【レパードステークス 2020】最終追い切り後の追い切り考察

【最終追い切り後の追い切り考察[2020]】
スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

【レパードステークス 2020〈前編〉】最終追い切り前の追い切り考察【優太の追い切り考察会場】[追い切り放送局][競馬][追い切り]

2019年の6月より私のYouTubeチャンネルを設立させて頂きました!

YouTubeの方でもブログと並行して追い切りに関する情報を取り上げていこうと思っていますので、是非チャンネル登録よろしくお願いします!

おかげさまでチャンネル登録者数17000人突破しました!

いつも本当にありがとうございます!

優太の追い切り考察会場[追い切り放送局]のYouTubeチャンネル登録はこちらから!

「YouTube バナー」の画像検索結果

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レパードステークス2020出走予定馬の全頭追い切り考察になります。

中間全体を過去と比較したりなんかして個人的に考察しています。

是非参考にしてみて下さい。

よろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※F評価は間隔が詰まっていて時計を出せていない馬、調整が軽くて評価出来ない馬に付けている評価ですので、決して低い評価というわけではないという事をご理解頂ければと思います。

最終追い切り後の追い切り考察

アポロアベリア(除外)

中間:中6週 B
最終:美南W 良 併せ遅れ 強め B ◆自己ベスト
中間の内容からみていきますと、特に目立つ内容は消化しておらず、平凡な内容が目立っています。最終追い切りでどこまで上向いてくるのかに注目です。その最終追い切りですが、自己ベストは出て状態は悪くなさそうですが、終いが止まってしまっている点は気になります。もう少し楽に動けるようになれば良いと思いますし、現状でどれだけ走れるのか注目です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エイシンアメンラー(除外)

中間:2ヶ月半 A
最終:栗坂 良 単走 強め A
中間の内容からみていきますと、栗CWコースで長めを追われているように、意欲的な攻め内容が目立ちます。調子も現段階では前走以上に感じていますし、あともうひと追いで更に上向いてくるよくなら楽しみです。その最終追い切りですが、坂で地味なタイプにしては動けている方だと思いますし、長く良い脚を伸ばしているように映りました。自ら先手をとって、渋とさを生かせる展開になれば、見せ場があって良い1頭だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エバンタイユドール(除外)

中間:中3週 B
最終:美南W 良 単走 強め B
中間の内容からみていきますと、特に目立つ内容は消化出来ておらず、平凡な内容が目立ちます。最終追い切りでどれだけ上向いてくるのかに注目です。その最終追い切りですが、時計的にも内容的にも平凡に感じますし、良い頃と比べても物足りなさを感じます。まだ良くなりそうですし、現状でどれだけ走れるのか注目です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エピキュール(除外)

中間:中5週 A
最終:栗坂 良 併せ先着 一杯 A ◆自己ベストタイ
中間の内容からみていきますと、1週前追い切りの内容は悪くないと思いますし、追うごとに良化しているイメージです。あともうひと追いありますので、どこまで上向いてくるかに注目です。その最終追い切りですが、坂路で活気溢れる走りを披露してきました。ラチ沿いを力強く伸びましたし、加速ラップで最後まで余裕を持っての登坂でしたので、これは状態が良いと思います。ある程度流れてこの馬向きの流れになれば、1発に期待して良いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キッズアガチャー(除外)

中間:中6週 B
最終:栗CW 良 併せ先着 馬也 B
中間の内容からみていきますと、本数は消化出来ているものの、内容は近走と比較すると物足りなく感じます。まだ良化途上の印象ですので、最終追い切りでの上昇度合いには注目です。その最終追い切りですが、悪い動きではありませんが、そう大きく変わってきた様子はありませんし、調子は平行線という印象です。攻めもどちらかというと動けるタイプですから、そう考えると並だと思いますし、現状でどれだけやれるかだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ケンシンコウ

中間:中6週 B
最終:栗坂 良 併せ先着 強め A
中間の内容からみていきますと、穴をあけた前走と比較すると、やや攻め控えられている印象です。状態は維持出来ていると思いますが、大幅な上積みはどうでしょうか。あともうひと追いありますので、更に上向いてくるのかに注目です。その最終追い切りですが、時計的には強調出来ませんが、力強い動きでしたし、余力を残しながらこういった登坂が出来たのは評価したいです。前走は展開が上手く嵌った感は否めませんが、それなりの脚力は秘めていると思いますし、状態維持のここも展開次第ではという1頭だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ショウナンマリオ(除外)

中間:中3週 B
最終:美坂 良 単走 一杯 A
中間の内容からみていきますと、中3週と間隔が詰まっている割に本数も乗れていますし、時計も出せているのですが、もうワンパンチ覇気に欠ける印象です。近2走の方が攻めで良く動けていたと思いますし、そう考えるとまだ良化途上にも感じてしまいます。あともうひと追いありますので、最終追い切りでどこまで上向いてこれるのかに注目したいです。その最終追い切りですが、追われるとしっかりそれに応え反応していますし、スピード乗りの良さも見て取れました。坂ではこれくらい動けるタイプとはいえ、引き続き良い状態を保てていると思いますし、2戦2勝の新潟コースで巻き返しに期待が持てそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイガーインディ

中間:中2週 F
最終:栗坂 良 単走 一杯 A ◆自己ベスト
中間の内容からみていきますと、中2週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、長く良い脚を伸ばせていましたし、状態は勝って更に上向いているというイメージです。距離が2F延びてどうかという面はありますが、引き続き状態は良いと思いますし、現状でどれどけやれるか注目です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダンツエリーゼ

中間:中2週 F
最終:栗坂 良 単走 一杯 B ◆自己ベスト
中間の内容からみていきますと、中2週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、自己ベストも更新していますし、引き続き状態は良いとは思うのですが、近2走と比較すると動き切れなかったかなという印象です。それが間隔が詰まっているからかはわかりませんが、割とコンスタントに使われている馬ですし、そこまで大きな上積みには期待出来ないように感じます。それに坂路追いのサンプルも少ないですし、この自己ベストは過剰に評価するべきものではないと感じましたので、評価は抑えめです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デュードヴァン

中間:中6週 B
最終:美南W 良 併せ先着 馬也 A
中間の内容からみていきますと、この馬にしてはやや物足りない攻め内容が並んでいますし、近走の出来と比較してももうワンパンチ足りない印象です。もっと動ける馬だと思いますから、最終追い切りでの上昇度合いには注目です。その最終追い切りですが、ようやくこの馬の走りを披露してくれたかなと思います。ただ、個人的には何とか軌道に乗せてきたという印象なので、一気に評価を上げるわけにはいかないのですが、相手には抑えたいと思わせる動きを披露してくれたので、一定の評価はしたいと思います。ここに直結するかしないかは別として、前走の走りは悪くなかったですし、ポテンシャルの高さで持ってくる可能性もあるとみています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デルマオニキス(除外)

中間:中3週 B
最終:美南W 良 併せ先着 強め B
中間の内容からみていきますと、特に目立つ内容は消化しておらず、平凡な内容が目立っています。最終追い切りでどこまで上向いてくるのかに注目です。その最終追い切りですが、先行する形で追い出しを待っていたのですが、並ばれるとあっさりと交わされてしまったので、この点は1つ気になります。機動力がないだけかもしれませんが、併走馬は格下馬でしたし、もう少し楽に動けて良いタイプかなとも思います。ただ、前走を使った上積みはあると思いますし、ペースが流れて持ち味が生きるようなら楽しみだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テーオーケインズ(除外)

中間:2ヶ月半 A
最終:栗CW 良 併せ先着 強め A
中間の内容からみていきますと、トラックと坂路併用で乗り込まれ、順調に仕上がりは進んでいる印象です。追うごとに良化していると思いますし、あともうひと追いで更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、長く良い脚を伸ばしつつ、併せ馬でしっかりと先着を果たしていますし、動き自体も水準級だったと思います。まだ走りに幼さだったり、ハミ受けの悪さを見せていますが、真面目に走ればやれて良いと思いますし、ポテンシャルの高さに期待したいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニュートンテソーロ

中間:中5週 A
最終:美南W 良 併せ同入 強め A ◆自己ベスト
中間の内容からみていきますと、トラックと坂路併用で乗り込まれ、順調に仕上がりは進んでいる印象です。最終追い切りで更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、攻め動く併走馬に劣ることなく、最後まで余力を残しながら駆け抜けました。戦績から距離延長が良い方へ出る可能性もあると思いますし、上積みのありそうな今回は楽しみを持って挑めると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハギノアレグリアス(除外)

中間:中2週 F
最終:栗坂 良 単走 強め B
中間の内容からみていきますと、中2週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、長く良い脚を伸ばせていたと思いますし、引き続き状態は維持出来ていると思います。加速ラップになっていればなお良かったですが、それでも水準の動きは出来ていると思いますし、この馬にしてまずまずの出来で出走してきそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バンクオブクラウズ

中間:中3週 B
最終:栗CW 良 併せ先着 一杯 B
中間の内容からみていきますと、前走時の出来と比較するとやや見劣りますし、良化の余地はありそうな印象です。1週前追い切りでしっかりやっていますので、このひと追いで最終追い切りでの動きが良化してくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、本来もう少し楽に動けて良いタイプの馬ですが、終いがいつもより重っ苦しい気がします。まだ良くなる余地が残されていると思いますから、現状でどれだけ走れるかに注目です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒロイックテイル(除外)

中間:中4週 B ◆中間自己ベスト(栗CW6F)
最終:栗CW 良 併せ遅れ 一杯 B
中間の内容からみていきますと、全体の時計は出ているものの、終いは減速してしまっていますし、まだ良くなる余地は残されているように感じます。最終追い切りでしっかりと上向いてくるかに注目です。その最終追い切りですが、これまでになくズブさを見せる追い切りになっていたかなと思います。併せた新馬と五分五分の動きでしたし、これまでの攻め内容を考えると評価はそこまで上がらずでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フェイバリット

中間:中2週 F ◆中間自己ベスト(美坂)
最終:美南W 良 単走 一杯 B ◆自己ベスト
中間の内容からみていきますと、中2週のため軽めの調整が目立っています。自己ベストは出ているものの、坂路でのサンプルは少ないですから、過剰な評価は禁物に感じます。そういったことも含め、最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、自己ベストが出ているように、調子は良いと思いますが、肝心の動きはそこまでというのが本音です。まだ良くなりそうですし、現状でどれだけ走れるのかに注目したいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブランクチェック

中間:2ヶ月 A ◆中間自己ベスト(美南W5F)
最終:美南W 良 併せ同入 強め A
中間の内容からみていきますと、意欲的な攻め内容が目立ちますし、追うごとに良化している印象です。とはいえ、まだ良くなりそうなので、最終追い切りでの上昇度合いには注目です。その最終追い切りですが、終いの伸び脚は際立っていましたし、状態の良さが窺えます。出来としてもこれまでになく良いと思いますし、後は1800mに対応出来るか否かというところが鍵になってくると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フリーフロー

中間:中6週 A
最終:美南W 良 併せ同入 強め A ◆自己ベスト
中間の内容からみていきますと、トラックと坂路併用で乗り込まれ、順調に仕上がりは進んでいる印象です。速い時計を出せていないという点は気になりますが、最終追い切りでピリッとさせてくれば問題ないと思いますので、そういった意味でもあともうひと追いには注目です。その最終追い切りですが、攻め動くタイプらしく良い動きだったと思いますし、前走以上の仕上がりにあると感じます。併せた相手よりも手応えの良さで上回っていましたし、自己ベストも更新出来ていますから、状態の良さでどこまでやれるのかに注目です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フレイムウィングス

中間:中1週 F
最終:栗CW 良 単走 馬也 B
中間の内容からみていきますと、中1週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、ローテーションも影響してか軽めの調整となりました。この間隔ですし、これで問題ないのでしょうが、前走でグッと馬体重を減らしてきているように、勝負は前走だった気もしています。攻め内容も前走は良かったですし、勢いでどこまでやれるかだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロヴィデンス(除外)

中間:2ヶ月 B ◆中間自己ベスト(美南W5F)
最終:美坂 良 併せ同入 一杯 B ◆自己ベスト
中間の内容からみていきますと、意欲的な攻め内容が目立っていますし、全体時計も速い時計をマーク出来ていますが、もうワンパンチ足りない印象です。しっかり追われたことで、素軽さが増してくれば良いと思いますし、最終追い切りの動きにも変化が見られればと思います。その最終追い切りですが、坂路で好時計、好ラップを踏めていますし、引き続き状態は維持出来ていると思います。自己ベストは出ていますが、坂路では動く馬ですから、過剰に評価するのは禁物に感じます。距離延長も鍵になると思いますし、現状でどこまでやれるかだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミヤジコクオウ

中間:中4週 A
最終:栗坂 良 単走 強め A
中間の内容からみていきますと、攻めは地味なタイプなのですが、坂路で良い内容を消化出来ていますし、引き続き良い状態は保てていると思います。最終追い切りの動き次第では前走以上の出来とも言えると思いますし、あともうひと追いには注目して見ていきたいです。その最終追い切りですが、時計的には強調出来ませんが、動きそのものは良かったと思いますし、坂で地味なタイプにしては動けた方だと思います。引き続き状態は良いと思いますし、展開次第ではここでも当然やれる馬だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メイショウカズサ(除外)

中間:中4週 B
最終:栗坂 良 単走 強め B
中間の内容からみていきますと、特に目立つ内容は消化しておらず、平凡な内容が目立っています。最終追い切りでどこまで上向いてくるのかに注目です。その最終追い切りですが、走りにややばらつきもあり、馬の若さが目立っている印象です。とはいえ、毎回このような内容で善戦しているので、そこまで悪くは思っていませんが、重賞ともなるとこれではどうなのと思ってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メイショウダジン

中間:2ヶ月半 B
最終:栗CW 良 併せ同入 強め B
中間の内容からみていきますと、まずまずの内容は消化出来ていますが、まだ良くなる余地は残されているように感じます。1週前追い切りではビッシリと追われていますので、最終追い切りでどこまで上向いてくるのかに注目です。その最終追い切りですが、渋とく長く良い脚を伸ばしているように映りましたが、前走はもう少し楽に動けていたようにも感じますし、そこまで大きな上積みがあるようには思えませんでした。引き続き状態は維持出来ていると思いますし、芝の重賞も2戦経験していますから、その点が上手く生きてくれば、いくらか楽しみはありそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライトウォーリア

中間:中3週 A
最終:栗坂 良 単走 強め B
中間の内容からみていきますと、坂路でまずまず動けていると思いますし、負荷も掛けられていると思います。まだ良くなりそうな雰囲気がありますので、最終追い切りでしっかり上向いてくるのかに注目です。その最終追い切りですが、良い頃と比べると若干見劣る動きだったかなと感じました。更に言うと加速ラップも踏んで欲しかったですし、この馬の良かった頃の坂路でのラップではなかったように感じます。鞍上との相性が良いので怖さはありますし、極端に悪いとは言えないので、3列目あたりには入れたいと思う1頭です。

 

 

 

 

 

 

 

 

ラインベック

中間:中4週 A+
最終:栗坂 良 単走 馬也 A
中間の内容からみていきますと、トラックと坂路併用でしっかりと乗り込まれていますし、攻めで地味なタイプにしては良く動けている方だと思います。攻めで動く併走馬にも併せ馬で先着を果たせていますし、現状でも良い出来にあると思いますが、最終追い切りで更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、坂路を楽な手応えで駆け抜けましたし、引き続き出来は良いとみています。前走同様坂路締めということで、同じ調整パターンで来れているという点も良いですし、ここに向けて良い状態を保てていると感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラストマン(除外)

中間:2ヶ月 A
最終:美南W 良 併せ同入 強め A
中間の内容からみていきますと、順調に乗り込まれ、追うごとに良化してきている印象です。まだ良くなる余地は残されているイメージですので、最終追い切りで更に上向いてくるのかに注目です。その最終追い切りですが、併走馬にやや手応えで見劣ったものの、相手は攻めで動く馬でしたし、そこは仕方ないと思います。この馬自身はしっかりと動けていましたし、順調に仕上がりは進んだとみています。引き続き出来は良いと思いますので、勝った勢いのまま、どこまでやれるか注目です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラブリーエンジェル

中間:中6週 B
最終:美南W 良 併せ同入 強め B
中間の内容からみていきますと、まずまずの内容は消化出来ていますが、まだ良くなる余地が残されている印象です。もっと動ける馬だと思いますから、最終追い切りではもう少し楽に動けるようになっていれば良いと思います。その最終追い切りですが、反応はイマイチだったかなと思っています。前走の方が動けていた印象ですし、出来落ち感の方が強そうです。現状でどれだけ走れるかに注目です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

追い切りBEST4

 

1位フリーフロー

2位ニュートンテソーロ

3位ミヤジコクオウ

3位ラインベック

 


追い切り以外の面も加味した現時点でのイチオシ穴馬はこちらから!

 

※無断転載禁止

 

 

【レパードステークス 2020〈前編〉】最終追い切り前の追い切り考察【優太の追い切り考察会場】[追い切り放送局][競馬][追い切り]

2019年の6月より私のYouTubeチャンネルを設立させて頂きました!

YouTubeの方でもブログと並行して追い切りに関する情報を取り上げていこうと思っていますので、是非チャンネル登録よろしくお願いします!

おかげさまでチャンネル登録者数17000人突破しました!

いつも本当にありがとうございます!

優太の追い切り考察会場[追い切り放送局]のYouTubeチャンネル登録はこちらから!

「YouTube バナー」の画像検索結果

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました