【マイルCS 2018/本命馬】

スポンサードリンク

◎モズアスコット
国内マイルGl、2連覇を目指すこの馬を本命に推す。安田記念の前まではGl挑戦に向け賞金加算に専念。たくさんレースに出走せざるを得ない状況で、中途半端な仕上げが裏目に出て惜敗が続き、結果的に安田記念の前週までレースを使う羽目に。しかし、連闘で臨んだ安田記念は道中不利がありながら完勝。賞金が足りている今回は調整過程にも余裕があると感じる。スワンSも負けはしたが、レース内容からみても無理して追走させていないし、競馬をしたのは最後の直線のみ。明らかに余裕残しの先を見据えたレース、仕上げだったことは確か。今回の追い切りでは、前走の追い切りと比べても見違える動きだし、ここが目一の仕上げとみている。この馬は馬群に揉まれても怯まないし、直線も間を割って伸びて来れるので、この枠は歓迎。ロスなく好位で立ち回り、直線で前が空けば好勝負ができると感じている。今回はペースも平均からやや遅いくらいだと想定しているので、先団なのか、後方からなのかは、名手の好判断に期待している。どちらにせよ、どんな競馬も出来るタイプだと思っているので、その辺りは特段心配していない。C.ルメール騎手は前走、レーヌミノルが作った前半600m34.7というペースが忙しかったと言っていたので、今回想定している落ち着いたペースの方が走りやすい条件かもしれない。よって、以前までは速い流れの方がこの馬に合っていて、1400mを中心に使われていたが、今は1400mはむしろ忙しいくらいで、マイルがベストの舞台というのも筋が通っていて頷ける。今がこの馬の全盛期と感じているし、数いる有力馬を蹴ってC.ルメール騎手が騎乗するのもかなり心強い。ここを勝利し、堂々と国内マイル王へ。

スポンサードリンク

 

 

友達追加はこちらから友だち追加

競馬ブログランキングの登録はこちら

中央競馬ランキング

スポンサードリンク

投稿者: yuta

主に週末の競馬の情報を記事にしてます。 追い切り考察や過去10年データなど決まった形をルーティーンにしてやっております。 よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です