【京都牝馬ステークス 2020】 本命馬

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年の6月より私のYouTubeチャンネルを設立させて頂きました!

YouTubeの方でもブログと並行して調教に関する情報を取り上げていこうと思っていますので、是非チャンネル登録よろしくお願いします!

優太の調教考察会場[追い切り放送局]のYouTubeチャンネル登録はこちらから!

「YouTube バナー」の画像検索結果

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

◎13.シゲルピンクダイヤ
タフな馬場、差し有利な馬場を得意としているこの馬を本命に推します。今の京都は最終週ということでかなりタフな馬場になってきていると思いますし、そういった馬場をこなせる馬が買いだと思います。母系にサドラーズウェルズの血を引いている点や、秋華賞でも緩い馬場を苦にせず差し込んできた走りをみていると、今の馬場は向いていると感じます。他馬が苦にするならプラスですし、そういった面からも買える馬なのかなと思っています。追い切りも順調で、中間はトラックで長目を追って負荷をかけ、最終追い切りは坂路でレベルの高い追い切りを消化してきました。輸送距離が短いことから、最後まで攻めた内容をこなせましたし、動きやラップをみても質の高さが窺えます。状態は高いレベルで安定していますし、ここも引き続き好調を維持して出走してくると思っています。前走ですが、コントラチェックのマイペースを負かしに動いての3着ですから、個人的には価値のある3着だったと思います。それに、中山競馬場は長距離輸送もありますし、決して得意とは言い切れない舞台だったと思いますから、今回京都競馬場に変わる点は好材料だと思います。前走の内容から、1400mに対応可能なスピードは秘めていると思いますし、この短縮も延長よりかは明らかに良いと思います。先週秋華賞で先着を許した2頭がGllでワンツーフィニッシュを決めた点からも、牝馬の明け4歳世代はレベルが高いと思いますし、この馬もその一角に存在している1頭だと思います。近走は条件が向かずとも崩れずに走れていますし、今回はようやく適条件に変わりますから、この馬の力をフルに生かせるとみています。

今回の追い切り過程から妙味の感じない馬は・・・
△1.アルーシャ

 

※無断転載禁止

スポンサーリンク

スポンサードリンク

 

 

Twitter→@yuta87oikiriのフォローも宜しくお願いします!

note→note.mu/yuta87oikiriのフォローも宜しくお願いします!

 

 

2019年の6月より私のYouTubeチャンネルを設立させて頂きました!

YouTubeの方でもブログと並行して調教に関する情報を取り上げていこうと思っていますので、是非チャンネル登録よろしくお願いします!

優太の調教考察会場[追い切り放送局]のYouTubeチャンネル登録はこちらから!

「YouTube バナー」の画像検索結果

スポンサーリンク

投稿者: 優太の追い切り考察会場

主に重賞と新馬の追い切り情報を記事にしてます。 よろしくお願いします。