【ホープフルS 2018/調教考察[最終追い切り]】

スポンサードリンク

ジャストアジゴロ 美浦 坂路 良
単走 54.4-40.6-27.3-13.7 G前追 C
最終追い切りはあまり良く見えない。2戦連続で上がり最速を使っているものの、過去2戦のレースレベルも低そうだし、着差も僅差。魅力は感じないし、相手も一気に強くなるので今回は見遅れそう。

コスモカレンドゥラ 美浦 南W 良
2頭併先 54.6-39.3-13.0 G前追 A+
最終追い切りは前走以上に良く映るし、軽快な動き。少し促されるとスッと反応したし、中山の小回りではこの操縦性の高さが武器になりそう。中山でも勝っている経験があるし、レベルが上がってどこまでやれるか。馬券的には抑えまでか。

ニシノデイジー 美浦 南W 良
2頭併入 70.3-55.0-39.7-13.0 馬也 A
前走、前々走とかなり良い出来に映っていた印象。その2走の出来と比べると出来落ちしてる感はある。やはり重賞2連勝は簡単に出来ることではないし、ここへ向けた上積みは他の有力馬と比べると劣勢か。ただ、東京より中山などの小回りの方が合うと思っているので怖い存在ではあるので抑えで。

ハクサンタイヨウ 美浦 南W 良
単走 54.9-40.5-12.8 G前追 B
最終追い切りの動きは悪くない。ただ、過去のレースをみても、あまり魅力は感じられないし、未勝利を脱出するのも一苦労しただけに、Glの面々と張り合えるイメージはあまり湧かない。

キングリスティア 栗東 CW 良
2頭併先 85.3-68.5-53.8-39.0-11.9 G前追 A 
最終追い切りの動きは良い。前走を見る限り、逃げる脚質のため切れる脚は必要ないと思っていたが、ラスト1Fでは少し追われて11秒台をマーク。新馬戦は時計は平凡もインパクトのある走りだったし、単騎で逃げれば怖い存在になりそう。ただ、金曜日に阪神で騎乗予定の川田騎手が続けて乗らないのは疑問を感じる。

スポンサードリンク

タニノドラマ 栗東 CW 良
単走 86.1-69.7-54.2-39.5-12.8 G前追 B
最終追い切りの動きはまずまずで前走時の状態を維持出来ている印象。1戦しかしておらず、なんとも言えない状態ではあるが、タイムや相手関係からもここで勝ち負け出来るような新馬戦だったとは言えない。最終追い切りでも魅力的な動きはしていないし、見送りか。

アドマイヤジャスタ 栗東 坂路 稍重
2頭併先 52.2-37.8-24.4-12.3 G前追 A+
最終追い切りの動きは良い。調教は動くタイプとみているが、前走の最終追い切りよりも上昇してる印象。瞬発力系というよりは持続して良い脚を使えるタイプだし、この舞台は合いそうだう。しかし、新馬戦で同レースに出走するブレイキングドーンに大敗を喫している辺りは不安要素。過去のレースからも大器の匂いはあまりしないし、抑えまでか。

ヴァンドギャルド 栗東 坂路 良
単走 54.5-39.2-25.2-12.4 G前追 A+
最終追い切りの動きは良く、自己ベストも更新。出来は前走よりも上向いてそう。重心がブレずに良いフォームで走れているのは良いし、脚取りもスムーズ。舌を出している辺りは幼さを感じるが、走り自体は良いし、追われてからの反応も悪くない。中山のトリッキーなコースさえこなせれば好走も。ハイレベルと見ている多頭数の東スポ2歳Sで接戦を演じたのも好印象。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

サートゥルナーリア 栗東 坂路 良
単走 52.5-37.6-23.8-11.9 馬也 S+
最終追い切りは文句なしで良く映る。フォームも素晴らしいく綺麗で点数を付けるなら満点。2歳でこの走りを出来るのは規格外に感じるし、コース追いでも坂路追いでも変わらずに抜群の動きが出来ている辺りに好感が持てる。中間の内容も良いし、調整過程は文句ない。少頭数で単調なレースしか経験がないのは気になるところだが、M.デムーロ騎手ももう少しペースは流れた方が良いと言ってたし、ゲートも悪くないので多頭数も中山2000mのトリッキーなコースもこなせそうなイメージはある。何よりモノが違う可能性もあるし、レース本番が楽しみな1頭。

ヒルノダカール 栗東 坂路 良
単走 52.8-37.3-24.0-12.2 馬也 S
最終追い切りの動きは人気薄の中では群を抜いて良く映る。馬也で軽快かつ豪快な走りを披露したし、この中間の内容も素晴らしい内容。前走よりかは確実に状態は上と見ているし、穴なら抑える価値はありそう。

ブレイキングドーン 栗東 坂路 良
単走 57.0-41.1-25.7-12.4 馬也 S
馬也で軽快な動きを披露。1週前で負荷をかけているので最終追い切りはこれで良いと見ている。長く良い脚を使うタイプだし、馬也でラスト1Fこれだけ脚を伸ばせていれば十分。状態は前走以上に感じるし、ひと叩きされた上積みは確実。新馬戦でこのレースに出走するアドマイヤジャスタを楽勝しているし、それでいて福永騎手は新馬の時とは馬が違うと期待出来るコメントを残している。この舞台も合いそうなだけに期待の1頭。

ミッキーブラック 栗東 坂路 良
2頭併遅 52.5-38.4-25.5-13.1 G前追 B
最終追い切りの動きは前走と同様くらい。前走も反応が悪くて切ったが、今回も反応が悪く、併せたクリソライトに劣勢。動きもやや重たく映る。この舞台で勝っているが、レースレベルはイマイチだったよう感じるし、次々と乗り替わっているのも気になる点。ただ、前走は出遅れて出して行ったところで脚を使ってしまった感があるので、スムーズな競馬で2走前の様なロングスパートが決まれば善戦も。

 

【ホープフルS 2018/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

【ホープフルS 2018/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

 

友達追加はこちらから!友だち追加

スポンサードリンク

本命候補はこちらから!

こちらから友達登録よろしくお願いします!

穴馬候補はこちらから!

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ危険な人気馬候補はこちらから!

スポンサードリンク

投稿者: 優太の調教考察会場

主に重賞と新馬の追い切り情報を記事にしてます。 よろしくお願いします。