【京都新聞杯 2019/調教考察[最終追い切り]】

スポンサードリンク

【京都新聞杯 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

京都新聞杯の対抗・穴馬はこちらをクリック

 

 

 

クリスタルバローズ 美南W 不良 助手
2頭併先 68.8-54.5-39.7-13.5 強め B
中間:B
最終追い切りは併せ馬で先着するものの、相手は障害未勝利馬。これはあまり評価出来ないし、時計や終いの脚も平凡。中間の内容は悪くないが、調教は割と動くタイプ。過度な評価は必要ないと感じる。

ナイママ 美南W 不良 柴田大
単走 85.3-69.3-54.7-39.8-12.6 強め B
中間:B
最終追い切りは伸びやかな走りが目立った。動き自体は平凡も、状態は平行線で維持出来ているイメージ。

ヴァンケドミンゴ 栗CW 不良 藤岡康
2頭併遅 71.1-55.3-40.5-12.0 馬也 A
中間:B
最終追い切りは馬也で余力十分の動き。併せ馬では遅れをとったが、こちらは馬也で、相手はしっかり追っていたので心配ない。終い重点だったとはいえ、手応えも良く軽快な動きだったので出来は悪くなさそう。

サトノソロモン 栗CW 不良 B.アヴドゥラ
2頭併先 85.6-68.7-53.8-39.6-12.4 馬也 A+
中間:A+ ◆中間自己ベスト
最終追い切りは終い重点もとても良い動き。併走馬は調教でもそこそこ動くアイスバブル(古オープン)相手だし好印象。格上にあれだけ圧倒出来れば十分だし、1週前に続き濃い内容を消化出来た点はかなり評価したい。

タガノディアマンテ 栗CW 不良 松山 ◆自己ベスト
2頭併入 81.3-64.8-51.3-38.8-12.3 強め A
中間:B
最終追い切りは好時計をマーク。この時計は水曜の栗CWで2番目に良い時計。だが、終いの脚は前走時ほどの迫力は感じられなかった。使い詰めだし、強調出来るほどの上積は感じない。

トモジャチャーリー 栗CW 不良 国分優
単走 86.0-68.2-52.7-38.3-12.0
中間:C

スポンサードリンク

 

京都新聞杯の対抗・穴馬はこちらをクリック

 

フランクリン 栗CW 不良 北村友
3頭併先 83.4-67.4-52.5-38.7-12.3 馬也 A
中間:B
調教は動くタイプとはいえ、最終追い切りは3頭併せの真ん中で上々の動き。NHKマイルC出走のミッキーブラックを手応えで圧倒していたし、手綱を持ったままで楽に先着出来た点は好評価。休み明け2戦目の上積もありそう。

ブレイキングドーン 栗CW 不良 助手
2頭併先 82.0-65.5-51.2-38.3-12.1 強め B
中間:B
最終追い切りはまずまずの走り。前走と似た内容を消化出来ているし、出来はなんとか維持出来ている印象を受ける。追われてからの反応が良い頃と比べるとやや鈍く感じる点は気掛かり。時計面では水曜の栗CWで6番目に良い時計という事で、時計面は評価。

ヒーリングマインド 栗坂 不良 助手
単走 54.4-39.7-25.9-13.1 強め A
中間:A+ ◆中間自己ベスト
最終追い切りは迫力のある走りを披露。調教や前走を見るに、長く渋とい脚を使うタイプに感じる。若干ズブい面もあると思うので、乗り難しいとは思うが、前走勝った騎手が続けて跨るのは好材料。

モズベッロ 栗坂 不良 藤井
2頭併入 52.8-38.6-25.2-12.8 馬也 A+
中間:A
最終追い切りは余力たっぷりの良い動きで、追えばいつでも伸びそうな雰囲気があった。この中間は調教駆けする上級古馬、ダイメイプリンセス(古オープン)、ダイメイフジ(古オープン)と併せて互角以上の動きを披露しているように、状態はとても良さそう。

スポンサードリンク

ヤマカツシシマル 栗坂 重 助手 ◆自己ベスト
単走 52.0-38.0-25.7-13.4 一杯 B
中間:B
自己ベストを大幅に更新するも、終いの脚はバタバタ。とはいえ、自己ベストなので状態は悪くないはず。中間もしっかり乗り込まれているし、休み明けでもある程度の力は出せそう。

レッドジェニアル 栗坂 不良 助手
単走 57.2-41.6-26.9-12.7 強め A
中間:A ◆中間自己ベスト
最終追い切りは終い重点だったが、終いの脚は良く映った。中間も自己ベストをマークしているし、仕上がりは良さそう。

ロジャーバローズ 栗坂 重 助手
2頭併先 55.4-40.0-26.1-12.7 馬也 A+
中間:A+
最終追い切りは終い重点とはいえ、良い動きを披露。併走馬のグローブシアター(古オープン)を追走する形から最後はしっかりと交わし切ってのゴール。馬也で余力も残っていたと思うし、手応えもロジャーバローズが優勢だった。ここへ向け仕上がりは良好。

スポンサードリンク

トーセンスカイ 栗芝 重 北村友
2頭併入 65.3-50.0-36.8-12.4 馬也 A+
中間:A ◆中間自己ベスト
最終追い切りは馬場の悪い芝コースでも終始良い手応えに映った。中間も濃い内容を消化しているし、右肩上がりで成長しているイメージ。併せ馬でも終始手応えで優勢だったし、仕上がりに関しては文句なし。

 

 

推し調教上昇馬
👊サトノソロモン
👊フランクリン
👊ヒーリングマインド
👊モズベッロ
👊ロジャーバローズ
👊トーセンスカイ

 

 

【京都新聞杯 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

京都新聞杯の対抗・穴馬はこちらをクリック

 

 

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

 

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

 

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、血統予想をしていなかったら取れないような馬券も取れることがあります。

スポンサードリンク

私個人としましても、調教の他に血統という知識を頭に入れておければ予想に活用できると思っていますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

この著書には血統の系譜から1頭1頭の種牡馬について丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも足を踏み入れてみようと思っている方は、是非この本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

商品の概要リンクを貼っておきますので、ご覧になって行って下さい。

 

スポンサードリンク

投稿者: 優太の調教考察会場

主に重賞と新馬の追い切り情報を記事にしてます。 よろしくお願いします。