【京都新聞杯 2019/調教総評[中間追い切り]】

スポンサードリンク

京都新聞杯の注目馬はこちらをクリック

 

ヴァンケドミンゴ 2本(栗坂2本) B
中間の内容はまずまずに感じる。1週前も格下の馬に劣勢だったし、出来落ち感は否めない。併走馬に遅れをとることもあまりないし、しっかり追ったこのひと追いで変わってくれば。最終追い切りでどこまで。

オールイズウェル 2本(栗CW2本/※プール3本) B
中間の内容はまずまずに感じる。調教は動くタイプとはいえ、この中間もCWで好時計をマーク出来ている。状態は引き続き維持出来ている印象はあるし、最終追い切りでどこまで。

クリスタルバローズ 3本(美南W3本) B
中間の内容はまずまず。1週前は調教で動くエイムアンドエンド(古1000万下)と併せて併入と良い内容を消化出来ているが、道中は掛かり気味だったらしく、折り合い面に不安を感じる。最終追い切りはその辺りもチェックしていきたい。

サトノソロモン 4本(栗CW1本/栗坂3本) A+ ◆中間自己ベスト
中間の内容はとても良い。1週前追い切りは自己ベストを0.4秒更新。追われてからも余力があり、まだ伸び代を感じる。格上のクライムメジャー(古1600万下)を大きく追走して併入という濃い内容を消化出来ているし、ダービー出走権を取りに来ているのも強く感じられる。最終追い切りも楽しみ。

スポンサードリンク

タガノディアマンテ 2本(栗坂2本) B
中間の内容はまずまずに感じる。調教の内容からはそこまでの上積は感じられない。最終追い切りでどこまで。

トモジャチャーリー 0本 C
中間は本数を消化出来ていない。最終追い切りでどこまで。

トーセンスカイ 5本(栗CW2本/栗坂3本) A ◆中間自己ベスト
中間の内容は悪くないと感じる。豊富な併せ馬も消化しているし、併せている馬のレベルも高め。1週前追い切りでも自己ベストをマークしているし、状態は良さそう。1週前にビッシリ追われているので、最終追い切りでもう少し軽快さが増して欲しい。

スポンサードリンク

ナイママ 1本(美南W1本) B
中間の内容はまずまず。長目を自己ベストに迫る時計で駆け抜けたし、このひと追いで変わってくれば。最終追い切りでどこまで。

スポンサードリンク

ハバナウインド 3本(栗坂3本) B
中間の内容はまずまず。良い併せ馬を消化出来ているし、状態は前走以上に感じる。最終追い切り次第で。

ヒーリングマインド 6本(栗CW1本/栗坂5本) A+ ◆中間自己ベスト
この中間は自己ベストを1.4秒も塗り替えたように、状態は右肩上がりで来ている印象。終いの脚も切れるようになってきたし、ここに来て馬が良くなっているイメージ。最終追い切りも楽しみ。

フランクリン 2本(栗坂2本) B
中間の内容はまずまず。内容はそこまで目立つものではないので、最終追い切りでもう少し濃い内容を消化してきて欲しい。最終追い切り次第で。

ブレイキングドーン 1本(栗CW1本/※プール1本) B
中間の内容はまずまず。1週前追い切りは福永騎手が跨っているのは好印象。前走はかなり仕上がっていたと感じるので、ここに来ての上積にはあまり期待出来ないイメージ。最終追い切り次第で。

モズベッロ 3本(栗坂3本/※プール1本) A
中間の内容は良さげ。調教駆けするダイメイプリンセス(古オープン)と併せ馬で互角以上の動きを披露しているし、2週続けてビッシリと追われているのも良い。最終追い切りも楽しみ。

ヤマカツシシマル 9本(栗坂9本) B
中間は坂路で乗り込み入念。この馬也にしっかり乗り込めていると思うし、終いも脚を伸ばしているので、最終追い切りで更に良くなれば。最終追い切りでどこまで良くなるか。

スポンサードリンク

レッドジェニアル 5本(栗坂5本) A ◆中間自己ベスト
中間の内容は良さげ。1週前追い切りは坂路で自己ベストも更新したし、状態は上向き加減。最終追い切り次第では。

ロジャーバローズ 6本(栗CW3本/栗坂3本/※プール1本) A+
中間は終い重点の内容が目立つも、好内容を消化している印象。調教の動きを見ても跳びが大きいので、京都の外回りは合ってそうなイメージ。この中間もNHKマイルCに出走予定の重賞ウイナー、ワイドファラオ(三オープン)を2週続けて圧倒。状態は良さそうだし、最終追い切りも楽しみ。

 

 

京都新聞杯の注目馬はこちらをクリック

スポンサードリンク

投稿者: yuta

主に週末の競馬の情報を記事にしてます。 追い切り考察や過去10年データなど決まった形をルーティーンにしてやっております。 よろしくお願いします。