【京都記念 2019/調教考察[1週前追い切り]】

スポンサードリンク

タイムフライヤー 栗東 CW 良
単走 79.8-63.7-49.2-36.5-12.1 強め A+
調教は毎度のこと抜群の動き。1週前追い切りから猛時計を出してきたが、良くある事だし、過度な評価は与えない。でもこれだけ良い時計が出るということは調子が良い証だし、最終追い切りも引き続き楽しみ。

マカヒキ 栗東 CW 良
単走 97.1-81.3-66.1-51.7-37.9-12.5 馬也 A
1週前追い切りはまずまずの内容。やはり、全盛期ほどの勢いは感じられないし、近走をみてもそれは確か。最終追い切りでどこまで上昇してくるか。

ノーブルマーズ 栗東 坂路 良
単走 53.7-39.1-25.3-12.5 馬也 A+
1週前追い切りは、この馬らしく力強い走りで迫力十分。パワータイプっぽいが、脚の捌きは軽快でフットワークも軽く映る。非根幹距離は得意だと思うし、タフな展開になれば浮上してくる1頭。最終追い切り次第では重たい印も。

スポンサードリンク

 

 

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

【友達追加はこちらから!】友だち追加

【本命候補は私のブログランキングから!】

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

スポンサードリンク

投稿者: yuta

主に週末の競馬の情報を記事にしてます。 追い切り考察や過去10年データなど決まった形をルーティーンにしてやっております。 よろしくお願いします。