【ユニコーンS 2019/調教考察[最終追い切り]】

スポンサードリンク

YouTubeも始めました!

チャンネル登録よろしくお願いします!

チャンネル登録はこちらをクリック!

 

 

 

 

 

アシャカトブ 美南W 良 大野 ◆自己ベスト
2頭併入 68.6-53.9-39.6-12.6 馬也 A+
最終追い切りはとても良い動き。調教では元々動くタイプと見ているが、併走馬のイーグルフェザー(古オープン)を圧倒。手応えも終始余裕だったし、最終追い切りの動きを見る限りは、状態はとても良いと感じる。上位馬との差は感じるが、出来は良いので善戦は期待出来そう。

 

 

 

 

 

 

ヴァイトブリック 美南W 良 助手
3頭併遅 69.5-53.5-39.1-13.3 強め B
最終追い切りはやや物足りなく感じる内容。約1ヶ月間隔が空いたが、消化してきた本数は最終追い切りを合わせ2本。最終追い切りは大きく併走馬を追走する形だったので、先着出来なかったのは致し方ないとして、時計面や負荷のかけ方を見るからには絶好調とは言えなさそう。前走が-18kgでの出走だったこともあり、この中間は馬体を戻すのに一苦労したイメージ。人気するようなら、積極的には買いたいと感じない1頭。

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

オンザウェイ 美南W 良 助手
2頭併入 70.7-55.4-40.5-13.5 強め B
最終追い切りは平凡な動き。新馬相手に互角の動きだったし、その後ろで走っていた馬の方が勢いは上。全体の時計も平凡だし、その割に終いの脚も案外。以前よりは軽快さが増した印象は受けるも、今回は相手が揃うのでどうか。

 

 

 

 

 

 

デアフルーグ 美南W 良 津村
3頭併先 84.0-69.0-54.4-40.3-12.9 強め A+
最終追い切りは抜群の伸び脚を披露。追走する形も良かったし、追われてからもしっかりと脚を伸ばした。追えば追うだけ伸びるイメージがあったし、体調は万全に感じる。1週前追い切りの動きも良かったし、最終追い切りもとても良い走りだったので、調教通りの走りを本番も見せられれば、勝機は十分あると思う。

 

 

 

 

 

 

ダンツキャッスル 栗CW 稍重 助手
単走 83.4-66.6-51.3-37.7-11.7 強め B
最終追い切りはまずまずの動き。調教はもう少し動いて良いタイプだと思うが、今回は控えめな最終調整に。走りにも若干硬さがあるように見受けられたし、久しぶりのワンターンのスピード競馬にも対応出来るかは疑問。

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

ノーヴァレンダ 栗CW 稍重 藤懸
2頭併先 81.7-66.5-51.6-37.8-11.5 強め A
最終追い切りは悪くない動き。併走馬を2秒以上追走していたので、最後に脚色が同じになったのは仕方ないと感じる。ただ、1週前追い切りで自己ベストを4秒以上も更新した点は評価したいし、ここへ向けて攻めに攻めた調整が施されていると感じる。状態の良さで上位馬達とどこまで差を詰められるか。

 

 

 

 

 

 

ワイドファラオ 栗CW 稍重 助手 ◆自己ベスト
2頭併先 84.5-67.4-52.5-38.3-12.1 強め B
最終追い切りはまずまずの動き。自己ベストとはいえ、時計は平凡なので過度に評価はしない。追っつけてからの反応も悪くないし、動きも悪くはないが、強調出来る点があまりなかった。初ダートがハマれば怖いが。

 

 

 

 

 

 

ヴァニラアイス 栗坂 良 助手
単走 53.9-39.5-25.7-12.4 馬也 A
最終追い切りは良い動き。調教は動くタイプとはいえ、1週前追い切りでも栗坂で49秒台の猛時計をマーク出来ているので、最終追い切りは終いの脚を伸ばす程度で十分かと。脚捌きも軽く、状態は良い状態にありそう。距離延長が鍵になりそうだが、ワンターン競馬ならこなせても。

 

 

 

 

 

 

エルモンストロ 栗坂 良 三浦
2頭併先 54.1-39.3-25.2-12.5 馬也 A
最終追い切りは良い動き。併走馬のロードマドリード(古馬1勝)よりも手応えは優勢だったし、動き自体は悪くないと感じる。休み明けでもある程度は仕上がっていると思うし、穴なら狙い目も十分。

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

サトノギャロス 栗坂 良 助手
2頭併先 54.3-38.6-25.0-12.6 強め B
最終追い切りはまずまずの動き。良い時はもっと時計を出してこれるし、終いの脚ももう少し切れて良い気もする。400mの距離延長に対応が出来れば善戦も。

 

 

 

 

 

ニューモニュメント 栗坂 良 助手
2頭併先 54.2-38.9-25.2-12.4 強め A
最終追い切りはとても良い動き。1週前追い切り、最終追い切り共に格上馬に先着を果たしたし、動きにも迫力を感じた。前走は大外を回すロスもあったし、上位馬との差はそう大きくないのかもしれない。状態はここ最近では1番と見ている。

 

 

 

 

 

デュープロセス 栗坂 良 助手
単走 58.6-41.5-25.3-12.0 強め A
最終追い切りは悪くない動き。時計は平凡だが、追われてからのスピード乗りは申し分ないと感じる。前走後のインタビューでは「後ろから馬が来れば来るだけ伸びるイメージがある」と鞍上も言っていたし、レースに行ってこそ本来の走りが見られるタイプなのかもしれない。1週前追い切りの動きも良かったし、外枠を引ければ引き続き期待したい。

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

ロードグラディオ 栗坂 良 助手
単走 54.2-39.0-25.0-12.4 一杯 B
最終追い切りはまずまずの動き。この中間は目立つ内容は消化出来ていないが、前走よりは良い状態で出てきそう。最終追い切りもビッシリと追われてまずまずの伸びを見せていたし、初ダートが良い方へ出るようなら。

 

 

《調整過程を見て、、、頭まではどうかな?と感じる人気馬》
×ヴァイトブリック

《調整過程を見て、、、頭まではどうかと思うが馬券に絡んでも不思議ないと感じる穴馬》
☆エルモンストロ
☆ニューモニュメント
☆ヴァニラアイス

 

函館スプリントSとユニコーンSの本命対抗候補はこちらから

 

YouTubeも始めました!

チャンネル登録よろしくお願いします!

優太の調教考察会場のYouTubeチャンネルはこちらをクリック !

 

記事内で疑問点や質問したい事があればTwitterサブアカウント(@yuta87oikiri2)のDMまで宜しくお願いします!
些細な事でも結構です!
本アカウント(@yuta87oikiri)のフォローも宜しくお願いします!

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

 

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

 

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、血統予想をしていなかったら取れないような馬券も取れることがあります。

私個人としましても、調教の他に血統という知識を頭に入れておければ予想に活用できると思っていますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

この著書には血統の系譜から1頭1頭の種牡馬について丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも足を踏み入れてみようと思っている方は、是非この本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

商品の概要リンクを貼っておきますので、ご覧になって行って下さい。

 

 

スポンサードリンク

投稿者: 優太の調教考察会場

主に重賞と新馬の追い切り情報を記事にしてます。 よろしくお願いします。