【京成杯 2019/調教総評[中間追い切り]】

スポンサードリンク

カイザースクルーン 4本 A
中間の内容は悪くない。騎乗予定の石川騎手が念入りに調教に乗りに来ているのも好印象。能力的にはどうかと思うが最終追い切りでどこまで。

カテドラル 4本 A
中間の内容は平凡だが、この馬は最終追い切りでしっかりやってくるタイプと認識しているので、そこまで気にならない。この馬にしては通常の調整過程が踏めていると思う。前走は前に行った馬が総崩れになったので、今回は右回りに変わり、瞬発力勝負になりにくい中山なら十分見直せる。前走も負けはしたが見せ場はあったし、最終追い切りの動きも注目していきたい。

カフジジュピター 2本 B
中間の内容はイマイチ。乗り替わりも気になるし、現状能力的にも不安がある。最終追い切りでどこまで。

クリスタルバローズ 4本 C
中間の内容はイマイチ。終いも時計を見る限りモタついてそうだし、能力的にも厳しそう。最終追い切りでどこまで素軽さが出てくるか。

グレイスアン 4本 B
中間の内容は平凡。キャリア1戦で未知な部分は多いが、新馬戦を見る限りそこまでの魅力は感じない。最終追い切りでどこまで。

シークレットラン 2本 A
中間の内容は良さげ。しっかりと負荷がかけられている印象だし、中山実績も十分。葉牡丹賞をレコード勝ちしているし、軽視は禁物の1頭。続けて同じ騎手が跨るのも好印象だし、最終追い切りの動きにも注目。

ダノンラスター 4本 B
中間の内容は平凡。新馬戦は東京で勝利したが、上がり最速をマークしていない点から、このコース替わりがプラスに働く可能性もありそう。堀厩舎×外国人騎手で勝負に来ている感もあるし、最終追い切りの動き次第で。

地 ナイママ 0本 C
地方で順調に乗り込まれているとのこと。洋芝で好メンバー相手に走ってきただけに、馬場が渋れば侮れない存在になりそう。前走の瞬発力勝負が分が悪かったとして度外視すれば、今回の舞台変わりで十分馬券に食い込んできても不思議ない1頭になると感じている。最終追い切り次第で。

スポンサードリンク

ヒンドゥタイムズ 4本 B
新馬戦前の最終追い切りで阪神JFを1週前に控えたクロノジェネシスと互角の動きを見せた馬。素質はあると思って新馬戦は本命を打ったし、ここでもやれる力はあると感じている。キャリア1戦でも最終追い切り次第では馬券に組み込みたい1頭。

マードレヴォイス 0本 C
中1週で時計を出せていない。能力的にも厳しそうだし、最終追い切りでどこまで。

ラストドラフト 4本 A+
新馬戦前の最終追い切りでもS評価を打ったほど調教は良く動く馬。今回もこの中間は素晴らしい内容を消化している印象を受ける。過度な調教での評価は禁物だが、それなりの評価はしないといけない1頭だと感じている。最終追い切りの動きも注目したい。

ランフォザローゼス 4本 B
中間の内容は平凡。調教では良く見せないタイプなのかも思うほど。過去2戦を見返しても魅力的な部分はあまりなかったし、最終追い切りの動き次第でという感じ。

リーガルメイン 4本 A
中間の内容は悪くない。良い内容を消化出来ていると思うし、最終追い切りの動き次第で。

 

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

【友達追加はこちらから!】友だち追加

【本命候補はこちらから!】

【こちらから友達登録よろしくお願いします!】

【穴馬候補はこちらから!】

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ【危険な人気馬候補はこちらから!】

スポンサードリンク

投稿者: yuta

主に週末の競馬の情報を記事にしてます。 追い切り考察や過去10年データなど決まった形をルーティーンにしてやっております。 よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です