【京都新聞杯 2020】最終追い切り後の追い切り考察

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年の6月より私のYouTubeチャンネルを設立させて頂きました!

YouTubeの方でもブログと並行して調教に関する情報を取り上げていこうと思っていますので、是非チャンネル登録よろしくお願いします!

優太の調教考察会場[追い切り放送局]のYouTubeチャンネル登録はこちらから!

「YouTube バナー」の画像検索結果

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

京都新聞杯出走予定馬の全頭追い切り考察になります。

中間全体を過去と比較したりなんかして個人的に考察しています。

スポンサーリンク

是非参考にしてみて下さい。

よろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アドマイヤビルゴ
中間:中6週 A+ ◆中間自己ベスト(栗CW6F)
最終:栗坂 良 単走 馬也 A
中間の内容からみていきますと、2週続けて好内容を消化出来ていますし、ここに向けて良い仕上がりにあると感じます。攻めは動くタイプとはいえ、水準以上に動けていますし、ポリトラックコースを併用しなくなったというのも加点材料です。2週続けてしっかりやっていますから、最終追い切りは軽めになると思いますが楽しみです。その最終追い切りですが、坂路で終いをサラッと流す程度ではありましたが、活気のある動きに映りましたし、態勢は整ったとみています。時計以上に良く映りましたし、2週前からしっかりと負荷をかけているので、軽いメニューでも全く問題ないと感じます。人気になると思いますが、注目視しなければならない1頭に感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アンセッドヴァウ
中間:中5週 B
最終:栗坂 良 単走 強め A
中間の内容からみていきますと、こなしている内容は悪くないものの、本数は少ないと思いますし、負荷不足の感は否めません。中5週ですから、もう少し攻めて欲しかったですし、最終追い切りでどこまで変わってくるの注目です。その最終追い切りですが、時計は地味ですが、動きは悪くなく、水準の出来にはあると感じます。追ってからも味がありましたし、この馬なりに脚は使っていたと思いますから、後は初の芝がどう出るかでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イロゴトシ
中間:中6週 A
最終: 栗坂 良 併せ先着 強め A
中間の内容からみていきますと、攻め駆けするタイプとはいえ、良い内容が目立ちますし、ここに向けて好仕上がりにあると感じます。長めを入念に乗り込まれていますし、1週前追い切りのひと追いで更に良くなると思いますから、最終追い切りも注目です。その最終追い切りですが、攻め駆けするタイプですので、過剰に評価はしたくないですが、この馬なりに良い出来にあると感じます。攻めで動いてもという面はあるのですが、引き続き状態は良いと思いますし、距離延長が良い方へ出るようならいくらか楽しみはありそうです。血統的にはもう少し短いところの方が良いと思いますが、どうでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キッズアガチャー
中間:中4週 A
最終:栗CW 良 併せ先着 馬也 A
中間の内容からみていきますと、間隔が詰まっている割にはしっかりと乗り込まれていますし、ここに向けて良い仕上がりにあると感じます。終い重点の内容が目立つとはいえ、長めをしっかり追えていますし、最終追い切りは更に良くなってくると思いますので、楽しみです。その最終追い切りですが、攻めでは動くタイプらしく、良い内容を消化出来ています。3週に渡りジョッキーが追い切りに騎乗しているという点も好感が持てますし、攻めの内容からも状態は維持出来ていると思いますので、前走を勝った勢いのままここでもいくらか見せ場は作れるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キングオブドラゴン
中間:中4週 A ◆中間自己ベスト(栗CW6F)
最終:栗CW 良 併せ遅れ 強め A
中間の内容からみていきますと、1週前追い切りの内容が良く、ハイレベルな併せ馬に加え、時計面も上々の内容を消化してきました。動きに切れが出てきたようにも感じますし、使いつつの成長も感じます。このひと追いで更に良くなると思いますし、最終追い切りの動きにも注目です。その最終追い切りですが、道中折り合いを欠く面や全体時計が遅くなってしまった点は気になりますが、動きそのものは良く、ある程度評価出来るものだと思います。併せ馬のレベルも高く、併走馬にも何とか食い下がっていましたので、このひと追いで更に負荷がかかったのではないでしょうか。この中間は良い内容を積めていますし、切れも以前より増してきた印象がありますので、レースでの一変も視野に入れています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サペラヴィ
中間:中2週 A
最終:美南W 稍重 併せ遅れ 強め B
中間の内容からみていきますと、こなしている内容はまずまずですが、間隔が詰まっていながらも緩めずに負荷をかけられているという点に好感が持てます。引き続き状態は保てていると思いますから、最終追い切りで更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、攻め駆けしない馬に併せ馬で遅れをとってしまったので、その点は1つ気になる点です。元々攻めは地味な馬ではあるのですが、良い時はもう少し楽に動ける馬ですし、それを考慮すると評価は抑えめになってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シルヴェリオ
中間:3ヶ月 A ◆中間自己ベスト(栗CW6F)
最終: 栗坂 良 単走 馬也 A
中間の内容からみていきますと、攻め駆けするタイプらしく、良い内容が目立ちます。とはいえ、攻めだけというタイプで、実戦に良さが結び付かないのが難点です。状態は良いと思いますが、レースでは案外なので、評価は抑えめです。最終追い切りでも過剰に評価はしないように注意したいと思っている1頭です。その最終追い切りですが、動きも今回は文句ないです。新馬前から攻めでは抜群に動いて、レースでは案外というのが続いていますので、アテにしづらいところではありますすが、状態は文句なしで良いと思います。名ジョッキーが乗りこなせなかった名血の素質を、今勢いのある西村騎手が開花させても不思議はないと思いますし、彼なら上手く乗りこなすのではないかとも思えてしまいます。距離延長の条件替わりで更に良さが出てくれば、重賞でも通用するポテンシャルは十分秘めていると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ディープボンド
中間:中2週 A
最終:栗CW 良 単走 強め A
中間の内容からみていきますと、間隔が詰まっていながらも緩めずに調整が進められている点に好感が持てます。時計の出にくい今の栗東の坂路でもしっかりと動けていますし、皐月賞を使われてむしろ状態は上がっているようにも感じます。あともうひと追いありますから、最終追い切りで更に状態を上げてこれるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、動きというよりは、中2週でも最後まで攻め切ってきたいう点を高く評価したいです。詰め詰めで使っていますから、そう大きく変わってくることはないと思いますが、引き続き状態は良いと思いますし、どこまでやれるのかという楽しみはあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファルコニア
中間:中6週 A+
最終: 栗坂 良 併せ先着 強め A
中間の内容からみていきますと、攻め駆けするタイプとはいえ、入念に乗り込まれていますし、好内容が複数本目立ちます。トラックと坂路併用で追われているという点も良いですし、ハイレベルな併せ馬も出来ているように、引き続き状態は維持出来ていると思います。むしろ更に上向いてきているとすら思えますし、非常に状態は良いと思いますから、最終追い切りで更に良くなってくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、終い重点の内容で良い動きだったと思います。終いのラップも素晴らしいですし、出来は引き続き良いと思いますので、力は出し切ってくれるとみています。中間全体を見渡しても、良い負荷をかけられていますし、質の高い調整が施されていますから、善戦に期待出来るのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プレシオーソ
中間:中3週 A ◆中間自己ベスト(栗CW6F)
最終: 栗坂 良 単走 馬也 A
中間の内容からみていきますと、間隔が詰まっていながらも、良い時計をマーク出来ていますし、抜かりなく調整が進められているという点に好感が持てます。1週前追い切りでしっかりやっていますので、最終追い切りではその上昇度を見極めていきたいと思っています。その最終追い切りですが、時計は平凡なものの、終いは悪くない伸びでしたし、ここに向けて仕上がりは上々とみています。そう大きく変わってはいないものの、前走時の出来を保てていると思いますし、初の芝をこなせれば、楽しみはあると思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホウオウエクレール
中間:中4週 B
最終:栗坂 良 併せ先着 強め A
中間の内容からみていきますと、本数はこなしているものの、特に強調したい点はなく、内容自体は平凡です。こなす内容自体はまだ良くなりそうですから、最終追い切りでどこまで上向いてくるのかに注目です。その最終追い切りですが、折り合いを欠く面は多少気になりますが、動きそのものは悪くないですし、引き続き状態は維持出来ていると思います。ハナにこだわる競馬でどこまでやれるかでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マンオブスピリット
中間:2ヶ月半 A ◆中間自己ベスト(栗CW6F)
最終:栗CW 良 併せ同入 強め A
中間の内容からみていきますと、ウッドチップコース中心で乗り込まれ、長めを意欲的に追われているという点も評価したいです。動きはまだ良くなりそうですが、こなしている内容も現時点では評価出来ますし、最終追い切りで更に良くなってくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、併走馬に手応えでは見劣ったものの、この馬自体の走りは悪くないですし、良い状態は保てていると思います。この馬もエンジンのかかりは遅そうなので、やはり外回りコースは合っていると思いますし、状態の良さでどこまでやれるか注目です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メイショウダジン
中間:中5週 B
最終:栗CW 良 併せ先着 一杯 B ◆自己ベスト
中間の内容からみていきますと、長めを2週続けて追われていますし、併せ馬でも同入先着を果たせている点は良いと思いますが、時計的には平凡ですし、併せ馬のレベルもそこまで高くはありません。まだ良くなる余地が残されていると思いますので、最終追い切りでどこまで上向いてくるのかに注目したいです。その最終追い切りですが、時計は良い時計が出たのですが、手先の運びや脚の捌きがやや重苦しく映り、何ともダート馬よりな走りだったので、評価は抑えめです。前走のように馬場が渋れば面白いかもしれませんが、血統的にも本質はダートではないでしょうか。

 

 

 

 

F評価は間隔が詰まっているため追い切りが出来ておらず評価を付けれない馬に仮に付けている評価です。

スポンサーリンク

詳しくは最終追い切り後の追い切り考察記事で最終的な考察はご確認下さいませ。

 

 

 

 

中間追い切りBEST4
1位アドマイヤビルゴ
2位ファルコニア
3位ディープボンド
3位プレシオーソ


最終追い切りBEST4
1位シルヴェリオ
2位ファルコニア
3位アドマイヤビルゴ
3位キングオブドラゴン

総合追い切りBEST4
1位アドマイヤビルゴ
2位ファルコニア
3位シルヴェリオ
3位キングオブドラゴン 

  

スポンサーリンク

※無断転載禁止

スポンサードリンク

 

 

Twitter→@yuta87oikiriのフォローも宜しくお願いします!

note→note.mu/yuta87oikiriのフォローも宜しくお願いします!

 

 

2019年の6月より私のYouTubeチャンネルを設立させて頂きました!

スポンサーリンク

YouTubeの方でもブログと並行して調教に関する情報を取り上げていこうと思っていますので、是非チャンネル登録よろしくお願いします!

優太の調教考察会場[追い切り放送局]のYouTubeチャンネル登録はこちらから!

スポンサーリンク

「YouTube バナー」の画像検索結果

スポンサーリンク

投稿者: 優太の追い切り考察会場

主に重賞と新馬の追い切り情報を記事にしてます。 よろしくお願いします。