【優駿牝馬(オークス) 2019/調教考察[1週前追い切り]】

スポンサードリンク

優駿牝馬の注目馬はこちらをクリック

 

アイリスフィール 美南W 稍重 石川
2頭併入 67.9-52.1-38.0-12.9 馬也 A
1週前追い切りの内容としては十分。終いは楽に併走馬と併入したし、余力も十分に感じられた。最終追い切りで更に良くなりそうな雰囲気もあるし、このひと追いで更に上向いてくれば。

ウインゼノビア 美南W 稍重 松岡 ◆自己ベスト
単走 82.6-66.8-52.3-38.2-12.1

エアジーン 美南W 良 石橋 ◆自己ベスト
単走 68.0-52.2-38.1-12.8 強め A
1週前追い切りは自己ベストを更新したし、内容としては良い。しかし、動きを見るともうワンパンチ足りない印象もあるし、癖とはいえ首の高さも目立っていた。しっかりと負荷もかけれたので、最終追い切りで更に良くなってくれば。

コントラチェック 美南W 稍重 助手
単走 44.6-13.7 馬也 C
1週前追い切りの内容としては物足りない。フラワーCから間隔が空いているのにこの内容はどうかと思うし、最終追い切りでどこまで。

シャドウディーヴァ 美南W 良 岩田康 ◆自己ベスト
3頭併先 50.3-36.6-12.5 強め A+
1週前追い切りはかなり良い動き。格下馬が相手とはいえ、2秒近く追走して先着したのだから大したもんだと思う。間隔は詰まっているが、なお上昇中という印象を受けるし、岩田康騎手が美浦まで調教をつけにきているのも好印象。最終追い切りで更に良くなってくればより楽しみ。

フィリアプーラ 美南W 稍重 助手 ◆自己ベスト
2頭併入 83.8-68.5-53.6-39.8-13.4 強め A
1週前追い切りは自己ベストを更新したし、状態は引き続き好調をキープしてそう。他の桜花賞組と比べても良い内容を消化出来ているし、前走からの上積も感じられる。最終追い切りも楽しみ。

シェーングランツ 美坂 稍重 助手
単走 59.8-43.7-28.4-13.9 馬也 C
1週前追い切りの内容としては軽いという印象を受けた。他の桜花賞組と比べても負荷としては物足りなく感じるし、最終追い切りでどこまで良くなるか。

スポンサードリンク

ジョディー 美南ポリ 良 武藤
2頭併入 66.8-52.3-38.6-12.2 馬也 B
1週前追い切りの内容としてはまずまず。普段見せるスピード感はそこまで感じられなかったし、状態も何とか維持出来ているイメージ。武藤騎手が念入りに調教に跨っているのは好印象。最終追い切りでどこまで良くなるか。

エールヴォア 栗CW 良 松山
2頭併入 83.9-68.2-52.4-38.2-12.1 強め B
1週前追い切りの内容としてはまずまず。ビッシリと追われたが、馬の反応は案外。ビッシリ追われているので最終追い切りで軽快さが増せば。

クロノジェネシス 栗CW 良 北村友
2頭併先 85.1-68.9-54.0-39.9-12.6 馬也 A
1週前追い切りにしては十分な内容を消化。サマーセント(三500万下)を1.8秒も追走し、最後はしっかりと捕まえ切った。終い重点だが、他の桜花賞組と比べても濃い内容を消化出来ている。最終追い切りも期待したい。

 

優駿牝馬の注目馬はこちらをクリック

スポンサードリンク

 

ビーチサンバ 栗CW 良 福永
2頭併先 83.6-67.7-52.0-38.0-11.3 強め A+
1週前追い切りの内容としては十分過ぎる内容を消化。ポポカテペトル(古オープン)を1秒追走して0.4秒先着という、間隔が詰まっていながらもとても濃い内容を消化した。他の桜花賞組と比べても濃い内容を消化出来ているし、前走からの上積も感じられる。このひと追いで更に良くなると思うし、最終追い切りも非常に楽しみ。

フェアリーポルカ 栗CW 良 幸
単走 85.0-67.8-52.9-38.6-12.0 強め A
1週前追い切りの内容としては悪くない。追われても手応えには余裕が見受けられたし、脚取りもスムーズ。終い重点だが、動き自体は良いし、最終追い切りも楽しみ。

メイショウアステカ 栗CW 良 調教師 ◆自己ベスト
単走 81.7-65.6-51.9-38.6-12.5 強め A
1週前追い切りは自己ベストを更新。動きは悪くないが調教は動けるタイプに感じるので、過度な評価は禁物。最終追い切りで更に良くなれば。

メイショウショウブ 栗CW 良 池添 ◆自己ベスト
頭併先 98.2-80.9-65.1-50.7-37.0-11.3

スポンサードリンク

ラヴズオンリーユー 栗CW 良 M.デムーロ ◆自己ベスト
2頭併先 80.9-65.4-51.3-37.9-11.4 強め A+
1週前追い切りの内容としては十分過ぎるくらい。併走馬は京王杯SCに出走するエントシャイデン(古オープン)だったし、その馬を子供扱いしているように映った。一杯に追うエントシャイデンを尻目に、この馬が仕掛けられたのは終いだけ。このひと追いで最終追い切りが更に良くなれば、かなり楽しみ。

ルタンブル 栗CW 良 助手
単走 82.5-65.2-51.0-37.2-12.3

アクアミラビリス 栗坂 良 藤岡佑 ◆自己ベスト
2頭併先 52.7-38.6-25.1-12.2 馬也 A+
1週前追い切りは自己ベストを楽に更新した。調教は動くタイプと見ているし、過度な評価は禁物だと思うが、それを差し引いても良い内容の追い切りだった。併走馬は一杯に追う中、この馬は馬也でノーアクションで悠々先着。調教の動きを見ると上昇一途を辿っていると感じるし、最終追い切りも楽しみ。

シゲルピンクダイヤ 栗坂 良 調教師
2頭併先 53.7-38.9-25.0-12.2 強め A+
1週前追い切りはかなり良く映った。追われたのはラスト100m辺りからだが、併走馬を1.4秒も突き放した。格下馬が相手とはいえ、凄い脚力を披露したし、状態は引き続き絶好調を維持しているイメージ。最終追い切りも楽しみ。

ダノンファンタジー 栗坂 良 調教師
単走 56.7-41.0-25.9-12.9 馬也 B
1週前追い切りの内容としてはまずまず。この馬の好走パターンとしては1週前追い切りで速い時計を出してくるのがパターンな気がしている。桜花賞から間隔が詰まっている事や、ある程度体が出来ているというのはあるかもしれないが、今回の1週前追い切りはいくらか軽い気がする。他の桜花賞組と比べても軽い内容だし、上積はそこまでないと感じる。最終追い切りでどこまで。

ノーワン 栗坂 良 坂井
2頭併先 52.0-38.5-25.0-12.5 強め B
1週前追い切りの内容としてはまずまず。ビッシリ追われたのでこのひと追いで変わってきそう。格下馬相手とはいえ、追走する形から最後はしっかりと先着した点を評価。間隔は詰まっているが攻めた内容が消化出来ているし、最終追い切りでどこまで。

 

 

優駿牝馬の注目馬はこちらをクリック

スポンサードリンク
スポンサードリンク

投稿者: 優太の調教考察会場

主に重賞と新馬の追い切り情報を記事にしてます。 よろしくお願いします。