【マイルCS 2018/調教考察[最終追い切り]】

スポンサードリンク

ウインブライト 美浦 南W 良
2頭併先 86.8-70.4-54.5-39.7-13.1 G前追 B
動きは悪くないが良い時と比べるともうワンパンチ足りない印象。外回りより小回りの方が合うし、切れる脚よりは長く良い脚を使うタイプ。適性面で他の馬とは見劣る。

ステルヴィオ 美浦 南W 良
3頭併先 69.4-53.5-39.0-11.9 G前追 S
1週前追い切りの反応も良かったし、最終追い切りはラスト1F11秒台をマーク。追い切りを結構みてきているが、美浦の南Wでラスト1F11秒台はなかなかお目にかからない。乗り替わりは不安も、叩き2戦目で出来はかなり良さそうだし、瞬発力を存分に発揮出来れば。

アエロリット 美浦 坂路 良
単走 50.9-37.4-24.9-12.8 馬也 A+
前走をひと叩きされて、状態はかなり上向いている印象。舞台設定や乗り替わりは不安材料も、能力は出せる状態で態勢は整っているとみている。

ミッキーグローリー 美浦 坂路 良
2頭併入 50.9-37.4-24.4-12.2 馬也 S
馬也でも余力たっぷりで、追えばかなり伸びそうな雰囲気。使う度良くなっているイメージがある。乗り替わりは不安だが、馬の能力を引き出せれば善戦可能だと思う。

ジャンダルム 栗東 CW 良
3頭併先 51.1-37.0-11.5 馬也 S
同厩舎、ペルシアンナイトを併せ馬で先着。終始手応えは楽で、ひと叩きされた効果はかなりありそう。前走はジョッキーも突き抜けそうな手応えを感じていたらしいので、叩き2戦目の今回、得意の右回り、重賞勝ちのある京都で人気を落とすようなら狙いたい感じ。鞍上もマイルCSは得意舞台。

ヒーズインラブ 栗東 CW 良
2頭併先 82.8-65.8-50.4-36.6-11.4 強め A+
調教駆けするタイプなので、そこまで評価したくはないが、それにしても良い動き。得意の右回りなら穴を空けてもおかしくないと感じる。京都は馬場が荒れてきているらしく、ハービンジャーの血が騒が可能性も。

ブラックムーン 栗東 CW 良
3頭併先 84.9-67.9-52.1-37.6-12.1 強め B
かなりしっかり追われてまずまずの動き。栗東のCWは時計が出ているので、しっかり追われればこのくらいは普通か。昨年はペースに恵まれて上がり最速をマーク出来たが今年はどうか。

ペルシアンナイト 栗東 CW 良
3頭併遅 50.8-36.8-11.7 G前追 A+
典型的な叩き良化型で今回は昨年同様のローテで同レース連覇を狙う。しかし、ジャンダルムには前走の1週前追い切りでも先着をされており、今回の最終追い切りでも先着されてしまった。叩き2戦目で追い切りの動きも変わると思われたが、あまり変化はない。ジャンダルムが調教駆けするタイプとはいえ、この馬も調教は動く方だし、その点は気掛かり。もちろんレースに行けば変わると思うし、気にし過ぎも良くない。昨年は3歳で斤量にも恵まれたし、展開、馬場と様々な恩恵を受けた。M.デムーロ騎手もノリに乗っていたし、今回は昨年ほど恩恵を受けれなさそうなイメージはある。

レーヌミノル 栗東 CW 良
3頭併遅 84.8-67.1-51.3-37.6-11.7 G前追 A
動き自体は悪くない。昨年は負けて強しの競馬だったし、今年も良い出来にありそうなので見直したい。抑えで。

スポンサードリンク

ロードクエスト 栗東 CW 良
単走 83.3-66.4-51.6-37.7-11.9 G前追 A
追われると鋭い伸びをみせた。個人的には前走の方が仕上がってたようにも思えるが、出来は維持出来ている印象。善戦は可能か。乗り替わりは不安。

カツジ 栗東 CW 良
単走 81.8-64.9-50.9-36.7-11.3 G前追 S
元々調教は動くタイプだが、前走とは見違えるほど良い動き。出来は今までで1番良い出来にありそう。京都のマイルは実績があるし、穴なら狙う価値は十分にありそう。

アルアイン 栗東 坂路 良
2頭併先 52.5-37.8-24.5-12.4 馬也 A
動きは悪くない。出来は前走の方が良いと思うが、その状態をほぼ維持できている印象。マイルGlは初めてだが、適性はありそうだし、そこそこやれて良さそうな印象。

エアスピネル 栗東 坂路 良
2頭併先 51.2-37.6-24.8-12.5 G前追 A
イメージとして昨年の出来と同じくらい。ひと叩きされ状態は上向いていると思うし、昨年2着の舞台。今年も善戦に期待できそう。先週の火曜日に微熱が出たらしく、そこは若干不安。

ケイアイノーテック 栗東 坂路 良
2頭併遅 53.6-39.2-25.5-12.8 馬也 A+
併走馬に遅れをとったが馬也だったし、追えばいつでも交わせた感じだし、動きも軽快で悪くない。中間の内容も良いし、ひと叩きされた効果は見込める。マイルに戻って持ち味を発揮出来れば好走も。

ジュールポレール 栗東 坂路 良
単走 51.4-36.7-23.9-12.1 強め S
ひと叩きされ出来は前走以上。追い切りの動きは今までで1番良いくらいに映る。コース適性も悪くないし、半兄のサダムパテックは2012年の同レースの覇者。昨年はエリザベス女王杯に行ったが、今年は適性面でこちらを選択したと思うし、好走を期待したい。

モズアスコット 栗東 坂路 良
2頭併先 51.5-37.3-24.1-12.0 馬也 S+
最終追い切りを見る限り、出来は確実に前走以上。馬也でも迫力十分で、内容的にも今までで1番良さそう。中間も良い内容だし、まさに目一の仕上げといった感じ。国内のマイルGl、2連覇へ向け視界は良好か。

レッドアヴァンセ 栗東 坂路 良
2頭併先 52.7-38.6-25.0-12.4 G前追 A
動きは決して悪くないし、むしろ良いのだが、出来はヴィクトリアマイル、下手すると前走よりも良くはみえない。前までが良すぎて今回が薄れるイメージ。展開などの恩恵を受けれれば善戦は可能か。

ロジクライ 栗東 坂路 良
単走 53.9-38.7-24.7-12.0 馬也 S
使う度に良くなっているイメージ。1週前追い切り、最終追い切り、ともにかなり良い動き。コース適性も良いし、展開も恵まれそうな今回は良いレースに期待したい。乗り替わりだけ若干不安材料。

 

 

友達追加はこちらから友だち追加

競馬ブログランキングの登録はこちら

中央競馬ランキング

スポンサードリンク

投稿者: yuta

主に週末の競馬の情報を記事にしてます。 追い切り考察や過去10年データなど決まった形をルーティーンにしてやっております。 よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です