【京都新聞杯 2019/本命馬】

スポンサードリンク

【京都新聞杯 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

【京都新聞杯 2019/調教考察[最終追い切り]】はこちらをクリック

京都新聞杯の対抗・穴馬はこちらをクリック

 

 

◎13.ヒーリングマインド
中間:A+ ◆中間自己ベスト
最終:A
間隔は詰まっていながらも、日本ダービーの権利を取りに来ていると感じるこの馬を本命に。この中間は中4週にしては攻めた内容を消化出来ていると感じるし、1週前には栗CWで長めからビッシリ追って自己ベストをマーク。調教で目立つ方ではないが、この馬なりに好内容をマーク出来ていると感じる。中2、3週の間隔でコンスタントに使われているので、しっかり調教を積めなくなっても不思議ないが、この馬は今回が1番濃い内容を消化出来ていると思うし、状態は右肩上がりできていると見ている。1週前追い切りでは後に未勝利戦を勝つことになるプチティラン(三500万下)を1.1秒追走し、1.3秒先着とかなり良い内容を消化出来たし、調教で動かないとはいえ、目立つ内容を消化出来たのは好印象。最終追い切りも馬場が悪い中、ジリジリと長く脚を伸ばし、走りにも良い意味での重厚感があると感じた。角度を変えて捉えれば、ズブいや反応が鈍いといった表現になるが、私は1度加速すると止まらないという捉え方をしている。中間の内容は至って順調だし、好勝負に期待したい。

 

【京都新聞杯 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

スポンサードリンク

【京都新聞杯 2019/調教考察[最終追い切り]】はこちらをクリック

京都新聞杯の対抗・穴馬はこちらをクリック

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

 

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

 

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、血統予想をしていなかったら取れないような馬券も取れることがあります。

私個人としましても、調教の他に血統という知識を頭に入れておければ予想に活用できると思っていますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

この著書には血統の系譜から1頭1頭の種牡馬について丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

スポンサードリンク

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも足を踏み入れてみようと思っている方は、是非この本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

商品の概要リンクを貼っておきますので、ご覧になって行って下さい。

 

スポンサードリンク

投稿者: 優太の調教考察会場

主に重賞と新馬の追い切り情報を記事にしてます。 よろしくお願いします。