【ローズステークス 2020】本命馬

【本命馬[2020]】
【ローズステークス 2020】最終追い切りを見終えて、買い時と感じる1頭を紹介!【優太の追い切り考察会場】[追い切り放送局][競馬][追い切り]

2019年の6月より私のYouTubeチャンネルを設立させて頂きました!

YouTubeの方でもブログと並行して追い切りに関する情報を取り上げていこうと思っていますので、是非チャンネル登録よろしくお願いします!

優太の追い切り考察会場[追い切り放送局]YouTubeチャンネル登録はこちらから!

「YouTube バナー」の画像検索結果

 

私自身の本命馬について記載しています。

良ければ参考にしてみて下さい。

 

本命馬について

◎アブレイズ
中京競馬場は開幕2週目。まだ芝の馬場状態は良好で、極端に速い流れにならなければ内前有利という印象です。ジョッキーにもそのような認識があるようですし、その結果土曜日メインのケフェウスステークスはハイペースの持久力戦に。前への意識がグンと強くなった結果、ペースが乱れ、後ろで待機していた馬がなだれ込んできた形になると思います。なので、基本は前目で立ち回った馬が有利ということで話を進めさせて頂きます。まず、ローズステークスは秋華賞のトライアルレースという位置付けで、春に実績を挙げた馬は型を崩してまで勝ちにくるレースではないと思います。基本その馬の型通りにレースをしてくると思いますし、本番に繋がる競馬をしてくるのがセオリーだと思います。対して思い切った競馬をしてくるのは賞金が足りない馬や権利を持っていない馬だと思いますので、その馬達に着目してみます。見渡すと、割と前目に行く馬が多く、ケフェウスステークスのことを考慮すると、前への意識が強くなり、ペースはそこそこ締まる可能性があると考えています。すなわち、瞬発力比べに持ち込みたい馬達にとっては分が悪くなる可能性もあるという解釈です。そんな締まった流れを前目で追走し、長く良い脚を伸ばせるという点で、このアブレイズが長けていると考えました。そんなアブレイズですが、フラワーカップはキャリア2戦目でのパフォーマンスですから、ポテンシャルは相当高いと思いますし、能力的にはこのメンバーに入ってもやれる馬だと思っています。前走のオークスは距離やキャリアの浅さが響いた印象ですし、そこまで気にする敗戦でもないと思います。その後骨折が判明したことを考えれば、本調子ではなかったという可能性もありますし、ここでは十分見直しが効く1頭だと思っています。追い切りの動きからは骨折の影響は微塵も感じませんし、むしろ春先からの成長すら感じます。坂路主体での調整パターンはフラワーカップを勝った時と同様ですし、最終追い切り前の3週間、素晴らしい内容をこなしてきていますので、この点もこの馬にとっては好材料だと思います。相手は揃いますが、この馬もまだ底を見せたわけではないですし、リズム良く運べれば、見せ場のある競馬をしてくれると思っています。

 

無断転載禁止

 

✔︎追い切りの基礎を固めるにはこの1冊で十分

最近はTwitterやYouTubeなどのSNS上で独自の見解・考察を発信する人が増えて参りました。競馬界全体が活性化されて大変良いことですよね。こちらは追い切りを独学したいという方に是非おすすめしたい1冊です。私も初めはこの本を買って追い切りについて勉強しました。この1冊だけで大凡追い切りの基礎は固められると思いますし、書いているのは「競馬予想TV!」にもご出演しており、追い切りという分野で名を馳せている井内利明氏ですから、買って損をするということはほぼないと思います。この1冊から吸収して、オリジナリティを出していけば、独自の予想法を構築出来ると思いますので、是非興味のある方は手にとってみて下さい。追い切りに興味のある方は読んで損はないと思います。

▶︎『増補改訂版 競馬に強くなる調教欄の取扱説明書』の購入はこちらから

タイトルとURLをコピーしました