【ヴィクトリアマイル 2019/本命馬】

スポンサードリンク

【ヴィクトリアマイル 2019/調教考察[最終追い切り]】はこちらをクリック

【ヴィクトリアマイル 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

【ヴィクトリアマイル 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

 

 

◎18.フロンテアクイーン
調教の動きから変わってきたこの馬を本命に。この馬自体、時計は出るが、それほど調教では目立たないというイメージが私の中にあったが、今回は調教の動きからガラッと変わった印象を受けた。約2ヶ月の間隔が空いたが、調整は順調に進んだと感じる。中山牝馬Sを勝利した後も、4日後にはプール調教を消化しているように、前走の反動や疲労は感じられない。この中間は全部で11本の追い切りを消化出来ているし、その合間にはプール調教も再三行われ、負荷はかなりかけられていると感じる。2週続けて調教で動くダイワメモリー(古1000万下)とレベルの高い併せ馬を消化。1週前追い切りでは馬也で抜群の反応を見せ先着を果たしたし、最終追い切りは6F追いとはいえ、自己ベストをほぼ馬也で更新。最終追い切りはダイワメモリー(古オープン)と同入という形になったが、一瞬促されると即時に反応して前に出たし、最終追い切りでは反応を確かめる程度の最終調整となった。その動きからは余力と迫力を感じたし、この馬史上1番の出来でGlの舞台へ駒を進められるのではないかと感じている。2年前にもヴィクトリアマイルに出走しているのだが、その時も8枠で、終始外を回りながら後方待機の競馬で8着。この時は前目の馬が止まらなく、上がり最速は使っているものの、位置取りの差が全てと感じる内容。今回は同じ8枠からということで、内を見ながらある程度位置を取りに行くと見ている。ペースも極端に速くなることはないと思うので、外枠から積極的に良い位置を取りに行って欲しいと感じる。この馬自身、器用な馬だと感じているし、幅広いレースに対応可能。時計が速くなっても、瞬発力勝負になっても対応が出来るし、その自在性は強み。前走で勝ち切る根性を見せたし、6歳になった今も、なお上昇中という印象を受ける。状態は間違いなく良いし、牝馬同士のGlならチャンスは十分にあると感じる。騎手、馬ともに初のGl制覇へ。

スポンサードリンク

 

 

【ヴィクトリアマイル 2019/調教考察[最終追い切り]】はこちらをクリック

スポンサードリンク

【ヴィクトリアマイル 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

【ヴィクトリアマイル 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

スポンサードリンク
スポンサードリンク

投稿者: yuta

主に週末の競馬の情報を記事にしてます。 追い切り考察や過去10年データなど決まった形をルーティーンにしてやっております。 よろしくお願いします。