【共同通信杯 2020】 最終追い切り後の追い切り考察

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年の6月より私のYouTubeチャンネルを設立させて頂きました!

YouTubeの方でもブログと並行して調教に関する情報を取り上げていこうと思っていますので、是非チャンネル登録よろしくお願いします!

優太の調教考察会場[追い切り放送局]のYouTubeチャンネル登録はこちらから!

「YouTube バナー」の画像検索結果

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

アジュバント
中間:中1週 F
最終:美南W 良 併同入 馬也 B
中間の内容からみていきますと、中1週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、そこまで良い動きには映らず、時計も平凡です。前走から特に変わった点はありませんし、現状でどこまでやれるかだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エン
中間:2ヶ月 C
最終:小向D 良 単走 一杯 B ◆自己ベスト
中間の内容からみていきますと、川崎調教場で意欲的に追われてはいるものの、内容自体は物足りなく感じます。1週前追い切りでかなりビッシリと追われたので、このひと追いでガラッと変わってくればと思います。その最終追い切りですが、中間とは一変したきた感じで、全体時計も終いもしっかりやってきた印象を受けます。初中央に加え、初重賞と流石に厳しいとは思いますが、出来の良さでどこまでやれるかだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ココロノトウダイ
中間:3ヶ月半 A+ ◆中間自己ベスト(美南W5F)
最終:美南W 良 併同入 強め A
中間の内容からみていきますと、久々を感じさせない内容を消化できています。本数もこなせていますし、内容も濃いものが目立ちますから、ここに向けて仕上がりは良いとみています。ジョッキーも3週続けて追い切りをつけていますし、この点からも陣営の気合も感じられます。最終追い切りも攻め駆けする馬と併せて互角以上の動きをしていましたし、休み明けでもあらかた仕上がったとみています。結局最後まで丸山騎手が跨ってきましたし、人馬共に良い雰囲気で挑んできそうな気がしますから、もう一段階ギアが上がりそうな状態でどこまで走れるのか楽しみにしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シコウ
中間:中5週 C ◆中間自己ベスト(美南W5F)
最終:美南W 良 併同入 強め B
中間の内容からみていきますと、攻め馬では動くタイプですので、この中間の内容だと少し物足りなく感じてしまいます。もう少し動けるタイプだと思いますし、まだ本調子には一息といったところでしょうか。最終追い切りも変わってきた様子はなく、下降気味な印象を受けています。良い時はもう少し良い動きを披露してくれますし、そこと比較すると物足りない動きに映っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シングンバズーカ
中間:2ヶ月 C
最終:美南W 良 併同入 強め B ◆自己ベストタイ
中間の内容からみていきますと、追い切りでは動くタイプですので、この中間の内容だとやや物足りなく感じてしまいます。もう少し動くタイプだと思いますし、現状良化途上とみています。最終追い切りでどこまで良くなっているか注目していきたいと思っています。その最終追い切りですが、良い時と比較するとやや物足りない動きに映りますし、良化の余地を残している印象を受けます。未勝利を勝ち上がるのにかなりのレース数を使ってしまっていますから、疲労等も心配になってきますし、上積みというものにもほとんど期待できないのではないかと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダーリントンホール
中間:2ヶ月半 A+ ◆中間自己ベスト(美南W5F/美坂)
最終:美南W 良 併同入 強め A ◆自己ベスト
中間の内容からみていきますと、久々でも乗り込み量は十分ですし、仕上がりは順調に進んでいるとみています。ハイレベルな併せ馬も消化していますし、トラックと坂路併用で好時計もマークできていますので、最終追い切りもどんな内容を消化してくるのか非常に楽しみです。その最終追い切りですが、しっかり動けていると思いますし、ここに向けて状態は良いとみています。攻め馬では常に動くタイプとはいえ、併せ馬でも格上馬を圧倒できていましたし、終いの反応も良かったですから、現状でも力は出せるだけの仕上がりにはあるとみています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビターエンダー
中間:中3週 B
最終:美南W 良 併遅れ 強め A
中間の内容からみていきますと、そこまで推せる内容は消化出来ていないと思いますし、まだ良化の余地を残している印象を受けます。本数はやれていますが、攻め馬で動くタイプにしてはまだ物足りないような気がしていますので、最終追い切りでどこまで良化してくるのか注目していきたいです。その最終追い切りですが、追い切りで良く動く格上の併走馬に食い下がっていましたし、この馬なりに良い動きだったのではと思います。引き続き状態は維持できていると思いますし、ここでも見せ場は作れると思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フィリオアレグロ
中間:4ヶ月 A+ ◆中間自己ベスト(美南W5F)
最終:美南W 稍重 併先着 馬也 A
中間の内容からみていきますと、トラックと坂路併用で乗り込まれ、ハイレベルな併せ馬も消化出来ている点に好感が持てます。1週前追い切りの反応も抜群でしたし、強めに追われていたので、最終追い切り更に良くなってくると思います。その最終追い切りですが、短めの距離をサッと流す程度でしたが、手応え十分のままフィニッシュしました。ここに向けて良い仕上がりにあるとみていますし、新馬戦を使った上積みもあるとみています。新馬戦の内容も高く評価していますし、道悪にも対応可能な血統だと思いますから、キャリア1戦でも楽しみな1頭です。ドゥラメンテやサトノクラウンを思い出させるような馬ですが、この馬も是非クラシックに乗せて欲しいと思いますし、そのためにはここでの好走は必須になってくると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マイラプソディ
中間:2ヶ月半 A+ ◆中間自己ベスト(栗CW6F)
最終:栗坂 良 単走 強め B ◆自己ベスト
中間の内容からみていきますと、かなりしっかりと乗り込まれている印象を受けますし、ここに向けて久々でも問題なく仕上がってきている印象を受けます。こなしている内容の質も高いですし、評価せざるを得ないというのが現状です。最終追い切りは坂路で行われたのですが、そこまで良い動きだったとは言えず、この馬にしては動き切れていないようにも映りました。野路菊ステークスの時の最終追い切りは坂路で良い脚を伸ばせていましたから、そこと比較すると全体時計は詰めたものの、終いがいくらか甘くなったように映りました。エンジンのかかりが遅いので、この馬より前にいる馬がなかなか止まらず差し損ねることも視野に入れるべきだと思いますし、かなり人気を被るようなら、この馬を抜いた馬券も持っておきたいと考えています。

 

 

中間追い切りBEST4
1位フィリオアレグロ
2位マイラプソディ
3位ダーリントンホール
3位ココロノトウダイ

最終追い切りBEST4
1位ダーリントンホール
2位フィリオアレグロ
3位ビターエンダー
3位ココロノトウダイ

総合追い切りBEST4
1位ダーリントンホール
2位フィリオアレグロ
3位ココロノトウダイ
3位マイラプソディ

※無断転載禁止

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

 

 

Twitter→@yuta87oikiriのフォローも宜しくお願いします!

note→note.mu/yuta87oikiriのフォローも宜しくお願いします!

 

 

2019年の6月より私のYouTubeチャンネルを設立させて頂きました!

YouTubeの方でもブログと並行して調教に関する情報を取り上げていこうと思っていますので、是非チャンネル登録よろしくお願いします!

優太の調教考察会場[追い切り放送局]のYouTubeチャンネル登録はこちらから!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「YouTube バナー」の画像検索結果

スポンサーリンク
スポンサーリンク

投稿者: 優太の追い切り考察会場

主に重賞と新馬の追い切り情報を記事にしてます。 よろしくお願いします。