【優駿牝馬(オークス) 2020】本命馬

【本命馬[2020]】
スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年の6月より私のYouTubeチャンネルを設立させて頂きました!

YouTubeの方でもブログと並行して調教に関する情報を取り上げていこうと思っていますので、是非チャンネル登録よろしくお願いします!

優太の調教考察会場[追い切り放送局]のYouTubeチャンネル登録はこちらから!

「YouTube バナー」の画像検索結果

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私自身の本命馬と今回の追い切り過程から妙味の感じない馬について記載しています。

良ければ参考にしてみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の本命馬は・・・(是非参考にしてみて下さい)
◎2.クラヴァシュドール
桜花賞では1番強い競馬をしたと思っています。レース映像やパトロールビデオを観れる方は是非観て頂きたいのですが、3角入り口から4角にかけて2回ほど窮屈になっているように映ります。どの馬もペースを上げ始める勝負所でこういった不利を受けているわけですから、致命的と言って良いと思います。そんな中、持ち直して最後は4着まで持ってきているわけですから、相当な能力の高さをこの点からも感じられます。最後に伸びてきた位置はどの馬も避けて通っている最内なわけですし、レース全体を通してみても、個人的には高く評価したいと思っています。勝った馬は道悪が上手だったと思いますし、その点は巧拙の差だと思っていますので、高速馬場になればまた話は違うのではないかと思っています。今回の中間はトラックと坂路併用でしっかり乗り込まれていますし、内容も高く評価出来るものが複数本消化されていて好感が持てます。中内田厩舎は休み明け初戦のレースを仕上げるのに定評がある厩舎ですし、私もそう思っているのですが、今回のクラヴァシュドールに関して言えばそんなことはないと思います。話は少し逸れますが、昨年出走したダノンファンタジーや、今年出走するリアアメリアは双方に共通するものがあると思っていて、それはオークスより桜花賞を強く意識していたという点です。ダノンファンタジーは阪神ジュベナイルフィリーズの結果から、チューリップ賞を叩き台に桜花賞を大目標にしていたと思います。今年のリアアメリアもダノンファンタジーと状況は違えど、気難しさからオークスよりは距離の短い桜花賞1本狙いだったと思いますし、そういった調整を桜花賞の中間には施していたと思います。そんな中であのような馬場になってしまったのはかなり残念だったと思いますが、結果ダノンファンタジーやリアアメリアは桜花賞への意識が強く、オークスはお釣りのない状態にあったというように解釈も出来ると思います。変わってクラヴァシュドールに関しましては、桜花賞ももちろんある程度仕上げていたとは思いますが、オークスにも使えるようにいくらか余裕残しの状態に仕上げていたと解釈しています。やはりサウジアラビアロイヤルカップでのハイレベルなパフォーマンスから、東京競馬場の高速馬場で使いたいという思いもあったと思いますし、この中間は桜花賞以上に攻めた内容を消化出来ていると個人的には思っていますので、更なる上積みに期待したいです。枠も最小限のロスで立ち回れそうな枠ですし、今回は前走の桜花賞とは異なり、この馬に様々な面で向くと思いますから、前走以上の走りに期待したいです。

今回の追い切り過程から妙味の感じない馬は・・・(この馬を外した馬券もアリかなと)
△18.サンクテュエール

 

 

 

※無断転載禁止

スポンサーリンク

 

 

Twitter→@yuta87oikiriのフォローも宜しくお願いします!

note→note.mu/yuta87oikiriのフォローも宜しくお願いします!

 

 

2019年の6月より私のYouTubeチャンネルを設立させて頂きました!

YouTubeの方でもブログと並行して調教に関する情報を取り上げていこうと思っていますので、是非チャンネル登録よろしくお願いします!

優太の調教考察会場[追い切り放送局]のYouTubeチャンネル登録はこちらから!

「YouTube バナー」の画像検索結果

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました