【優駿牝馬(オークス) 2019/本命馬】

スポンサードリンク

【優駿牝馬 2019/調教考察[最終追い切り]】はこちらから

【優駿牝馬 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

【優駿牝馬 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

優駿牝馬の対抗◯はこちらをクリック

 

 

 

◎7.シャドウディーヴァ
中3週にもかかわらずメンバー中1番濃い内容を消化出来たと感じるこの馬を本命に。元々調教の動きは良かったが、ここまで濃い内容を消化出来たのは今回が初めて。乗り出しもかなり早く、前走の疲労は全く感じられない。乗り出しがただ早いだけでなく1週前追い切りでは4F追いの自己ベストを更新出来たし、前走を叩いて更に良くなっている印象を受ける。終いの反応もかなり良かったし、余力もありながらこの時計を出せたのは素晴らしい。この産駒特有の成長曲線を描いていると思うし、調教の動きからもその成長は感じ取れる。中3週にもかかわらず1週前追い切りで自己ベスト更新したので、実質的な最終追い切りがこの1週前追い切りで、当週の追い切りは軽めで行われるのかと思いきや、最終追い切りも6Fからビッシリと追われて、ここがこの馬のメイチの仕上げという事を再認識。そして最も強調したい点は岩田騎手が美浦へ2週続けて調教を跨りに来た点。2週続けて関西の騎手が美浦へ来るケースはほとんどなく(その逆も然り)、岩田騎手のこの馬に対する熱い想いも感じられる。今の府中の馬場は少し緩いらしいが、不良で美南W5Fの自己ベストを記録した事があるように、力の要る馬場になっても問題ない。とにかく、使われて良くなるタイプらしく、休み明け4戦目の今回が1番のピークに持ってこれたと陣営も自信をのぞかせている。やはり桜花賞組の中には、前走のスピードレース兼タフなレコード決着というのが応えている馬もチラホラいる気がする中、桜花賞のスピードレースを経験していないのも良いし、意図的に2000mを中心に使われているのも、このオークスをこなすにあたって大きくプラスに作用すると思う。800mの距離延長やペースの関係で折り合いに不安を抱える馬が多数いる中、この馬は400mの延長で済むし、ペースも過去のレースとそう大きくは変わらないため、力をしっかり出し切れるレースになると思っている。この厩舎と岩田騎手と言えば、ヌーヴォレコルトでハープスターを負かしている過去の実績があるし、同じハーツクライ産駒という事で、色々と重なる部分があるのも魅力。陣営は自信を持って挑んでくると思うし、好勝負に期待したい。

スポンサードリンク

 

 

優駿牝馬の対抗◯はこちらをクリック

【優駿牝馬 2019/調教考察[最終追い切り]】はこちらから

【優駿牝馬 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

スポンサードリンク

【優駿牝馬 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

 

 

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

 

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

 

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、血統予想をしていなかったら取れないような馬券も取れることがあります。

私個人としましても、調教の他に血統という知識を頭に入れておければ予想に活用できると思っていますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

この著書には血統の系譜から1頭1頭の種牡馬について丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも足を踏み入れてみようと思っている方は、是非この本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

商品の概要リンクを貼っておきますので、ご覧になって行って下さい。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

投稿者: 優太の調教考察会場

主に重賞と新馬の追い切り情報を記事にしてます。 よろしくお願いします。