【マイルCS 2020】最終追い切り後の追い切り考察

【最終追い切り後の追い切り考察[2020]】

2019年の6月より私のYouTubeチャンネルを設立させて頂きました。

YouTubeの方でもブログと並行して追い切りに関する情報を取り上げていこうと思っていますので、是非チャンネル登録よろしくお願いします。

おかげさまでチャンネル登録者数17,000人突破致しました。

いつも本当にありがとうございます。

▶︎チャンネル登録はこちらから

「YouTube バナー」の画像検索結果

 

マイルCS2020出走予定馬の全頭追い切り考察になります。

中間全体を過去と比較したりなんかして個人的に考察しています。

是非参考にしてみて下さい。

よろしくお願い致します。

 

※F評価は間隔が詰まっていて時計を出せていない馬、調整が軽くて評価出来ない馬に付けている評価ですので、決して低い評価というわけではないという事をご理解頂ければと思います。

 

最終追い切り後の追い切り考察

アウィルアウェイ

最終前:中6週 A
最終:栗坂 良 単走 強め B
最終追い切り前の内容からみていきますと、いつも通り坂路で良い内容を消化出来ていると思います。前走は展開に恵まれた印象も強いですし、マイルでどうかというところはありますが、引き続き体調はキープ出来ていると思いますので、最終追い切りで更に上向いてくるようなら楽しみかなと思います。その最終追い切りですが、この馬なりに動けてはいるものの、終始力んで走っているように映る点は気になりますし、今回はマイルに2F延長しますから、その点がどうでしょうか。動きも悪くなく、状態は維持出来ていると思いますが、そう大きく変わってきた様子はありませんし、マイルに距離が延びて良いタイプの走りには映りませんでした。

アドマイヤマーズ

最終前:中2週 F ◆中間自己ベスト(栗坂)
最終:栗CW 良 単走 強め A
最終追い切り前の内容からみていきますと、中2週でも自己ベストが出ているように、体調は良いと思うのですが、決して楽にマークした自己ベストではないと思うので、過剰に評価はしません。ただ、このひと追いでグンと変わってくる可能性もあると思いますので、最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、ゆったりとしたフットワークで、動きも悪くはありませんが、今の速い馬場向きかと言われると疑問です。個人的には長く脚を伸ばす点やパワーが武器だと思っていますので、やはり多少はタフな要素が加わった方が良いタイプだと思いますから、雨量や馬場次第ではという1頭だと思います。

インディチャンプ

最終前:5ヶ月 A
最終:栗坂 良 併せ先着 強め A+
最終追い切り前の内容からみていきますと、初の併用でしっかりと乗れていますし、動きそのものも上々だと思います。ただ、スプリンターズステークスを使う予定が使えなかったりと、順調さを欠いていることは事実としてあります。元々叩いて良くなるタイプの馬ですし、実際に休み明けのレースで追い切りは抜群に動いたがレースでは走らなかったというのも記憶として残っていますので、その点が今回どう出るでしょうか。一応あともうひと追いありますので、最後まで注目して見ていきたいです。その最終追い切りですが、さすがはG1ホースといった印象で、貫禄ある走りを披露してきました。1週前追い切りの時点では仕上がりに半信半疑でしたが、当週の追い切りでしっかり仕上がったということが確認出来ました。ただ、以前重賞で、攻め動いても休み明けはこの馬らしい走りが出来ていませんでしたから、その点がどうかだけだと思います。あと付け加えるなら、昨年の最終追い切りの方がドスファンゴのようで、今年はファンゴ級だと思っていますから、前走比だと上昇も、昨年比だと下降気味に感じました。

ヴァンドギャルド

最終前:中3週 A
最終:栗芝 良 単走 強め A+
最終追い切り前の内容からみていきますと、間隔が詰まっているので終い重点の内容が1本。引き続き体調はキープしていると思いますが、今のところ大きな上積みは感じられないので、あともうひと追いでどこまで良くなってくるのかに注目したいです。その最終追い切りですが、芝コースの終い重点ですから、良く見せて当然と言えば当然なのですが、非常に軽やかなフットワークで良い動きだったと思います。前走を使った効果もありそうですし、ここでも力は出し切ってくれるとみていますので、馬券には入れたい1頭に感じます。

カツジ

最終前:中2週 F
最終:栗CW 良 単走 強め B
最終追い切り前の内容からみていきますと、中2週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、変わらず追い切りでは動いていますが、攻め駆けするタイプということは忘れてはならない馬だと思います。前走は岩田康成騎手が上手く乗ったと思いますし、前走1200mを使っていたことや、初めて逃げたことなど全てが良い方へ出ての好走だったとみています。今回も変わらず状態は維持しているでしょうが、前走と馬場も異なりますし、距離も1F延びますので、その点でどうでしょうか。

グランアレグリア

最終前:中6週 A
最終:美南芝 良 併せ同入 強め A ◆自己ベスト
最終追い切り前の内容からみていきますと、前走はレース前日まで坂路で時計を出してくるなど非常に意欲的でしたし、その前走が10の出来とするならば今回は8くらいのイメージです。しっかり本数はやれているものの、時計は控えめに映りますし、肝心の動きもまだ良化途上という印象です。ただ、先週の日曜日に追加で追い切って、そこでようやく上向いてきた感じもしますので、その効果が最終追い切りで見られればと思います。その最終追い切りですが、動きは悪くはないですし、及第点の動きにはあるのかなという印象です。一応芝追いで自己ベストをマークしていますが、これはサンプルが少ないので評価に値しません。1つ、最終追い切りを芝追いにしてきたという点は少しだけ気になってしまいます。藤沢厩舎はたまに芝追いを取り入れてくる厩舎なのですが、その場合のほとんどが好結果に結び付いていません。やはり最後まで負荷をかけるという意味でもウッドチップコースで追ってきた時の方が良績が出ていますし、グランアレグリア自身も初めての最終追い切り芝追いですので、この点が1つ気になっています。

ケイアイノーテック

最終前:中3週 B
最終:栗坂 良 単走 馬也 A
最終追い切り前の内容からみていきますと、自己ベストに迫る速い時計はマークしてきましたが、動き自体はそこまで良いものではなかったと思っています。良い時はもっと終いで切れますので、最終追い切りではその点に注目して見ていきたいと思います。その最終追い切りですが、前走以上に動けていると思いますし、上昇気配を感じます。ただ、もっと動く時は動けますので、大幅上昇とまではいかないかなとみています。攻め内容からはもっとやれて良い馬だと思っていますので、人気薄なら抑えたい存在です。

サウンドキアラ

最終前:中2週 F
最終:栗坂 良 単走 馬也 A+
最終追い切り前の内容からみていきますと、中2週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、前走を1度使った効果が感じられる追い切りとなりました。この動きなら楽しみを持って挑めると思いますし、連勝時の出来と比較しても遜色ありませんから、巻き返しに期待して良さそうです。人気落ちならかえって狙い目かもしれませんし、抑えたい存在です。

サリオス

最終前:中5週 A
最終:美南W 良 併せ先着 強め A
最終追い切り前の内容からみていきますと、こなしている内容は悪くないですし、引き続き状態は保てているとは思いますが、前走の毎日王冠がかなり良い仕上がりだったように感じるので、その点からも大きな上積みがあるかは疑問に感じます。1週前追い切りも終いの甘さを見せましたので、その点が改善されてくるのか否かというところは最終追い切りで注目したいポイントになりそうです。その最終追い切りですが、全体時計は良いものが出ましたし、終いの反応なんかも良かったのですが、前走から大きく変わってきた様子はありません。むしろ前走が仕上がり過ぎていたくらいに感じていて、個人的には上積みがありそうなら今回なお良かったと思うのですが、そこだけが気になるところです。

スカーレットカラー

最終前:中2週 F
最終:栗CW 良 併せ遅れ 馬也 B
最終追い切り前の内容からみていきますと、中2週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、攻め動くタイプらしく動きは悪くありませんが、前走もかなり動けていましたので、過剰に評価はしません。引き続き状態は維持出来ていると思いますが、今回も引き続き相手は揃っていますし、その中でどういった競馬が出来るかでしょう。

タイセイビジョン

最終前:中3週 A ◆中間自己ベスト(栗CW6F②)
最終:栗CW 良 単走 強め A
最終追い切り前の内容からみていきますと、珍しくトラックで長めをメインに追われており、自己ベストも2度塗り替えています。ただ、いつも坂路メインで乗り込まれる馬ですので、この自己ベストはサンプルが少ないという意味でも過剰に評価はしない方が良いと思っています。肝心の動きは悪くないので、最終追い切りで更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、最後までウッドチップコースで追い切ってきました。これは初めてのことですから、多少違和感を感じるものの、肝心の動きはとても迫力ある良い動きだったと思います。前走以上の気配を感じますし、この舞台でも重賞勝ちがありますから、人気薄なら面白い存在になり得る馬だと思います。

ブラックムーン

最終前:3ヶ月 B
最終:栗CW 良 併せ遅れ 強め B
最終追い切り前の内容からみていきますと、意欲的に調整はされているものの、良い頃と比べると物足りなさが残りますし、良化途上というイメージです。もっと動ける馬だと思いますので、最終追い切りでは少しでも良化を感じられるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、新馬相手に併せ馬で遅れをとってしまいました。追走してのものとはいえ、良い傾向とは言えないですし、大きく変わってきた様子もありませんので、現状でどういった走りが出来るかだと思います。

ベステンダンク

最終前:中2週 F
最終:栗坂 良 単走 強め A+
最終追い切り前の内容からみていきますと、中2週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、たまに攻めでも動くのですが、今回がその時だと思います。良く動けていますし、状態は凄く良いと思いますから、個人的には狙い時に感じています。藤岡佑介騎手とも手が合うようですし、前目で立ち回ることが出来るようなら面白いと思います。

ペルシアンナイト

最終前:中3週 B
最終:栗CW 良 併せ先着 強め A
最終追い切り前の内容からみていきますと、攻めは抜群に動いてくる馬なのですが、今回の1週前追い切りは地味に映りました。本数はしっかりやれているものの、動きがまだまだという印象ですので、あともうひと追いでその動きにも良化を感じられるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、1週前追い切りとは打って変わって、動きに切れが出てきました。マイルCSで3年連続馬券になっているように、この時期は合ってそうですし、今年も1度使われて状態は上向きだと思っています。年齢的にもそう大きく変わってくるイメージは湧きませんが、重賞勝ちのある舞台に移って少しでもパフォーマンスが上がれば。

メイケイダイハード

最終前:2ヶ月半 B
最終:栗坂 良 単走 強め B
最終追い切り前の内容からみていきますと、いつも通り坂路メインで乗れてはいるものの、肝心の内容は案外に映ります。もっと動ける馬だと思いますので、最終追い切りでは少しでも前進を感じたいところです。その最終追い切りですが、この馬なりに動けてはいるものの、時計動き共にそこまで強調は出来ないように感じます。出来は近走と変わりない中でどういった競馬が出来るかでしょう。

ラウダシオン

最終前:中3週 A ◆中間自己ベスト(栗CW6F)
最終:栗CW 良 併せ先着 強め A
最終追い切り前の内容からみていきますと、長めをきっちり追われ、自己ベストも塗り替えている点に好感が持てます。動きも素軽いですし、1度休み明けを使った効果もあるとみています。あともうひと追いありますので、更に良くなってくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、動き自体は前走からそう大きく変わってきた様子はありませんでしたが、非常に持続力に長けていそうな走りを披露してくれましたし、ここに向けて出来は良いと思っています。1度使った効果も見込めると思いますし、立ち回りの巧さを生かせれば。

レシステンシア

最終前:6ヶ月 S
最終:栗坂 良 単走 馬也 A+
最終追い切り前の内容からみていきますと、骨折明けの半年ぶりとは思えないほど動けていると感じます。そもそも骨折は軽度のものだったということですから、過剰に気にしなくても良いと思っています。調整のピッチは3週間前からグンと上がっていて、週を重ねる毎に良化してきたという感じです。坂路ではデビュー前から動いていましたので、過剰に評価し過ぎるのはどうかと思ったのですが、とにかく1週前追い切りの動きがかなり良く見えたので素直に評価させて頂きます。踏んだラップ、動きの迫力、どれをとっても高いレベルにあったと思いますし、これなら休み明けでも、と思わせてくれたのが1週前追い切りでした。そして北村友一騎手が2週続けて追い切りに跨っている点にも好感が持てますし、最終追い切りで更に良化してくるようならかなり楽しみになってくるなという印象です。その最終追い切りですが、1週前追い切りに引き続き動きはもちろん良く、3週続けて北村友一騎手が騎乗している点も凄く好感が持てます。踏んだラップも上質な加速型の持続ラップで、促せば楽々加速型加速ラップを踏めたであろうという内容でした。手前も最後にキチッと替えていましたし、久々でも出来は申し分ないと思いますので、あとはこの馬の競馬をするだけだと思っています。

 

追い切りBEST4

 

【最終追い切り前】

1位レシステンシア

2位ベステンダンク

3位ラウダシオン

3位インディチャンプ

【最終追い切り】

1位レシステンシア

2位サウンドキアラ

3位ヴァンドギャルド

3位ベステンダンク

【最終追い切り後】

1位レシステンシア

2位サウンドキアラ

3位ベステンダンク

3位ヴァンドギャルド

 

追い切りシート完成版

 

買‥攻め内容から個人的に買いと感じる馬

危‥攻め内容から個人的に頭までは?と感じている馬

 

※無断転載禁止

 

✔︎追い切りの基礎を固めるにはこの1冊で十分

最近はTwitterやYouTubeなどのSNS上で独自の見解・考察を発信する人が増えて参りました。競馬界全体が活性化されて大変良いことだと思います。こちらは追い切りを“独学”したいという方に是非おすすめしたい1冊です。この1冊だけで大凡追い切りの基礎は固められると思いますし、書いているのは「競馬予想TV!」にもご出演しており、追い切りという分野で名を馳せている井内利明氏ですから、買って損をするということはほぼないと思います。この1冊から吸収して、オリジナリティを出していけば、独自の予想法を構築出来ると思いますので、是非興味のある方は手にとってみて下さい。追い切りに興味のある方は読んで損はないと思います。

▶︎『増補改訂版 競馬に強くなる調教欄の取扱説明書』の購入はこちらから

タイトルとURLをコピーしました