【京都大賞典 2018/本命馬】

スポンサードリンク

◎サトノダイヤモンド
海外遠征後、調子を落としていたが、良い頃の状態に戻りつつあるこの馬を本命に。凱旋門賞後は国内の重賞で苦戦を強いられていたが、今回の出来は良いように感じる。帰国してからの何戦かは調教で格下の併走馬に先着を許した事もあったが、今回は1度も先着を許さず、全て先頭で駆け抜けた。中間の乗り込み量も豊富で内容も良いし、川田騎手が付きっ切りで乗りに来てるのも好感が持てる。動きからは、反応や脚の捌きも良くて、復調しているのが伝わってくる。宝塚記念は早めに動いたせいで最後は脚が上がってしまったが、あの先団に取り付く脚は流石だなと感じたし、やはり能力は高いと再確認できた。メンバー的にも、ここで勝負にならなかったら、今後の活躍に暗雲がかかってくると思うし、ファンの多い馬なだけに、是非とも復活を遂げて欲しいと感じる。

スポンサードリンク

投稿者: yuta

主に週末の競馬の情報を記事にしてます。 追い切り考察や過去10年データなど決まった形をルーティーンにしてやっております。 よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です