【京王杯SC 2019/調教考察[最終追い切り]】

スポンサードリンク

【京王杯SC 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

京王杯SCの対抗・穴馬はこちらをクリック

 

 

キャナルストリート 美南W 稍重 助手
2頭併先 54.4-38.9-12.9 馬也 B
中間:A+ ◆中間自己ベスト(美南W6F)
最終追い切りは時計は地味も手応えは終始優勢。トロシュナ(三500万下)を内目に見ながら、追い出せばいつでも突き放したイメージ。1週前も自己ベストを更新しているように、状態面は申し分ないと感じる。

スターオブペルシャ 美南W 稍重 蛯名
2頭併入 68.0-52.4-38.7-12.6 馬也 A+
中間:A+
最終追い切りは素晴らしい動き。同レースに出走のタワーオブロンドン(古オープン)と併せて手応えで終始圧倒。こちらは追い出しを待つ余裕があったし、最後軽く促されるとグーンと加速。ここに来て馬が充実期に入ったように感じるし、出来はここ最近では1番良い気がする。

ストーミーシー 美南W 稍重 助手
2頭併遅 83.3-67.5-52.1-37.5-12.7 B
中間:B
最終追い切りは格下のオーケストラ(古1000万下)に遅れを取るも、動き自体は悪くない。出来は前走よりも良い気はするが、反応面はまだ良化の余地を残す。

スポンサードリンク

タイムトリップ 美南W 稍重 田中勝
2頭併先 67.9-51.9-38.1-12.5 馬也 A+
中間:B
最終追い切りは素晴らしい動き。調教は動くタイプだが、ラストの伸び脚は素晴らしいもの。格下馬とはいえ、あれだけスンナリ突き放したのだから、状態はかなり良いんだろうなというイメージ。状態は引き続き好調を維持出来ている印象。

タワーオブロンドン 美南W 稍重 D.レーン ◆自己ベスト
2頭併入 66.6-51.6-38.1-12.3 強め A
中間:A ◆中間自己ベスト(美南W5F)
最終追い切りはまずまずの動き。中間もしっかり乗り込めているし、ここへ向けて仕上がりは悪くなさそう。最終追い切りは同レースに出走のスターオブペルシャ(古オープン)と併せたが、手応えでは劣勢ムードだった。自己ベストも更新したが、この馬は美坂主体の追い切りが多かったので、この自己ベストを過度に評価するのは禁物か。とはいえ、休み明けでも状態は悪くはなさそう。

ドーヴァー 美南W 稍重 三浦 ◆自己ベスト
単走 52.4-37.9-12.4 馬也 A
中間:B
最終追い切りは推進力のある良い動き。首の高さはやや目立ったが、馬也でスピード乗りの良い走りを披露。状態は前走に引き続き良いし、力を出せる出来にありそう。美南Wでは初めて時計を出すので、当然自己ベストとなる。

スポンサードリンク

ロードクエスト 美南W 稍重 助手
3頭併先 55.1-40.5-13.2 馬也 A
中間:A
最終追い切りは終い重点も素晴らしい動き。デピュティプライム(古1000万下)を2.2秒追走して最後は先着したし、終い重点でも濃い内容を消化出来たと感じる。休み明けでも状態はとても良さそうだし、前走同様良いパフォーマンスに期待。

サトノアレス 美坂 稍重 柴山
2頭併入 52.1-38.5-25.2-12.8 強め B
中間:B
休み明けということで、やや動きに覇気がないイメージ。東京新聞杯の時はよりシャープな動きが目立っていたし、休み明けの今回は若干余裕残しの仕上げにも感じる。昨年惜しい競馬をした安田記念も控えているし、最終追い切りの動きは前哨戦仕様に感じた。

スポンサードリンク

ブロワ 美坂 稍重 杉原
単走 58.8-42.4-27.3-13.5 馬也 C
中間:C
最終追い切りはやや軽いかなというイメージ。前走からの上積もそこまで感じられない。

エントシャイデン 栗CW 良 助手
2頭併遅 82.0-66.4-52.4-38.7-11.7 一杯 B
中間:B
最終追い切りは悪くない動き。相手が来週オークスに出走予定のラヴズオンリーユー(三オープン)だったということで、相手が動き過ぎていた印象。この馬自体もしっかり脚を伸ばしていたし、動きは悪くない。出来は前走より良いイメージ。ただ、3歳相手に遅れを取ってしまった点はやや割引材料。

トゥザクラウン 栗CW 良 助手
2頭併遅 84.6-66.7-51.9-38.8-12.4 一杯 B
中間:A+ ◆中間自己ベスト(栗CW6F)
中間の内容が際立っていただけに、この最終追い切りは拍子抜けした感じ。追っても反応はイマイチでズブい面がかなり目立った最終追い切りに。相手は調教で動くクライムメジャー(古1600万下)とはいえ、遅れを取る時は成績が不振という印象がある。ここ最近は併せ馬でも先着出来ていただけに、最終追い切りはやや不安の残るものとなってしまった。

スマートオーディン 栗坂 良 池添
2頭併先 53.2-39.2-24.8-12.0 馬也 A
中間:A+
最終追い切りは素晴らしい動き。追い切りは動くタイプで、最終追い切りは終い重点の内容だったが、最後の脚は際立った。中間も濃い内容を消化出来ているし、前走以上のパフォーマンスにも期待出来そう。ただ、1つ気になるのは折り合い面。最終追い切りでも引っかかる面を見せていたし、レースで落ち着いて挑めるかが鍵になりそう。

リナーテ 栗坂 良 畑端
単走 51.7-37.4-24.2-12.2 強め A+
中間:A+ ◆中間自己ベスト(栗坂)
最終追い切りはとても良い動き。2週前が同レースに出走のロジクライ(古オープン)に先着するというかなり良い内容だったし、それに加え自己ベストも更新。この最終追い切りも良い反応だったし、仕上がりは前走以上に感じる。終いは0.2秒の減速ラップだったが、そこまで懸命に追われてないし、余力も感じられたので、最終追い切りとしては十分な内容を消化出来た。

スポンサードリンク

リライアブルエース 栗坂 良 坂井
単走 53.0-38.1-24.4-12.2 強め A
中間:A
最終追い切りはまずまずの動き。横で併せ馬をしている馬達と併せるような形になったが、手応えはほぼ互角。反応はこの馬にしてはまずまずに感じてしまった。とはいえ、矢作先生は寒い時期は絞りにくいと言っていたし、暖かくなってきた今なら馬体も絞れて良いパフォーマンスを発揮する可能性も。

ロジクライ 栗坂 良 小林
単走 51.7-37.4-24.0-11.9 強め A+
中間:A
最終追い切りは素晴らしい動き。2週前は同レースに出走のリナーテ(古オープン)に先着を許したが、そこからキッチリと乗り込まれて万全の状態に仕上がった印象。最終追い切りは隣で併せている馬達を置き去りにしたし、状態は前走以上に感じる。

 

 

【京王杯SC 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

京王杯SCの対抗・穴馬はこちらをクリック

スポンサードリンク

投稿者: 優太の調教考察会場

主に重賞と新馬の追い切り情報を記事にしてます。 よろしくお願いします。