【中日新聞杯 2018/本命馬】

スポンサードリンク

◎ギベオン
追い切りが今までで1番良いと感じたこの馬を本命に。前走は距離が長かったという声もあるが、師が言うには、初めての長い休養で走りに集中力がなかったとのこと。今回は追い切りを見る限り、中間の内容はかなり負荷がかけられている印象。最終追い切りも今まで見た中では1番良く見えたし、叩き2戦目の上積みは十分に感じる。しっかりやったこともあって、馬もピリッとしてきていて、古馬相手でも十分やれると歯切れの良いコメントも残している。確かに毎日杯もブラストワンピースの2着。3着以下は後の菊花賞3着をはじめ、古馬を相手に勝利を挙げた馬ばかりだ。NHKマイルにしても、後に古馬混合の重賞で勝利している馬や古馬相手でも引きを取らないレースをしている馬ばかり。以上のことから、ギベオン自体にかなりの潜在能力を感じる。メートルダールは菊花賞の叩き台のブラストワンピースに0.3秒差。ギベオンはクラシックに出るためにしっかり仕上げて賞金稼ぎに来たブラストワンピースに0.3秒差。そして今回、そこからの成長分を考えると、このメンバーで頭1つ抜けていても不思議ないと感じる。決め脚もあるし、前目で押し切る脚も兼ね備えているこの馬なら、どんな展開になっても良い競馬をしてくれそう。C.デムーロ騎手も同レースに連覇がかかっているので期待している。

スポンサードリンク

 

 

友達追加はこちらから!友だち追加

本命候補はこちらから!

こちらから友達登録よろしくお願いします!

穴馬候補はこちらから!

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ危険な人気馬候補はこちらから!

スポンサードリンク

投稿者: yuta

主に週末の競馬の情報を記事にしてます。 追い切り考察や過去10年データなど決まった形をルーティーンにしてやっております。 よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です