【京都記念 2019/本命馬】

スポンサードリンク

◎ステイフーリッシュ
近走は重賞でも安定しているこの馬を本命に。以前から重賞でも善戦はしていたものの、走る時と走らない時にムラがあった。それは陣営も感じていたらしく、毎回走ってくれれば良いという感覚だったらしい。しかし、昨年の暮れあたりから精神面がグンと良くなって、好走へと繋がっているという。この中間は中谷騎手と藤岡佑騎手が跨ったが、中谷騎手は今までで1番良いと、藤岡佑騎手はこの馬に対して辛口のコメントが目立ってたらしいが、その藤岡佑騎手も今回の馬の成長には太鼓判を押した。それだけ馬の成長が著しいのだと感じるし、陣営もこれで走らなかったら仕方ないというほどの良い仕上がり。血統背景からも成長は古馬になってからのように感じるし、今がこの馬の全盛期と言えそう。昨年にこの舞台で重賞を勝っているようにこの舞台設定は合っているように感じる。今回は前走よりも枠は良いし、メンバーを見渡す限り先行争いは激化しなさそうなので、楽に先手を奪えそうな雰囲気。後ろから行ってポジションを上げていく競馬でも結果を出しているし、それでも良いとは思うが、今回のメンバーや枠の並び、馬場を考えると先行しそうな気がするので、だとすれば昨年の京都新聞杯のような競馬が理想的かなと思っている。藤岡佑騎手は昨年のこのレースを勝っているし、過去にも連対歴があるので、このコースの乗り方をわかっている騎手だと思うし、この馬の特徴である長く良い脚を伸ばして重賞2勝目を飾って欲しい。

 

【京都記念 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

【京都記念 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

【京都記念 2019/調教考察[最終追い切り]】はこちらをクリック

スポンサードリンク

 

【対抗・穴馬はこのバナーをクリック!】

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

【友達追加はこちらから!】友だち追加

 

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、取れないような馬券も取れることがあります。

調教の他に血統も頭に入れておければ活用できると思いますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

この著書には血統の系譜から1頭1頭丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも興味のある方はこの本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

 

スポンサードリンク

投稿者: yuta

主に週末の競馬の情報を記事にしてます。 追い切り考察や過去10年データなど決まった形をルーティーンにしてやっております。 よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です