー4つで息も入れれると思うし、過去2戦よりもスムーズに競馬が出来るのではないかと感じている。今回はGlで過去2戦よりもペースも速くなると思うし、この馬のスピードを殺すことなく、マイペースでレースが出来そう。少頭数しか経験していないのも懸念材料として挙げられているが、これも問題はないと感じている。内に閉じ込められ行きたがる面を見せても、鞍上が手綱を絞り、しっかり我慢が効いていたし、道中出入りのあるレースでもしっかりと自分のレースが出来ていた。直線も狭い内を割ってくるなど、少頭数ながら良いレースをしてきたと思っている。頭数が増えた今回でも枠の並びを見る限り、隊列はすんなり決まりそうだし、スタートが良いので内の好位で競馬が出来るとみている。Glにしたら13頭立ては少頭数の部類に入ると思うし、レースはかなりしやすいと思う。お兄さん達と比べても操縦性はかなり良いらしく、折り合いもしっかりつくところは、かなり強みになると感じている。新馬戦よりも2戦目の萩Sでパフォーマンスをグッと上げたように、使う毎に良くなっているのは言うまでもない。前走2着のジャミールフエルテ騎乗のC.ルメール騎手も「自分の馬もかなり良い走りをしたが、勝ち馬がそれよりも、もっと伸びた。勝ち馬が強すぎた。」と評している辺りも好材料。それでいて50%の力しか出していないなら、100%出したらどうなってしまうのか。今回は更なるパフォーマンスの上昇を見込めるし、デビューからパートナーを組むM.デムーロ騎手が続けて手綱を取るのも好印象。中竹厩舎(角居厩舎)で最高傑作のウォッカ級と評されているだけに期待は膨らむし、ホープフルSが今年最後の中央重賞。それもGlなので、しっかりと的中させて新年を迎えたい。

スポンサードリンク

 

【ホープフルS 2018/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

【ホープフルS 2018/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

【ホープフルS 2018/調教考察[最終追い切り]】はこちらをクリック

 

友達追加はこちらから!友だち追加

本命候補はこちらから!

こちらから友達登録よろしくお願いします!

穴馬候補はこちらから!

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ危険な人気馬候補はこちらから!

スポンサードリンク

投稿者: yuta

主に週末の競馬の情報を記事にしてます。 追い切り考察や過去10年データなど決まった形をルーティーンにしてやっております。 よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です