【京都牝馬S 2019/調教考察[最終追い切り]】

スポンサードリンク

アルーシャ 美浦 南W 良
3頭併入 53.3-38.9-12.6 馬也 A+
最終追い切りはこの厩舎らしく馬也でのものだったが、それでも良い動きに映った。余力たっぷりだったし、休み明けでも前走よりも状態は上向いている気がする。連勝の勢いも怖いし、馬券には必ず入れたい1頭。

コパノディール 美浦 南W 良
単走 55.4-40.0-12.9 馬也 A
最終追い切りは悪くない動き。前走よりは遥かに良いし、今の京都の馬場や外回りコースになるのも良さそう。斤量も恵まれるし、大穴なら一考。

デアレガーロ 美浦 南W 良
3頭併入 67.4-51.0-36.8-12.8 馬也 A+
最終追い切りは余力十分の良い動き。休み明けでも力を出せる出来にあると思うし、昨年の2着馬ということで期待感は大きい。馬券には入れたい1頭。

ハーレムライン 美浦 坂路 稍重
単走 54.7-39.2-25.1-12.5 馬也 A
最終追い切りは毎度のこと悪くない動きで前走と同じくらいの出来にありそう。距離短縮は良いと思うし、スピード感もあるので楽しみな1頭。人気薄なら抑えたい1頭。

ライトフェアリー 栗東 坂路 稍重
単走 53.6-39.0-25.2-12.2 強め B
最終追い切りはまずまずの走り。能力的に厳しいと感じるし、自分の競馬でどこまでやれるか。

スポンサードリンク

クリーンファンキー 美浦 南P 良
2頭併入 68.6-53.5-39.3-12.0 馬也 A
調教の動きは悪くないし、状態は良さそうだが、能力的に足りない印象。自分の競馬をしてどこまで。

エイシンティンクル 栗東 CW 良
単走 79.0-64.1-50.3-36.6-12.5 強め B
明らかに休み明けといった感じで最終追い切りはイマイチ。この馬は調教で良く動くタイプだが、今回は少し物足りない。ここを叩いてからの方が良さそうだし、能力上位も重たい印は打ちにくい1頭。

レーヌミノル 栗東 CW 良
3頭併先 81.6-64.9-50.1-37.3-12.2 G前追 B
最終追い切りは悪くない動き。良い頃と比べると調教の派手さはなくなった気がする。レースぶりもパッとしてこないし、今回も自分の競馬でどこまで。

スポンサードリンク

ワントゥワン 栗東 CW 良
単走 84.6-66.2-51.1-37.8-12.3 G前追 B
かなりしっかり追われるも最終追い切りの反応はイマイチ。調教の内容からもここは目標ではない感じがするし、重たい印は打ちにくいと感じる。

オールポッシブル 栗東 坂路 良
単走 53.6-38.3-24.1-11.9 馬也 A+
調教は動くタイプで相変わらず最終追い切りは良い動きに映った。前走をひと叩きされ上積みも感じるし、この舞台で人気しないなら抑えたいなという印象。牝馬同士なら善戦も可。

カラクレナイ 栗東 坂路 良
単走 56.5-41.1-26.7-12.6 馬也 B
最終追い切りの動きは地味に映った。若干折り合いにも難があるので、レースに行ってどうか。京都の今の馬場は合っていると思うので、展開がハマれば面白い1頭。

キョウワゼノビア 栗東 坂路 良
2頭併先 53.7-39.0-24.7-12.1 G前追 A
調教は動くタイプで今回もそれは同様。調教の動きとレースぶりが繋がっていない印象はあるが、具合は良さそう。今の力のいる馬場がプラスに出れば良いと思うし、自分の競馬でどこまで。

ディメンシオン 栗東 坂路 良
単走 51.1-37.5-24.5-12.5 G前追 A+
最終追い切りは軽快で余力のある良い動き。前走よりも良い状態だと思うし、距離短縮に対応出来れば重賞でも好走可能に感じる。福永騎手が念入りに乗りに来ているのも魅力。

スポンサードリンク

ベルーガ 栗東 坂路 良
単走 53.1-38.2-24.9-12.3 G前追 A+
最終追い切りは軽快かつ余力のある動き。長期休養明けからようやく良い頃の出来に戻ってきたかなという感じ。この舞台は重賞勝ちのある舞台だし、期待したい1頭。

ミスパンテール 栗東 坂路 良
単走 55.1-38.4-24.5-12.3 馬也 A+
最終追い切りはかなり良い動き。中間の内容は素晴らしいし、順調な調整過程を踏めている。この舞台は昨年勝っている舞台だし、今年も当然期待したい1頭。

スポンサードリンク

ヤマカツグレース 栗東 坂路 良
単走 52.0-37.9-24.7-12.5 馬也 A
調教は良く動くタイプで、今回の最終追い切りも動けている。能力的にはどうかと思うが、牝馬同士なら善戦可能か。自分の競馬でどこまでやれるか。

リナーテ 栗東 坂路 良
2頭併先 50.4-36.5-23.6-12.0 G前追 S
最終追い切りは素晴らしい動き。調教は動くタイプだが、それを差し引いても今回は良さそう。武豊騎手がユーキャンスマイルよりもこちらを優先したのだとしたら更にプラス材料だと思うし、先約だとしても今ノッてる騎手が跨るのは心強い。1400mなら挽回可能だし、期待している1頭。

リバティハイツ 栗東 坂路 良
単走 53.9-39.3-25.4-12.3 G前追 A
最終追い切りは良い動き。前走と同じくらいの出来にありそうだし、前走であれだけやれるなら今回の距離短縮で更にパフォーマンスを上げてきても不思議ない。久々の1400mで重賞2勝目も。

 

【京都牝馬S 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

 

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

【対抗・穴馬候補は私のブログランキングから!】

【友達追加はこちらから!】友だち追加

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

 

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、血統予想をしていなかったら取れないような馬券も取れることがあります。

私個人としましても、調教の他に血統という知識を頭に入れておければ予想に活用できると思っていますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

この著書には血統の系譜から1頭1頭の種牡馬について丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも足を踏み入れてみようと思っている方は、是非この本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

商品の概要リンクを貼っておきますので、ご覧になって行って下さい。

 

スポンサードリンク

投稿者: 優太の調教考察会場

主に重賞と新馬の追い切り情報を記事にしてます。 よろしくお願いします。