【ローズS 2018/本命馬】

スポンサードリンク

◎トーセンブレス
調教過程を見ると決してとても良いと言える内容ではないし、挫跖明けということで昨日までは本命を打つつもりはなかったが、予想をしていくうちに一変。内容はともかく、中間の乗り込み量は豊富だし、最終追い切りも上々の動き。ハイレベルなレースでコンスタントに上がり最速をマークしてるし、阪神コースは0-0-0-2も昨年の阪神JFと今年の桜花賞の4着。得意な舞台だと思うし、陣営も中山より阪神の方が上手に走れると言及。個人的には道悪になれば、さらに面白くなると感じる。この馬の新馬戦を振り返ると、稍重+中山の急坂があるにも関わらず桁違いの瞬発力で当時のプリモシーンを置き去りにし快勝。1800mも経験済みで坂も苦にしないし、道悪も大丈夫。むしろ200mの延長はプラスに働くと思うし、アーモンドアイやラッキーライラック等の一流馬がいない今回はこの馬にも十分チャンスはあるとみてる。

スポンサードリンク

投稿者: yuta

主に週末の競馬の情報を記事にしてます。 追い切り考察や過去10年データなど決まった形をルーティーンにしてやっております。 よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です