【京都金杯 2021】最終追い切り後の追い切り考察

【最終追い切り後の追い切り考察[2021]】

現在ブログ運営に勤しむために休止中ですが、いつかは再開したいと考えていますので、良ければチャンネル登録の方お願い致します。

▶︎チャンネル登録はこちらから

「YouTube バナー」の画像検索結果

 

京都金杯2021出走予定馬の全頭追い切り考察になります。

中間全体を過去と比較したりなんかして個人的に考察しています。

是非参考にしてみて下さい。

よろしくお願い致します。

 

※F評価は間隔が詰まっていて時計を出せていない馬、調整が軽くて評価出来ない馬に付けている評価ですので、決して低い評価というわけではないという事をご理解頂ければと思います。

 

最終追い切り後の追い切り考察

エントシャイデン

最終前:中2週 A+
最終:栗CW 不良 単走 一杯 A+
最終追い切り前の内容からみていきますと、中2週と間隔が詰まっているにもかかわらず、かなり意欲的な攻め内容が目立っていますし、その内容自体も評価出来るものだと思います。近走の中では1番の出来とみていますし、あともうひと追いで更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、短めの距離を終い重点でということでしたが、中2週でこれだけ攻めれれば十分ですし、ここに向けてかなり攻め込まれているので、非常に好感を持っています。近走の中では間違いなく1番の出来でしょうし、走ってきても何ら不思議ない状態にあるとみています。人気薄なら積極的に買い込みたいです。

ケイアイノーテック

最終前:中5週 B
最終:栗坂 重 単走 馬也 A
最終追い切り前の内容からみていきますと、攻め動くタイプにしては目立つ内容は消化していません。現状だと物足りませんが、あともうひと追いありますので、どれだけ良化してくるかに注目したいです。その最終追い切りですが、追うごとに良くなってきたという印象で、先週からの良化は感じ取れました。絶好調という感じではありませんが、力は出してくれると思いますし、Glllくらいなら前進があっても良いと思います。

ケイデンスコール

最終前:中6週 B
最終:栗坂 良 単走 一杯 A
最終追い切り前の内容からみていきますと、攻め動くタイプにしては目立つ内容は消化していません。現状だと物足りませんが、あともうひと追いありますので、どれだけ良化してくるかに注目したいです。その最終追い切りですが、終い重点も悪くない動きでしたし、力は出し切れるとみています。ただ、近走は攻めで動いても案外という面があるので、過剰な期待は禁物かもしれません。

サトノアーサー

最終前:2ヶ月半 A+
最終:栗坂 不良 単走 馬也 A
最終追い切り前の内容からみていきますと、攻め動くタイプとはいえ、良い内容が並んでいますし、状態は高いレベルにあるとみています。2週続けてビッシリ追われているという点も良いですし、あともうひと追いで更に良くなってくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、内容は地味も、動きは良いですし、2週続けて負荷はかけられていますから、こんなもんで十分だと思います。高速馬場だとどうかですが、力は出してくると思いますし、噛み合えばやれても良い馬だと思います。




シュリ

最終前:中2週 F
最終:栗坂 不良 単走 強め A+
最終追い切り前の内容からみていきますと、中2週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、中2週と間隔は詰まっているものの、かなり意欲的な最終追い切りを消化してきました。出来は引き続き高いレベルにあると思いますし、いきなり重賞で通用しても不思議ない1頭だと思います。

スマートオーディン

最終前:2ヶ月 B
最終:栗坂 重 単走 強め B
最終追い切り前の内容からみていきますと、好時計はマークしているものの、終いは甘くなっているので、まだそこに良化の余地はあるのかなと思います。ただ、このひと追いで良くなる可能性もあると思いますので、最終追い切りまでしっかり注目したいところです。その最終追い切りですが、まだ良化途上という印象で、もうワントーン状態が上がってきて欲しいところです。まだ買い時ではないと思っていますが、現状でどれだけ走れるのか注目です。

タイセイビジョン

最終前:中5週 B
最終:栗CW 重 単走 一杯 B
最終追い切り前の内容からみていきますと、CWコースで短めの距離は乗れていますが、そんな大きく変わってきた様子はありません。あともうひと追いありますので、どこまで良くなってくるかに注目です。その最終追い切りですが、最後まで短めの距離を終い重視で流す程度でした。大幅に変わってくるイメージは湧きませんので、現状でどれだけ走れるのか注目です。

トリプルエース

最終前:中1週 F
最終:栗坂 良 単走 強め A
最終追い切り前の内容からみていきますと、中1週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、大きく変わってきた様子はありませんが、引き続き良い状態を保てていると思います。動きも素軽く、引き続き力は出せると思いますので、この相手にどこまでやれるのか楽しみです。

ピースワンパラディ

最終前:中4週 A
最終:美坂 良 単走 強め A
最終追い切り前の内容からみていきますと、攻めはムラっ気のあるという認識ですから、こんなんで良いのかなと思います。前走も似たような感じで走っていましたから、現状でも力は出してくるとみています。あともうひと追いありますから、そこで更に良くなってくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、全体時計が遅いので終いで良い動きを披露出来て当然と言えばそうなのですが、迫力ある動きを披露してくれたと思います。前走時からの上積みも感じますので、チャンスはある馬だと思います。

ブラックムーン

最終前:連闘 F
最終:軽調整 F
最終追い切り前の内容からみていきますと、連闘のため時計は出していない状況です。最終追い切りが行われるかわかりませんが、やるのであればそこに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、連闘のため速い時計は出せておりません。現状でどこまで走れるかに注目です。

ボンセルヴィーソ

最終前:中6週 A
最終:栗坂 不良 単走 馬也 A
最終追い切り前の内容からみていきますと、攻め動くタイプらしく、良い内容が目立っています。順調に仕上がりは進んでいると思いますし、あともうひと追いで更に良くなってくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、グンと良くなった感じはしないものの、出来は引き続きキープしていると思います。昨年くらいの仕上がりにはあると思いますし、今年も立ち回り次第ではチャンスある1頭だと思います。




メイケイダイハード

最終前:中5週 B
最終:栗坂 重 単走 強め A+ ◆自己ベスト
最終追い切り前の内容からみていきますと、坂路で乗れているものの、良い頃と比べると物足りなさが残ります。もっと動ける馬だと思いますので、あともうひと追いでの上昇度合いには注目です。その最終追い切りですが、自己ベストを更新ということで、状態はグンと上がってきた印象を受けます。中京記念で大穴をあけた際も中間に自己ベストをマークしていましたから、攻めの良さとレースでのパフォーマンスがリンクする馬と仮定すれば、ここも良い走りに期待出来るのではないでしょうか。人気薄であれば妙味はある1頭だと思います。

ラセット

最終前:中2週 F
最終:栗坂 良 単走 馬也 A
最終追い切り前の内容からみていきますと、中2週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、先週強めに追ったことにより、しっかりと上向いてきた印象です。終い重点ではあるものの、中2週ですから、やれているだけ評価したいですし、出来としても良い状態を保てていると思いますので、流れが向けば良い脚を伸ばしてくるのではないでしょうか。

レッドアネモス

最終前:中6週 B ◆中間自己ベスト(栗坂)
最終:栗坂 不良 単走 強め B
最終追い切り前の内容からみていきますと、併用で良く乗れてはいますが、本調子かと言われると疑問です。まだ良くなる余地が残っていると思いますので、あともうひと追いによる上昇度合いには注目です。その最終追い切りですが、上向いてきた様子はなく、引き続き状態維持に努めているという印象です。坂路でも良い時ほど動けてはいないと思いますし、坂路での内容から坂のあるコースはどうなのかという印象もありますので、現状でどれだけ走ってくるのか注目です。

レッドガラン

最終前:中2週 F
最終:栗坂 良 単走 馬也 A
最終追い切り前の内容からみていきますと、中2週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、復調気配を感じる動きでしたし、悪くないと思います。ただ、良い時と比べるともうワンパンチ足りない気もしていますので、そんな中でどれだけ走れるのか注目です。

ロードマイウェイ

最終前:中4週 B
最終:栗坂 良 単走 馬也 B
最終追い切り前の内容からみていきますと、併用で乗れていますし、引き続き状態は維持していると思います。ただ、現状だともうワンパンチ足りないと思うので、あともうひと追いでの上昇度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、上向いてきた様子はなく、状態維持に努めている印象です。相手も強化されますし、現状でどこまで走れるでしょうか。




追い切りBEST4 

【最終追い切り前】

1位エントシャイデン

2位サトノアーサー

3位ボンセルヴィーソ

3位ピースワンパラディ

【最終追い切り】

1位エントシャイデン

2位メイケイダイハード

3位シュリ

3位ピースワンパラディ

【最終追い切り後】

1位エントシャイデン

2位シュリ

3位メイケイダイハード

3位サトノアーサー




調子指数 

※調子指数100以上(付近)の馬が軸ラインの目安となります。

 

※無断転載禁止

タイトルとURLをコピーしました