【マイルCS 2019/本命馬】

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

 

皆様、楽天マガジンというものはご存知でしょうか?

競馬の予習には欠かせない週刊Gallopや人気競馬雑誌サラブレなどがかなりお得に読めてしまうサービスの事です!

1冊700円以上する週刊Gallopや1冊1000円以上するサラブレが何と月額380円(税抜き)で見ることが出来てしまうのです!

毎週Gallopを購読している方は月に約3000円をお支払いしているわけですね!

サラブレも合わせて購入しているとなると月に約4000円以上ですね!

楽天マガジンならグッと書籍代を約10分の1まで抑えることが出来ます!

週刊Gallopで馬柱を眺めながら週末の下予想をしたい方、サラブレでお気に入りのコンテンツを閲覧したい方にはかなりオススメのサービスだと思います!

スポンサードリンク

書籍代を少しでも抑えてその浮いた分は馬券購入に充てることも可能だと思いますし、こんなサービスもあるのだと1つご参考にしてみて下さい!

楽天マガジンの登録はこちらから!

 

 

 

 

 

 

 

 

1日1回応援クリックして頂けるとすごく嬉しいです!

にほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ1日1回応援クリックして頂けるとすごくうれしいです! 

1日1回応援クリックして頂けるとすごく嬉しいです! 

只今ブログのランキングにて上位を目指して奮闘中でございます!

皆さんのクリックが私のポイントとして換算されますので、応援して頂ける方は気が向いた時で構いませんので、是非バナーのクリックで私の活動支援して頂けると有り難いです!

スポンサードリンク

よろしくお願いします!

 

 

 

 

 

 

 

「YouTube バナー」の画像検索結果

 

2019年の6月より私のYouTubeチャンネルを設立させて頂きました!

YouTubeの方でもブログと並行して調教に関する情報を取り上げていこうと思っていますので、是非チャンネル登録よろしくお願いします!

優太の調教考察会場[追い切り放送局]のYouTubeチャンネル登録はこちらから!

 

 

 

 

 

 

 

【マイルCS 2019/調教考察】はこちらから!

 

 

 

 

 

 

◎12.モズアスコット 和田騎手
昨年のリベンジを果たしたいということでこの馬に2年連続の本命を打たせて頂きます。その昨年は4角の勝負どころで大きく減速する不利がありましたので度外視して良いと思っています。その不利がありながらも内伸び馬場で好走した馬達と0.5秒差と大きくは負けていませんし、巻き返せる余地は残っていると思っています。個人的に大きな決め手となった点は2点ありますので、これから述べていこうと思います。まず1つ目は昨年は叩き2戦目での参戦で、その後に香港マイルを控えていたということに対し、今年は毎日王冠から始動し、更にスワンSを使って、叩き3戦目でここを使ってきたという点です。安田記念を勝った時は連闘策をとったように、詰めて使ってパフォーマンスを上げてくるタイプです。そういった環境で育まれている血統ですので、日本では常識外れかもしれませんが、それがこの馬の特徴として1つ挙げられるとと思います。中2週から中2週と過密なローテーションというのは間違いないですが、この馬に限っては使い込んで良いタイプですので、ここをメイチに仕上げるにはもってこいのローテーションだと思っています。ですが、連闘策で安田記念を勝利してからは割と大事に使われてきたと言いますか、この馬の良さが生きる詰めて使う場面は今年のスワンSまでありませんでしたから、イマイチ上昇し切れなかったというのはここに原因があるのかもしれません。そして2つ目の決め手は相手なりに走れるという点です。この馬は連闘で安田記念を勝つ前の前走、OP特別で敗れています。翌週にGlを勝つ馬が賞金加算が目的で出走したOP特別をも取りこぼしたのです。いくら安田記念を見据えたソフトな仕上げだったとはいえ、OP特別を取りこぼしたのは事実ですから、ここで相手なりに走る馬という認識になりました。つまり、相手が強くなればなるだけハッスルするタイプだと思いますし、今回はかなり相手が揃いましたから、返ってこの馬にとっては良い方へ出るのではないかとすら思っています。以上が大きな決め手の2点となります。追い切りは言わずもがな、動くのは毎度のことなのですが、今回も素晴らしく良い内容を消化してきていると思っています。中2週が2回も続いているのにもかかわらず、更に上昇気配を感じる馬なんて数少ないと思いますし、さすが欧州で育まれた血統馬だなと思います。1週前追い切りではその週の栗東坂路での1番時計をマークしていますし、最終追い切りも中々の好時計をマークしてきました。それでいてまだ馬に余力があったと言うのですから、良い上昇カーブを描けていると思いますし、今年に入ってからは1番良い仕上がりで出走出来るのではないかと思っています。先程も述べたように、この馬は使い詰めた方が良いタイプということで、直前に強い刺激を与えた方が好走に繋がると思います。よって、中2週ではありますが、中間の追い切りで強めの負荷をかけたことによって、それが馬にとって良い刺激になり、レース当日は更に気配が上向いてくる可能性もあると思っています。他の馬がこのようなローテーションでこのような負荷をかけられたらあまりよろしくはないと思いますが、この馬はこのやり方が力を最大限に出せるベストな調整方法だと思いますし、メイチの仕上がりにあると感じています。馬群を縫ってでも抜け出せる点も好材料だと思いますし、日本人ジョッキーの中でも数少ない追える和田騎手に乗り替わるのも好材料だと思っています。直前でしっかりコンタクトもとれていますし、大物食いへ態勢は整ったとみています。

スポンサードリンク

 

 

【マイルCS 2019/調教考察】はこちらから!

スポンサードリンク

 

※無断転載禁止

 

 

【PR】週刊Gallopやサラブレ等を最も安く読むには楽天マガジンがオススメです!

 

 

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります!

血統は大穴馬券と密接に関係があるとつくづく感じますし、血統予想をしていなかったら取れないような馬券も取れることがあります!

私個人としましても、調教の他に血統という知識を頭に入れておければ十分予想に活用出来ると思っていますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います!

そこで私がかなりオススメの血統本を紹介させて頂きます!

血統予想家でお馴染み亀谷敬正氏の血統の教科書です!

この著書には血統の系譜から1頭1頭の種牡馬について丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております!

私も定期的にこの本を読み返していますし、血糖の教科書に書いてある通りになる事も良くあります!

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも足を踏み入れてみようと思っている方は、是非この本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか!

自信を持ってオススメします!

商品の概要リンクを貼っておきますので、是非レビュー等ご覧になってみて下さい!

 

 

血統の教科書の購入はこちらから!

 

 

Twitter→@yuta87oikiriのフォローも宜しくお願いします!

note→note.mu/yuta87oikiriのフォローも宜しくお願いします!

 

 

1日1回応援クリックして頂けるとすごく嬉しいです!

にほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ1日1回応援クリックして頂けるとすごくうれしいです! 

1日1回応援クリックして頂けるとすごく嬉しいです!

只今ブログのランキングにて上位を目指して奮闘中でございます!

皆さんのクリックが私のポイントとして換算されますので、応援して頂ける方は気が向いた時で構いませんので、是非バナーのクリックで私の活動支援して頂けると有り難いです!

よろしくお願いします!

 

 

「YouTube バナー」の画像検索結果

 

2019年の6月より私のYouTubeチャンネルを設立させて頂きました!

YouTubeの方でもブログと並行して調教に関する情報を取り上げていこうと思っていますので、是非チャンネル登録よろしくお願いします!

優太の調教考察会場[追い切り放送局]のYouTubeチャンネル登録はこちらから!

 

 

皆様、楽天マガジンというものはご存知でしょうか?

競馬の予習には欠かせない週刊Gallopや人気競馬雑誌サラブレなどがかなりお得に読めてしまうサービスの事です!

1冊700円以上する週刊Gallopや1冊1000円以上するサラブレが何と月額380円(税抜き)で見ることが出来てしまうのです!

毎週Gallopを購読している方は月に約3000円をお支払いしているわけですね!

サラブレも合わせて購入しているとなると月に約4000円以上ですね!

楽天マガジンならグッと書籍代を約10分の1まで抑えることが出来ます!

週刊Gallopで馬柱を眺めながら週末の下予想をしたい方、サラブレでお気に入りのコンテンツを閲覧したい方にはかなりオススメのサービスだと思います!

書籍代を少しでも抑えてその浮いた分は馬券購入に充てることも可能だと思いますし、こんなサービスもあるのだと1つご参考にしてみて下さい!

楽天マガジンの登録はこちらから!

スポンサードリンク

投稿者: 優太の調教考察会場

主に重賞と新馬の追い切り情報を記事にしてます。 よろしくお願いします。